« 元号のおはなし | トップページ | 大海人皇子・吉野出発で壬申の乱勃発 »

2006年6月20日 (火)

天慶の純友、瀬戸内に散る

 

平家物語の冒頭、有名な『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の・・・』の文の後に『・・・近く本朝をうかがうに、承平の将門、天慶の純友、・・・』と続く。

承平の将門は、ご存知『承平の乱』を起こした東国の雄・平将門(たいらのまさかど)(2月14日参照>>)です。

常に、将門と並び称される瀬戸内の雄、『天慶の乱』を起こした藤原純友(ふじわらのすみとも)が、本日の主役。

天慶二年(939年)、伯父との領地争いに勝利して、その勢いで関東一円を支配下に納めた平将門は、自ら「新皇」と名乗り、関東の独立を宣言しますが、そもそも、それ以前に、海上交通の要所だった瀬戸内海に出没する海賊を制圧させるべく、朝廷から派遣された伊予の国司が藤原純友であったのです。

・‥…━━━☆

ところが制圧どころか、逆に伊予の国・日振島を本拠地とする海賊の首領になって、伊予の国はもちろん、大宰府までも攻め落としていきました。

そして、将門の「新皇」宣言と同時期に、京の近くで神出鬼没しだしたのです。

朝廷では
「将門と純友は、共謀して反旗をひるがえした」
「西から純友が海賊を率いて上陸、東から将門が大軍を率いて上洛」

などと、ウワサが流れ、あわてて純友に冠位を授けよう・・・などの行動にでる始末。

しかし、情勢は急転直下します。

天慶三年(940年)希代の英雄・藤原秀郷(ひでさと=俵藤太)平貞盛将門を討ち取ってしまい(2月14日参照>>)急遽、純友は京突入を断念。

将門の乱を鎮圧した事に勢いづいた朝廷は、純友鎮圧軍・源経基小野好古を送り込んできたのです。

明けて天慶四年(941年)の6月20日純友は瀬戸内海を逃げながら、伊予に帰ったところを討たれてしまいます。

将門と純友の反乱は、短い間でしかも失敗に終わりましたが、反乱を起こした側も、鎮圧した側も、ともに武士であった事が大きな意味を持っています。

朝廷は、右往左往しながら命令を出しただけで、実際に動いたのは武士たちです。

この事で、朝廷への信頼は一気に失われ、まさに武士の時代の幕開けとも言える出来事でありました。
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 元号のおはなし | トップページ | 大海人皇子・吉野出発で壬申の乱勃発 »

平安時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/2298410

この記事へのトラックバック一覧です: 天慶の純友、瀬戸内に散る:

» 観劇:「将門伝説後日の旗上」〜スーパー一座公演 [David the smart ass]
先日、大須演芸場にて、スーパー一座のロック歌舞伎『将門伝説後日の旗上』を見てまいりました。 将門というのは、あの平将門です。平家物語の冒頭『祇園精舎』の後半あたりに「……近く本朝をうかがうに、承平の将門、天慶の純友... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 00時02分

» マンガ日本の歴史〈10〉将門・純友の乱と天暦の治 [忍者大好きいななさむ書房]
マンガ日本の歴史〈10〉将門・純友の乱と天暦の治 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 00時53分

« 元号のおはなし | トップページ | 大海人皇子・吉野出発で壬申の乱勃発 »