「鬼門の猿が目撃者?姉小路公知・暗殺事件」に掲載 文久三年(1863年)5月20日・深夜、幕末に攘夷派の公家の1人として活躍した姉小路公知が、長引いた会議を終えた帰宅途中、御所の鬼門である猿ヶ辻にさしかかったところ・・・く続きはブログの記事へ>>

(このイラストは位置関係をわかりやすくするために趣味の範囲で製作した物で、必ずしも正確さを保証する物ではありません)