« 七夕の夜に日本最古のK-1ファイト | トップページ | 日本で始めてのボーナスは? »

2006年7月 9日 (日)

ほおずき市の起源は頼朝さん

 

7月9日、東京の下町では、あちこちでほおずき市が立ちます。

・‥…━━━☆

その中でも代表的なのは、浅草(せんそう)寺のほおずき市

古くから夏の風物詩として、下町の人々に親しまれてきました。

四万六千日(しまんろくせんにち)という7月10日の縁日の日にお参りをすると、4万6千日参った事になるという言い伝えがあり、その信仰と相まって、ほおずき市は多くの人で賑わいます。

うちわを片手に浴衣姿でほおずきを買い求める姿は、関西人の私でもテレビのニュースなどで映像が流れると、江戸情緒というか・・・下町の風情を感じますね。

「夏がきたんだなぁ~」って思います。

ところで、このほおずき市は、もともと源頼朝が、奥州征伐(8月10日参照>>)の帰り道、浅草で部隊を休ませ、日射病で倒れた兵士たちにほおずきを食べさせて元気づけた・・・という逸話から、ここに市が立つようになったんだそうですよ!
ま、あくまで伝説の域を出無い話ではありますが・・・
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 七夕の夜に日本最古のK-1ファイト | トップページ | 日本で始めてのボーナスは? »

鎌倉時代」カテゴリの記事

由来・起源・雑学・豆知識」カテゴリの記事

コメント

 茶々さん、こんばんは。

 私の母親が浅草なので、ほうずき市というと親近感がわきますね~。 市へ行っては、よくほうずきを買ってきてました。 
 しかし、源頼朝がそのように関係していたとは知りませんでした~情緒ある日本のさまざまな行事には、やはり歴史がいろんな角度から関連しているんですね~。

投稿: ルーシー | 2006年7月10日 (月) 05時43分

ルーシーさんコメントありがとうございました。
浅草には、思い出がおありなんですね・・・残念ながら、私は浅草へは一度しか行ったことないですが、東京の下町と聞くと、車が通れないような石畳の路地、玄関に朝顔の鉢植えが置いてあって、おばあちゃんがバケツで、打ち水をしてる・・・そんな光景を思い描いてしまいますが、今もそうなんでしょうか?
その風景は京都の路地裏と相通じる物があって、私は大好きですね。

投稿: 茶々 | 2006年7月10日 (月) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/2561905

この記事へのトラックバック一覧です: ほおずき市の起源は頼朝さん:

« 七夕の夜に日本最古のK-1ファイト | トップページ | 日本で始めてのボーナスは? »