« 『うだつ』があがらない | トップページ | 平清盛と厳島神社 »

2006年6月 9日 (金)

百姓の叡智・加賀の一向一揆

 

長享二年(1488年)6月9日、加賀に一向一揆が起こり、守護の富樫正親を自害に追い込みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそもは、赤松満祐(あかまつみつすけ)が将軍・足利義教(よしのり)を暗殺した嘉吉の乱(6月24日参照>>)をきっかけに、加賀の守護大名だった富樫家が、教家(のりいえ)泰高(やすたか)の二流に別れて、守護職を争い始めました。

そこに北加賀・半分の守護に任ぜられた赤松政則(まさのり)も加わり、血みどろの戦いが繰り広げられていたのです。

応仁元年(1467年)に起きた応仁の乱(5月20日参照>>)でも、富樫政(とがしまさちか)と赤松政則は東軍の細川勝元に、政親の弟の富樫幸千代(こうちよ)は西軍の山名宗全(そうぜん=持豊)について家督争いを激化させていました。

以来、加賀の国の農民たちは、ず~っと富樫家の内部争いに悩まされ続けていたんです。

戦いがあれば、軍費を徴収されるし、田畑は荒らされるし、男たちは人夫に駆り出される・・・農民たちは、たまったもんじゃありません。

それでも、それまでの農民たちは、ただ黙って泣き寝入りするしか手立てはありませんでしたが、この頃の、そしてこの北陸・加賀の農民は違っていました。

浄土真宗の教えによって団結すれば、強い集団になれる事に気づいたのです。

真宗の布教のため、北陸各地を巡っていた蓮如(れんにょ)(2月25日参照>>)は、教えを広めるとともに、部落ごとに、道場をを建て、信者が集まって談合をする事を勧めていました。

農民たちにとって、道場は信仰の場所でもあり、議会を行う場所でもあった・・・ここに、農民たちは、一致団結し、組織として活動するようになったのです。

文明六年(1474年)、その団結を警戒した幸千代が、本願寺門徒を弾圧し始めると、彼らは、幸千代と対立する兄=政親と組んで対抗・・・これが、最初の加賀一向一揆である文明一揆です(7月26日参照>>)

しかし、実は、その団結力は、政親にとっても脅威・・・結局、幸千代に勝利した政親は、すぐさま一揆衆と結んだ同盟を破棄して、一転、本願寺門徒の弾圧に取りかかるのです
(2月18日参照>>)

ますます過激になる本願寺門徒・・・そんな過激な行動に反対する蓮如は、とうとう吉崎を後に(8月21日参照>>)、以後、蓮如は、大坂を拠点にする事にします。

やがて訪れた長享元年(1487年)・・・近江(滋賀県)にて六角氏と戦う第9代将軍・足利義尚(あしかがよしひさ)(12月2日参照>>)の出陣要請を受けて、政親が近江へと向かいます。

これをチャンスとみた一揆勢が活発に動き始めると、慌てて戻って来た政親が、更に弾圧を強化・・・すると、一揆勢は、富樫一族の中でも、政親と対立していた泰高を総大将に擁立して、政親の高尾城を取り囲んだのです。

長享二年(1488年)6月9日南無阿弥陀仏と書かれたむしろ旗を先頭に20万人ほどの大軍となって高尾城に押し寄せる一揆勢・・・

この時、政親とともに高尾城を守る城兵は、わずかに1万・・・籠城側を圧倒するその数に、もはや、どうしようもなくなった政親は自害します。(2016年6月9日参照>>)

これが長享一揆と呼ばれる加賀一向一揆最大の一揆・・・ここに、約100年間に渡る百姓の持ちたる国が誕生する事になります。
 .

★一揆の方法や惣について6月9日【一味同心・一揆へ行こう!】で書いています>>>

★加賀一向一揆の終焉については3月9日【金沢御坊・落城~加賀一向一揆にの終焉】でどうぞ>>
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 『うだつ』があがらない | トップページ | 平清盛と厳島神社 »

南北朝・室町時代」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!!           学校のノートまとめるのに使わせてもらってます!これからもがんばってください!

投稿: 真田幸村 | 2010年1月 7日 (木) 18時53分

真田幸村さん、コメントありがとうございます。

お勉強のお手伝いになれば、幸いです。

投稿: 茶々 | 2010年1月 8日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/2135955

この記事へのトラックバック一覧です: 百姓の叡智・加賀の一向一揆:

« 『うだつ』があがらない | トップページ | 平清盛と厳島神社 »