« 日本書紀を奏上 | トップページ | 丹後風土記の「浦の島子」の物語 »

2006年4月28日 (金)

象の日

 

享保十四年(1729年)4月28日、第114代・中御門天皇が、日本にやってきた象と面会された事を記念して、今日、4月28日は、『象の日』という記念日だそうです。

・・・・・・・

とは言え、最初に、生きた象が日本にやって来たのは、応永十五年(1408年)の事・・・。

若狭(福井県)小浜にやって来た南蛮船で、オウムや孔雀とともに、南蛮国から足利将軍家に献上された事が記録されています。

この南蛮国というのは、当時、スマトラ島・東南部にあったバレンバン(旧港)という国ではなかったか?と言われていますが、はっきりとした事はわかっていないようです。

この時の象は、約3年間、幕府で飼われていたそうですが、その後、室町幕府4代将軍・足利義持から、今度は、朝鮮国王への献上品として、再び海を渡りました。
(厄介払いしてる気がする・・・)

その次に象がやって来たのは、天正三年(1575年)。

豊後(大分県)大友宗麟(そうりん)のもとにカンボジア国王から、トラや孔雀とともに献上されたそうですが、これらの動物は、ほどなく亡くなってしまい、ほとんど人目に触れる事はなかったようです。

その次は、慶長二年(1597年)・・・フィリピンはマニラから来たスペイン総督使節が、豊臣秀吉に献上した象・・・この時は、かなりの見物人が大坂城近くへ押し寄せ、死人も出たという事なので、パンダ&コアラ以上の人気ぶりだったんでしょうね。

・・・で、今回の、『象の日』の由来となる記念の象は、広南=ベトナムから徳川将軍家に献上された物だそうです。

上記のように、確かに、生きた象が日本にやって来るのは初めてではありませんでしたが、写真やフィルムで記録を残す事が不可能な時代・・・皆、見るのは初めてですし、それはそれは、大変な騒ぎだったようです。

前年の6月に長崎に到着した、オス・メスの2頭の象でしたが、残念ながらメスが秋に死んでしまい、しかたなく、オス1頭のみを、時の将軍・第8代・徳川吉宗に献上するため、享保十四年(1729年)の3月に、長崎を出発し、大名行列のように、ノッシノッシと街道を歩いて、東へ東へと進みます。

記録によれば、一日3~5里・・・つまり、12km~20kmの移動だったという事で、こりゃ、大変ですな。

・・・と、素人考えながら、気になる事が・・・

関門海峡はどうやって渡ったんだろう?・・・トンネル無いし・・・

ひょっとしたら、奈良時代の遣唐使や防人のように、大坂の難波津あたりまでは船だったのかも知れませんね。

さらに、海峡以外にも、途中にがいくつも川がありますが、この時代は、橋が架かってるほうが少ないでしょうから、それはもう大仕事でしょうね。

いくつか残る記録によれば・・・
大きな川の場合は、船の上に象専用の小屋をしつらえて、船にて輸送(やっぱり…)・・・小さな川の場合は、渡し舟をいくつも用意して、その上に板を固定し、さらに、舟同士も固定して、その上を歩いて渡らせたんだそうです。

訓練をさせて、泳がせたという説もあるようですが、いずれにしても、それらの準備をするほうは、大変ですな~。

さらに、行く先々には・・・

  • 道をキレイに掃除しておく事 
  • 象の飲み水を準備しておく事 
  • 寺の鐘を突いてはいけない 
  • 馬や牛は街道に近づけない 
  • 見物人は騒がない 
  • 張ってあるロープの内側に入らない 
  • 犬、猫はつないでおく事 
  • 火の始末に気をつける事

などのおふれ書きが配られ、もう、毎日が国際マラソン大会のような規制・・・

そんなこんなの大騒ぎの中、4月16日には大坂に到着・・・そして、4月26日には、京都へ到着しました。

・・・と、ここで、大きな問題が・・・

なんと、この象のフィーバーぶりを耳にした時の天皇・中御門天皇が、「象を見たい!」とご希望なされたのです。

「京都に、滞在中なら、見せたらいいじゃん!」
・・・と、思ってしまいますが、これが、この時代は大問題なのです。

以前、後水尾天皇の即位のページ(4月12日参照>>)で、あの春日局が、無位無官のまま天皇に拝謁するという大失態を犯した・・・と書かせていただいたように、官位を持たない一般人が天皇に直接会う事は禁じられていたのです。

あの、幕末の動乱でも、新政府の中心人物だった大久保利通が、無位無官であったために、明治天皇直接会う事ができず、打ち合わせに大いに手間取った・・・なんて事もあったようで、この国では永きに渡って、常識とされていた事でした。

それは、象とて同じです。

・・・で、結局、この象に『広南従四位白象』なる官位が与えられ、めでたく、享保十四年(1729年)4月28日に、ご拝謁とあいなるわけです。

その後の旅路は、文字通りの大名行列・・・なんせ官位持ってますから、お象様のお通りに道を開けるのは当然の事、前を横切りなんかしたら、エライこってす。

やがてお象様は、5月25日に江戸にご到着。

その後、無事、暴れん坊な将軍・吉宗さんとお会いあそばされたという事です。

もちろん、江戸でも、「お象様ブロマイド(絵ですが・・・)に始まり、「お象様物語」「お象様双六」など関連グッズが飛ぶように売れて大人気!

それこそ、江戸珍獣ブーム(2月20日参照>>)の火付け役となったのですから・・・。

そんなお象様は、しばらくは浜離宮で飼われていたそうですが、飼育係にケガを負わせたりするなど、いくつかのトラブルがあったため、二年後には払い下げられ、あの徳川綱吉『生類憐みの令』(1月10日参照>>)の時の、デッカイ犬小屋の跡地に象小屋をしつらえてもらって、20年近く生きたという事です。

遠い異国で奥さんを亡くして、ひとりぼっちの20年・・・そのお象様の気持ちを思うと、胸が痛みますが、そうなると、現在の動物園はどうなんだ?」って事にもなりますし・・・ここは、江戸時代の日本人を大いに楽しませてくれた事に感謝をして、その安らかなる眠りに手を合わせる事にいたしましょう。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログの人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 日本書紀を奏上 | トップページ | 丹後風土記の「浦の島子」の物語 »

江戸時代」カテゴリの記事

記念日・○○の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/1600252

この記事へのトラックバック一覧です: 象の日:

« 日本書紀を奏上 | トップページ | 丹後風土記の「浦の島子」の物語 »