indoor-mama.cocolog-nifty.com > 今日は何の日?徒然日記:フォトアルバム

このフォトアルバムは、ブログ「今日は何の日?徒然日記」の管理人がぶらりと訪れた

史跡めぐりの写真集です

ブログのトップページへ>>

Copyrght© 2006 indoor-mama All Righys Reserved

枚岡神社の梅林

枚岡神社の梅林

生駒山・山麓にある「枚岡神社」見事に咲き誇る梅林です。

くわしくは、ブログの記事へ>>


梅の向こうにかすむ大阪

梅の向こうにかすむ大阪

「枚岡神社」の梅林にて・・・
振り向けば、梅の向こうにかすむ大阪
♪振り返れば そこは 灰色の町
 青春のカケラを 置き忘れた町~♪

くわしくは、ブログの記事へ>>


枚岡神社の梅

枚岡神社の梅

生駒山・山麓にある「枚岡神社」見事に咲き誇る梅林にて・・・。
青空に栄えます~

くわしくは、ブログの記事へ>>


暗峠=くらがりとうげ

暗峠=くらがりとうげ

奈良街道のクライマックス・暗峠です。
石畳が江戸時代の「お陰参り」を彷彿とさせてくれます。

くわしくは、ブログの記事へ>>


世界遺産・姫路城

世界遺産・姫路城

やはり「焼けてない」というのはイイです・・・連なる渡櫓に迷路のような通路がたまりませんなぁ。
姫路城の化粧櫓を紹介した、ブログ【姫路城・化粧櫓に千姫を偲んで・・・】の記事へはコチラからどうぞ>>>


日本のマチュピチュ・竹田城跡

日本のマチュピチュ・竹田城跡

迷路のように複雑な石垣の配置と雲間に浮かぶ山々・・・実に美しい風景です。(午前10時頃の撮影です・少しだけ雲が残ってます)
竹田城への行き方や歴史を紹介したブログ【天空の城!日本のマチュピチュ~竹田城・登城記】の記事へはコチラからどうぞ>>>


竹田城跡・天守台付近

竹田城跡・天守台付近

近江穴太(あのう)衆による穴太流石積み・・・戦国らしいのづら積みの石垣です。
竹田城への行き方や歴史を紹介したブログ【天空の城!日本のマチュピチュ~竹田城・登城記】の記事へはコチラからどうぞ>>>


天空の城・竹田城跡

天空の城・竹田城跡

天守台から北千畳を望む風景・・・但馬の山々が美しい。(午前10時頃の撮影です・まだ少しだけ雲が残ってます)
竹田城への行き方や歴史を紹介したブログ【天空の城!日本のマチュピチュ~竹田城・登城記】の記事へはコチラからどうぞ>>>


雲海に浮かぶ竹田城跡

雲海に浮かぶ竹田城跡

雲海の発生次期は秋から冬・・・日中と夜間の温度差が激しいよく晴れた日の午前8時頃まで・・・竹田城が最も美しい季節です。(午前9時頃に撮影しました)
竹田城への行き方や歴史を紹介したブログ【天空の城!日本のマチュピチュ~竹田城・登城記】の記事へはコチラからどうぞ>>>


嵐山・渡月橋

嵐山・渡月橋

嵐山で最も有名な場所・・・渡月橋。
「嵐山花灯路2008」のライトアップと昼間の写真を並べてみました
この写真を紹介したブログ【京都「嵐山・花灯路2008」に行ってきました】の記事へはコチラからどうぞ>>>


嵯峨野の竹林

嵯峨野の竹林

ライトアップされた嵯峨野の竹林は「嵐山花灯路2008」一番のメインです。
この写真を紹介したブログ【京都「嵐山・花灯路2008」に行ってきました】の記事へはコチラからどうぞ>>>


ライトアップを待つ大沢池

ライトアップを待つ大沢池

夕暮れの大覚寺・・・
もうすぐ「嵐山花灯路2008」の幕があがります
この写真を紹介したブログ【京都「嵐山・花灯路2008」に行ってきました】の記事へはコチラからどうぞ>>>


大阪城~秋色の肥後石

大阪城~秋色の肥後石

大阪城で2番目に大きな肥後石です。
何度も見た景色ですが、秋に見るのは特別美しい・・・
この写真を紹介したブログ【ココを見逃すな!歴史好きのための大阪城・観光】の記事へはコチラからどうぞ>>>
大阪城の巨石ベストテンや、肥後石の位置などは、HPの歴史散歩で・・・コチラからどうぞ>>>


この「おね」はアリなのか?

この「おね」はアリなのか?

大阪城前にあるご存知、顔出し記念撮影・・・それにしても、この「おね」・・・雰囲気といい髪型といい、幼児に見えるんですが・・・これでいいのか?
ブログ【ココを見逃すな!歴史好きのための大阪城・観光】の記事へはコチラからどうぞ>>>


大阪城・空堀北壁の細川&毛利刻印石

大阪城・空堀北壁の細川&毛利刻印石

大阪城の内堀にある桜門右側の空堀北壁にある刻印石・・・○にーが毛利氏の刻印で、その左にあるのが、細川忠興の家紋でお馴染みの「九曜星」の刻印です。
この写真を紹介したブログ【ココを見逃すな!歴史好きのための大阪城・観光】の記事へはコチラからどうぞ>>>
くわしい場所、見つけ方はHPの歴史散歩で・・・コチラからどうぞ>>>


大阪城・機銃放射の跡

大阪城・機銃放射の跡

大阪城の北側にある山里丸にある太平洋戦争時代の遺物です。
ほとんどのかたが素通りされてしまいますので、是非ともご確認を・・・
この写真を紹介したブログ【ココを見逃すな!歴史好きのための大阪城・観光】の記事へはコチラからどうぞ>>>
くわしい場所、見つけ方はHPの歴史散歩で・・・コチラからどうぞ>>>


大阪城・天守閣の石垣のゆがみ

大阪城・天守閣の石垣のゆがみ

これも、見落としがちな大阪城の太平洋戦争時の遺物です。
天守閣の北側に廻って、さらに東側を覗き込むようにしないと、歪みが確認できませんので、是非覗き込んでご確認を・・・
この写真を紹介したブログ【ココを見逃すな!歴史好きのための大阪城・観光】の記事へはコチラからどうぞ>>>
くわしい場所、見つけ方はHPの歴史散歩で・・・コチラからどうぞ>>>


八幡・背割堤の桜Ⅰ

八幡・背割堤の桜Ⅰ

八幡は、木津川と宇治川と桂川が合流して淀川となる地点・・・その木津川と宇治川の間にある背割堤1,4kmには、250本のソメイヨシノと50本のハナミズキが植えられ京都有数のお花見の名所となっています。
ブログの【京都・八幡の背割堤の桜と木津川流れ橋】の記事へはコチラからどうぞ>>>


八幡・背割堤の桜Ⅱ

八幡・背割堤の桜Ⅱ

背割堤の河岸側にも、そして堤の上にも遊歩道があり、見事な桜のトンネルになります。
ブログの【京都・八幡の背割堤の桜と木津川流れ橋】の記事へはコチラからどうぞ>>>


八幡・背割堤の桜Ⅲ

八幡・背割堤の桜Ⅲ

まだ、少し早かったですが、中には満開に近い木もチラホラ・・・手前のピンクのお花はハナミズキでしょうか・・・。
ブログの【京都・八幡の背割堤の桜と木津川流れ橋】の記事へはコチラからどうぞ>>>


木津川流れ橋Ⅰ

木津川流れ橋Ⅰ

木津川で隔たれた城陽市と八幡市を結ぶ上津屋橋は、通称・流れ橋と呼ばれています。
洪水の時には、板が浮き上がり、流れるように設計されて事からそう呼ばれているのです。
昔懐かしいその造りと、木津川との調和のとれた美しさから、時代劇のロケ地になる事が多く、一度はご覧になった事があるんじゃないでしょうか?
ブログの【京都・八幡の背割堤の桜と木津川流れ橋】の記事へはコチラからどうぞ>>>


木津川流れ橋Ⅱ

木津川流れ橋Ⅱ

「欄干が無い!」って事にちょっとびっくり。
小さなお子様は、どうなんでしょうか?
エスカレーターじゃないけれど、「しっかりとお手をおつなぎになって、真ん中にお立ちください」って感じですね。
この日は風が強かったので、ちょっとビビリました。
ブログの【京都・八幡の背割堤の桜と木津川流れ橋】の記事へはコチラからどうぞ>>>


旧造幣局・正面玄関

旧造幣局・正面玄関

現在、大阪市立ユースアートギャラリーと呼ばれるこの建物は、日本最古の洋風建築で旧大阪造幣局の正面玄関でした。
梁間15m、屋根は一重切妻造(きりづまづくり)銅板葺・・・もちろん、国の重要文化財に指定されています。
ブログの【造幣局設置】の記事へはコチラからどうぞ>>>


京都・伏見稲荷大社

京都・伏見稲荷大社

全国のお稲荷さんの総本宮、京都の伏見稲荷大社に行ってまいりました~
ここが正面玄関でございます。
ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>


伏見稲荷大社・千本鳥居

伏見稲荷大社・千本鳥居

有名な伏見稲荷大社の千本鳥居です。
旅番組などでも、大抵ここまでは紹介されますよね。
左右二つに別れた道は、どちらを通っても、奥社奉拝所で到着します。

鳥居の数を数えてる人は、大体ここがピーク・・・ここから先は、疲れてうやむやになっちゃいます。
ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>


伏見稲荷・鳥居は続くよどこまでも

伏見稲荷・鳥居は続くよどこまでも

テレビの旅番組では、大抵名物の千本鳥居を通り抜けたところの奥社奉拝所まで・・・
でも、鳥居はまだまだ続きます。
しかも、ここらへんからは階段階段また階段で、かなり疲れます・・・「そらタレントさんはこんなとこまで来んやろ」ってな感じです。
ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>


竹林の静宮

竹林の静宮

竹林の静宮・神宝神社のあたりです。
さすが、竹林の静宮・・・竹取の翁の世界ですね~。
「かぐや姫はどこじゃ~」

ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>


稲荷山・頂上付近

稲荷山・頂上付近

伏見稲荷大社の稲荷山・頂上付近です。
一の峰と呼ばれるこのあたり・・・さすがに、このへんになると鳥居の間隔が少し広い。
昼なお暗く、神の山らしい雰囲気が味わえます。
苦労して登った人だけが味わえる感覚・・・

ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>


伏見稲荷・稲荷山からの景色

伏見稲荷・稲荷山からの景色

伏見稲荷の稲荷山の頂上へ向かう途中の四つ辻の別れ道のところにある休憩所からの景色です。
ここからもう少し歩いた荒神峰と呼ばれるところでは、もうワンランク上のパノラマが開けます。

荒神峰の写真は、写真を整理してHPがまとめますので、少しだけお待ちを・・・

ブログの伏見稲荷大社の記事へはコチラからどうぞ>>>

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


霊鑑寺の日光椿

霊鑑寺の日光椿

霊鑑寺は「哲学の道 」から少し東に入ったところにある臨済宗のお寺。
普段は公開されていないのですが、美しいお庭が椿の名所である事から、椿の咲くこの時期だけ特別公開されています。

その中でも、こちらは一番の呼び物・・・京都市の天然記念物に指定されている樹齢300年の「日光椿」です。
「カラコ咲き」というおしべも花弁のように見える妖艶な感じのする椿ですね・・・霊鑑寺への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください


霊鑑寺の椿「衣笠」

霊鑑寺の椿「衣笠」

これは、「衣笠」という椿・・・薔薇の花のようですね。

昨年の今頃の時期は、もうすっかり花は散っていたのだそうですが、今年はラッキーでした。
桜目当てで訪れた「哲学の道」でしたが、霊鑑寺の特別公開で、書院は見れたし椿は見れたし・・・思わぬ収穫でした・・・霊鑑寺への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください


霊鑑寺の「おそらく椿」

霊鑑寺の「おそらく椿」

こちらの椿は「おそらく椿」というオモシロイ名前。

花のない季節にある殿様が「これは何の木じゃ?」とお尋ねになり、困った家臣が「おそらく椿でしょう」と答えた事からこの名前になったとも言われています・・・霊鑑寺への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください


霊鑑寺の椿「雪中花」

霊鑑寺の椿「雪中花」

こちらは、「雪中花」という椿です。
白とピンクのほのかな感じが可憐です・・・霊鑑寺への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください


インクラインの桜Ⅰ

インクラインの桜Ⅰ

琵琶湖疏水の工事とともに完成したインクライン・・・役目を終えた今は桜の名所となりました。
インクラインのしくみについては、ブログ4月7日【琵琶湖疏水完成】をご覧ください。


インクラインの桜Ⅱ

インクラインの桜Ⅱ

鉄道の線路より、少し幅が広いインクラインの軌道・・・廃線になった跡地のような郷愁をそそられます~。
インクラインのしくみについては、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください。


哲学の道の山吹

哲学の道の山吹

みなさん満開の桜に夢中でしたが、山吹もこんなにキレイに咲いていました・・・哲学の道への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください


哲学の道の桜Ⅰ

哲学の道の桜Ⅰ

疏水沿いの哲学の道・・・このあたりは、かつて「老いらくの恋」に走った歌人・川田順の忍ぶ恋の密会場所だったあたりでしょうか・・・川田氏については、ブログ11月30日【今日はシルバーラブの日】を、哲学の道への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧ください。


哲学の道の桜Ⅱ

哲学の道の桜Ⅱ

桜桜桜・・・まさに満開で息を呑むくらいです。


哲学の道の桜Ⅲ

哲学の道の桜Ⅲ

今日はやはり桜が満開・・・という事で、平日にもかかわらず、哲学的思いにふけるには、人が多すぎました・・・哲学の道沿いの疎水については、ブログ4月7日【琵琶湖疏水完成】を、哲学の道への行き方&地図は、HP【琵琶湖疏水と哲学の道】をご覧くださいご覧ください。
フォトアルバムのトップへ戻る>>


當麻寺の寒牡丹Ⅰ

當麻寺の寒牡丹Ⅰ

奈良は、二上山のふもと、「当麻の里」を當麻寺から石光寺へ歩いてきました~。
寒牡丹(カンボタン)には、もう遅いかな?と思っていましたが、まだ大丈夫でしたよ。

石光寺・當麻寺のくわしい場所や地図は、HPの二上山の歴史散歩をご覧下さい。


當麻寺の寒牡丹Ⅱ

當麻寺の寒牡丹Ⅱ

寒咲き独特の薦をかぶったこの姿・・・本当は雪が降ってるのが最高に美しいんですが、こう暖冬だとね~・・・石光寺・當麻寺のくわしい場所や地図は、HPの二上山の歴史散歩をご覧下さい


石光寺の満月ろう梅

石光寺の満月ろう梅

こちらは、石光寺。
石光寺へも、この季節は寒牡丹目当てだったんですが、ちょうど「満月ろう梅」が咲き始めていました。
その向こうには、「寒咲き梅」も見えますか?・・・石光寺・當麻寺のくわしい場所や地図は、HPの二上山の歴史散歩をご覧下さい


石光寺の寒咲きアヤメ

石光寺の寒咲きアヤメ

5月頃に見る菖蒲より、少しこぶりでしたが、それがかえってかわいくておしとやかな感じがして、「端午の節句=男の子」とは、まったく違うイメージのお花でした・・・石光寺・當麻寺のくわしい場所や地図は、HPの二上山の歴史散歩をご覧下さい


石光寺の寒牡丹

石光寺の寒牡丹

石光寺も當麻寺も、前回は春咲きの牡丹の頃に訪れました。
その頃は、豪快に、あたり一面咲き乱れ・・・という感じで、それはそれで息を呑む美しさですが、寒牡丹はこうしてひっそりと寒さに耐えて咲いてる雰囲気がイイんですよね・・・石光寺・當麻寺のくわしい場所や地図は、HPの二上山の歴史散歩をご覧下さい


みてら泉涌寺

みてら泉涌寺

紅葉真っ盛りの京都・東山は、東福寺から泉涌寺周辺を歩いてきました~。

泉涌寺は境内にはほとんど紅葉はありませんが、御座所庭園というお庭は紅葉の名所です・・・泉湧寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


善能寺

善能寺

泉涌寺から来迎院への途中、歩いてみて始めて見つけた紅葉の名所!

東福寺には、あんなに人がいるのに・・・ここは、まさに貸切でした。
こんなにキレイに色づいているのに、誰ひとり訪れないなんて、もったいないですよ・・・善能寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


含翠の庭

含翠の庭

ここは、泉涌寺にほど近い来迎院というお寺。

知る人ぞ知る、紅葉の穴場です。
境内はもちろん、あの大石内蔵助が建てた茶室のある含翠の庭園は、静で趣きのある秋を感じさせてくれます・・・来迎院寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


今熊野観音寺Ⅰ

今熊野観音寺Ⅰ

ここは、やはり泉涌寺のそばの今熊野観音寺です。

ここは、もう境内に入る前から紅葉の嵐です。
ここも、京都を知る人たちが集まる名所ですよ・・・今熊野寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


今熊野観音寺Ⅱ

今熊野観音寺Ⅱ

360度の紅葉です。

ここには、1ヶ月をかけて徐々に下から紅葉していくところから、“五色カエデ”と呼ばれる樹齢350年の名木もあるんですよ・・・今熊野観音寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


今熊野観音寺Ⅲ

今熊野観音寺Ⅲ

本当にキレイでしょ?

ほとんどの皆さんは、東福寺の紅葉だけを見て帰られるようですが、せっかく東福寺まで来たのなら、泉涌寺まで足をのばしてみてはいかが?

途中にこんなに紅葉の名所があるんですから・・・今熊野観音寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


東福寺・通天橋

東福寺・通天橋

平日で、うす曇にもかかわらず、やはり東福寺はスゴイ人出でした。

通天橋から見る景色はまさに紅葉の波・・・。
この写真は、その通天橋の反対側の臥雲橋からの撮影。
実は、撮影スポットとしては、こちら側のほうが人気なんです。
見るのは通天橋、撮るのは臥雲橋です!・・・東福寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


東福寺

東福寺

やはり京都屈指の紅葉の名所と言われるだけあって東福寺は本当に美しいです。

ただ、それだけの名所なので人の数がハンパじゃないです。
秋・・・というよりは、夏祭りのような賑やかさです。
しっとり秋を感じたいなら、やはり東福寺から泉涌寺まで、ゆっくり秋を感じながら散歩してみてくださいね・・・東福寺への行き方&地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。


東福寺・通天橋からの眺め

東福寺・通天橋からの眺め

もみじの海と言われる東福寺・通天橋からの眺めです。
橋の中央の少し張り出した部分から眺めるのが最高なんだそうです。

東福寺への行き方地図はHPの『京阪奈ぶらり歴史散歩』東福寺から泉涌寺のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


鞍馬寺・仁王門

鞍馬寺・仁王門

貴船から鞍馬を歩いてきました~

鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


鞍馬・転法輪堂

鞍馬・転法輪堂

2日前に清水寺に行った人から「まだ、ちょっと早いかも・・・」
と聞いていたんですが・・・たしかに、ちょっと早い。
でも、ほんのちょっとです。
充分キレイでした・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


霞む比叡山

霞む比叡山

一番向こうに、うす~く霞んで見えるのが比叡山です・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


鞍馬の紅葉Ⅱ

鞍馬の紅葉Ⅱ

ピークは来週の前半といった所でしょうか・・・。
でも、キレイですね~・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


鞍馬の紅葉Ⅰ

鞍馬の紅葉Ⅰ

鞍馬博物館では、今『百の義経展』が開催されています・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


紅葉

紅葉

とにかく赤い・・・それ以外に言葉が浮かびません。
ボキャブラリー少なくてすいません(ToT)・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


鞍馬の木の根の道

鞍馬の木の根の道

鞍馬山名物の木の根の道です。

このあたりの地中の砂岩が、固い性質のため、根が地中に向かっていけないためこのように地表に根をはるのだそうです・・・鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


貴船神社

貴船神社

古来より、平安の都の水を護ってきた水神様です。
絵馬の発祥の地でもあり、丑の刻参りの発祥の地でもあります・・・貴船神社への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


貴船川

貴船川

貴船川沿いに貴船神社の参道が続きます。
夜のライトアップのためのライトが準備されていました・・・貴船の周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。


叡山電鉄

叡山電鉄

叡山電鉄に乗って鞍馬まで行く途中、叡山電鉄名物『もみじのトンネル』があります。

電車は、車内のあかりを消して、徐行運転してくれます。
車内は歓声に包まれます・・・貴船神社や鞍馬寺への行き方&周辺地図はHPの【貴船から鞍馬を歩く】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


天王山・山頂

天王山・山頂

あの、天下分け目の天王山へ登ってまいりました~。
今は、もうわずかに残る石に当時を偲ぶしかない状況の山頂ですが、けっこう風邪の強い日で、ざわざわとこずえをゆらす音を聞いていると、三橋美智也さんの“古城”という歌を思い出しました・・・ちょっと古いですが・・♪松風さわぐ~丘の上~♪・・・天王山登山&周辺地図はHPの【まさに山場の天王山】のページで紹介しています。


山崎の合戦・古戦場

山崎の合戦・古戦場

“本能寺の変”で織田信長を討った明智光秀と、“中国大返し”で戻ってきた羽柴秀吉が、天下を分けた山崎の合戦。
ちょうど、真ん中に見える橋のあたりで両軍は向かい合いました。

ブログでは6月13日に山崎の合戦の事を書いています。ブログへはコチラからどうぞ


HPで【明智光秀の最も暑い13日間】を特集していますので、くわしくはHPへどうぞ!

・・・天王山登山&周辺地図はHPの【まさに山場の天王山】のページで紹介しています。


大阪平野を流れる大河・淀川

大阪平野を流れる大河・淀川

天王山・中腹からの眺めです。
こうして見ると、淀川のとうとうと流れる様子が、いつもと違って見えますね。
川の左岸が枚方市、右岸が高槻市になります。
上から枝が垂れ下がっている部分には、写真では見え難いですが、肉眼ではうっすらと、ビジネスパークのビル群と大阪城が見えます。
秀吉が天下を手中におさめたあの頃も、「こうーゆー風に見えていたのかなぁ~」と、しばし妄想にひたっておりました。・・・天王山登山&周辺地図はHPの【まさに山場の天王山】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


明日香の彼岸花

明日香の彼岸花

先日、奥明日香とも呼ばれる飛鳥川上流へ、歴史散歩に行ってきました~。
石舞台古墳までは、たくさんの観光客のかたがおられますが、ここから飛鳥川をさかのぼって南へ行った所にある稲渕あたりは、あまりご存知ないようで、人もまばらでしたが、のどかな風景がとてもすばらしい所ですよ!・・・奥明日香・稲渕への行き方&地図は、HPの【飛鳥川をさかのぼる】のページで紹介しています。


稲渕の棚田

稲渕の棚田

この明日香村・稲渕地区には棚田が並び、そのまばゆいばかりの光景は息を呑みます!・・・奥明日香・稲渕への行き方&地図は、HPの【飛鳥川をさかのぼる】のページで紹介しています。


稲渕の彼岸花

稲渕の彼岸花

ちょうど、彼岸花が真っ盛り!(それを狙って行ったんですが・・・)

このあたりは、春にはれんげ、菜の花が咲き乱れます・・・奥明日香・稲渕への行き方&地図は、HPの【飛鳥川をさかのぼる】のページで紹介しています。


明日香のコスモス

明日香のコスモス

もちろん、コスモスも真っ盛り!
稲渕地区では、毎年秋に、『かかしコンテスト』なるイベントも行われていて、かわいい案山子たちが出迎えてくれますよ!
秋を満喫できます~・・・奥明日香・稲渕への行き方&地図は、HPの【飛鳥川をさかのぼる】のページで紹介しています。


稲渕の棚田

稲渕の棚田

黄金色の稲穂と真紅の彼岸花!
これから、稲渕は秋の稔りに活気づきます!
奥明日香・稲渕への行き方&地図は、HPの【飛鳥川をさかのぼる】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


岩戸山

岩戸山

京都の祇園祭 に行ってきました~。
残念ながら雨でしたが・・・梅雨だから、しかたないっすね・・・くわしい撮影場所などは、地図も載せてますのでHP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページで見てみてください。


船鉾

船鉾

近くで見ると車輪がデカイ!すごい迫力です・・・くわしい撮影場所などは、地図も載せてますのでHP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「フォトアルバム」のページで見てみてください。


船鉾

船鉾

独特の船の形をした船鉾です。・・・くわしい撮影場所などは、地図も載せてますのでHP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「フォトアルバム」のページで見てみてください。


菊水鉾

菊水鉾

雨の日の辻回しはたいへんですね。
くわしい撮影場所などは、地図も載せてますのでHP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「フォトアルバム」のページで見てみてください。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


矢田寺のあじさい

矢田寺のあじさい

奈良県、郡山市にある矢田寺に行ってきました。
この矢田寺は、お地蔵様の発祥の地でもあります・・・矢田寺のくわしい場所や地図などは、HPの「斑鳩の里を行く」のページで紹介しています。


矢田寺のあじさい

矢田寺のあじさい

この矢田寺は別名あじさい寺と呼ばれています・・・矢田寺のくわしい場所や地図などは、HPの「斑鳩の里を行く」のページで紹介しています。


矢田寺のあじさい

矢田寺のあじさい

お寺の境内には、広大なあじさい園があって散策路になっています・・・矢田寺のくわしい場所や地図などは、HPの「斑鳩の里を行く」のページで紹介しています。


矢田寺のあじさい

矢田寺のあじさい

約60種類、8000株のあじさいが咲き乱れています・・・矢田寺のくわしい場所や地図などは、HPの「斑鳩の里を行く」のページで紹介しています。


矢田寺のあじさい

矢田寺のあじさい

矢田寺のくわしい場所や地図などは、HPの「斑鳩の里を行く」のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


唐招提寺・戒壇

唐招提寺・戒壇

唐からはるばる訪れた鑑真が、仏教の戒律を確立すべく、一番力を注いだのが、僧に戒律を授ける授戒の場所=戒壇でした・・・唐招提寺のくわしい場所や地図などは、HPの「天平の風薫る西の京」のページで紹介しています。


北野天満宮

北野天満宮

ご存知!学問の神様・菅原道真公を祀りする京都・北野天満宮。

本殿の前は今日も修学旅行生でいっぱいですが、ちょっと奥まったところへ行けばこの通り・・・静かで厳かな雰囲気を味わえます。

北野天満宮への行き方は、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「京都・きぬかけの道を行く」のページへどうぞ→


造幣局桜の通り抜け

造幣局桜の通り抜け

大阪造幣局の桜の通り抜けに行ってきました・・・造幣局の桜の写真はHPにもupしています。
よろしければ、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページへどうぞ→


造幣局桜の通り抜け

造幣局桜の通り抜け

今年の桜は少し遅咲きでしたね・・・造幣局の桜の写真はHPにもupしています。
よろしければ、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページへどうぞ→


造幣局桜の通り抜け

造幣局桜の通り抜け

明日が、一般開放、最終日だと言うのに、やっと今見頃ですな・・・造幣局の桜の写真はHPにもupしています。
よろしければ、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページへどうぞ→


造幣局桜の通り抜け

造幣局桜の通り抜け

まぁ、少し前に開花の予想をして開放の日を決定しなければならないので、しかたないんですけどね。・・・造幣局の桜の写真はHPにもupしています。
よろしければ、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページへどうぞ→


造幣局桜の通り抜け

造幣局桜の通り抜け

ホント!今年はなかなか暖かくなりませんよねぇ~。
造幣局の桜の写真はHPにもupしています。
よろしければ、HP『京阪奈ぶらり歴史散歩』の「歳時記」のページへどうぞ→

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


桜

石清水八幡宮の桜が満開でした。・・・ま、満開を狙って行ったんですけどね・・・石清水八幡宮への行き方&地図は、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。


枝垂桜・・・ですよね?

枝垂桜・・・ですよね?

男山の松花堂庭園で撮りました。松花堂弁当の発祥の地です・・・松花堂への行き方&地図は、石清水八幡宮とあわせて、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。


桜公園

桜公園

ちょうど、桜が満開でした・・・桜公園への詳しい場所や地図は、石清水八幡宮とあわせて、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。


市民の森

市民の森

ギリ!枚方市・樟葉にある『市民の森』・・・道を挟んだ向こう側は京都府八幡市男山。とてもキレイな公園でした。
オジサマが丁寧に、お花のお世話をされていましたよ。

「市民の森」の詳しい場所や地図は、石清水八幡宮とあわせて、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。


戊辰戦争・橋本砲台場跡

戊辰戦争・橋本砲台場跡

鳥羽伏見の戦いで焦土と化した一帯です。
後方に走る京阪電車の特急の向こうに淀川があり、その先に見える山は天王山へと連なります・・・橋本砲台場跡への行き方&地図は、石清水八幡宮とあわせて、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。


これは、桃の花ですか?

これは、桃の花ですか?

とにかくキレイだったので撮影しました。戊辰戦争の橋本砲台場跡の近くです・・・橋本砲台場跡への行き方&地図は、石清水八幡宮とあわせて、HPの【男山周辺散歩】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


春日大社

春日大社

燈籠と朱塗りの柱のコントラストが美しい・・・春日大社への行き方&地図は、HPの【東大寺・春日野めぐり】のページで紹介しています。


二月堂裏参道

二月堂裏参道

この日はお水取りの日でした・・・二月堂への行き方&地図は、HPの【東大寺・春日野めぐり】のページで紹介しています。


梅

二月堂裏参道付近で撮影しました・・・東大寺の周辺地図は、HPの【東大寺・春日野めぐり】のページで紹介しています。


鏡池

鏡池

東大寺の1番美しい場所だと思います・・・東大寺への行き方&地図は、HPの【東大寺・春日野めぐり】のページで紹介しています。


猿沢の池

猿沢の池

写真撮影の名所ですね・・・興福寺への行き方&地図は、HPの【東大寺・春日野めぐり】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


三十石船(復元)と淀川

三十石船(復元)と淀川

淀川の夕景です・・・三十石船を偲ぶ枚方宿周辺への行き方&地図は、HPの【京街道・枚方宿を歩く】のページで紹介しています。


意賀美神社の梅

意賀美神社の梅

ちょうど見ごろでした。
意賀美神社への行き方&地図は、HPの【京街道・枚方宿を歩く】のページで紹介しています。


意賀美神社

意賀美神社

長い階段を上ると本殿が見えてきます・・・意賀美神社への行き方&地図は、HPの【京街道・枚方宿を歩く】のページで紹介しています。


船宿・鍵屋

船宿・鍵屋

天正年間創業の船宿です。京街道の賑わいを、思い起こされられます・・・三十石船を偲ぶ枚方宿周辺への行き方&地図は、HPの【京街道・枚方宿を歩く】のページで紹介しています。


淀川河川敷公園

淀川河川敷公園

整備されてよりきれいになりました・・・三十石船を偲ぶ枚方宿周辺への行き方&地図は、HPの【京街道・枚方宿を歩く】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>


難波宮跡の夕景

難波宮跡の夕景

大化の改新後、明日香から難波に都が遷されました。当時はすぐそばまで海だったそうですが、額田王や天智天皇もこの海に沈む夕日を見たんでしょうか・・・難波宮跡への行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


ビジネスパークのビル群と大阪城

ビジネスパークのビル群と大阪城

幼い頃からず~と見てきた大阪城ですが、まわりの建物はずいぶん変わりました。
高いビル群に囲まれても、なにやら誇らしげな、この天守閣の姿が大好きです。
まるで、真田十勇士を従えた幸村のようではありませんか?

大阪城周辺のみどころや撮影場所=大阪歴史博物館への行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


大手門より天守閣を望む

大手門より天守閣を望む

この門をくぐったところに大阪城に現存する建物の中で1番古い多聞櫓があります・・・大阪城周辺のみどころや行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


天守閣1

天守閣1

正面からの天守閣です。豊臣時代はシルクロードを通ってやってきた、ヨーロッパのガラス細工の技術を取り入れた『にしき』の瓦でおおわれていました・・・大阪城周辺のみどころや行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


天守閣2

天守閣2

天守閣の雄大な姿です。夜はライトアップされてキレイですよ・・・大阪城周辺のみどころや行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


大阪城・梅林

大阪城・梅林

まだ、つぼみが多かったですが、ちらほら咲きはじめていましたよ・・・大阪城周辺のみどころや行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


梅の花

梅の花

キレイです。その一言です・・・大阪城周辺のみどころや行き方&地図は、HPの【大阪城周辺散歩】のページで紹介しています。


神楽殿への通路

神楽殿への通路

平安の昔にタイムスリップしたみたいです・・・平安神宮への行き方&地図は、HPの【平安神宮・神苑の無料開放に行ってきました~】のページで紹介しています。


泰平閣

泰平閣

橋殿とも言います。絶好の撮影ポイントです・・・平安神宮への行き方&地図は、HPの【平安神宮・神苑の無料開放に行ってきました~】のページで紹介しています。


平安神宮

平安神宮

大極殿と蒼龍楼です・・・平安神宮への行き方&地図は、HPの【平安神宮・神苑の無料開放に行ってきました~】のページで紹介しています。

 


フォトアルバムのトップへ戻る>>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Copyrght© 2006 indoor-mama All Righys Reserved