« 今日からポスト愛護週間です | トップページ | 日本書紀を奏上 »

2006年4月16日 (日)

金閣寺建立

 

応永四年(1397年)4月16日、金閣の立柱棟上式が行われました。

・‥…━━━☆

もと西園寺公経の別荘だったものを、当時41歳だった室町幕府第3代将軍の足利義満が譲り受けて、北山殿と呼ばれる別荘にしました。

どうやら、守護や僧侶に造営を強要したために、かなりの反発をかったようですがね。

義満が亡くなったあとは、その遺言によって、夢窓疎石(むそうそせき・夢窗疎石)(9月30日参照>>)を招いて禅寺として開山しました。

それが、京都にある有名な、現在の鹿苑寺(ろくおんじ)です。

当時は、境内も広く、堂もたくさんあったのですが、応仁の乱でほとんどが焼失して、江戸時代に再建されました。

現在の金閣は、昭和二十五年(1950年)に寺の僧の放火により焼失し、同じく三十年(1956年)に再建された物で、3層の楼閣で高さは、約12.5メートル。

1層目の法水院寝殿造り
2層目の潮音洞鎌倉時代の武家造り
3層目は禅宗仏殿風の造りです。

ただ、再建はされていたものの金箔が少し残念な感じになってましたが、昭和六十一年(1986年)の修理で、金箔約20キログラム、約7億4千万円が使われ、現在は、ほんとうに美しくなりましたね。

86年の修理に携わった方々の匠の技がまぶしく光ってます。

Dscn1990a800 鹿苑寺・金閣

銀閣寺との違いについては、6月27日の【銀閣寺が銀箔じゃないワケは?】へどうぞ>>
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 今日からポスト愛護週間です | トップページ | 日本書紀を奏上 »

南北朝・室町時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/1419671

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺建立:

« 今日からポスト愛護週間です | トップページ | 日本書紀を奏上 »