« 源頼朝が敗走…石橋山の合戦 | トップページ | 鉄砲伝来で戦国が変わる »

2006年8月24日 (木)

ポンペイ最後のの日

 

西暦79年、8月24日、南イタリアのナポリに近いベスビオ火山が大噴火し、ポンペイ・エルコラ・スタビアの3つの町を埋め尽くしました。

・・・・・・・・・・

ちょうどその頃は、古代ローマ帝国の最盛期で、ポンペイの町はローマの貴族や富豪の別荘地でした。

近代になって発掘されたポンペイが特に注目を浴びたのは、その滅亡があまりにも突然の事だったため、幸か不幸かそこで生活していた人々の様子が、手に取るような状態でそのままに残されていたからです。

たとえば、パン屋の窯の中に作りかけのパンがそのまま炭化していたり、酒場のテーブルに酒代の硬貨が置かれていたり、ある家庭では、お母さんが台所でご飯の支度の最中で、その子供たちがペットの犬と中庭で遊んでいた・・・というような日常の光景も垣間見えたりします。

また、当時は紙が貴重だったので、町や家の壁などに落書きをするように様々なメモや覚書が書かれていて、食事のマナーや家のしきたり、あるいは、いくらで何を買ったなど今で言う家計簿のような物、恋人同士の待ち合わせの約束など、歴史的な書物では知りえない普段の生活がわかるのです。

中でも興味深いのは、町のメインストリートに大きな文字で書かれた選挙の広告。

『○○に投票しない者は、ロバに乗せて市中を引き回すぞ』とか『有能な○○を監督官の位につけよう』など、これは世界最古の選挙ポスターと言われています。

近年では、それらの点と点をつなぎ合わせて、誰が=どんな人が、どこに住んで、どんな生活をしていたかなども、徐々に特定されてきていて、まさに古代のタイムカプセルと言える物です。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 源頼朝が敗走…石橋山の合戦 | トップページ | 鉄砲伝来で戦国が変わる »

外国の出来事」カテゴリの記事

コメント

 茶々さん、こんばんは。

 「ポンペイ」ですか~子供の頃からその火山による悲劇とはいえ惹きつけられた出来事でしたね~!
いつか記事にでも~とは思っていましたが(笑)、茶々さんが今回詳細に載せていただいたのでお任せ致しますね~!

 当時隆盛を誇っていた文明が一瞬にして火山灰に埋もれ消失したという事実が悲劇でありミステリーでした・・・人間のおごりへの天罰という解釈もされたりしましたが、自然の前では人間が無力であるということなのでしょう。

 現在は特に温暖化も進み、当時よりも多角的な自然災害への警戒が求められていますね~争いや利潤追求ばかりの現在、当時のローマのように末世的な感さえします・・・
 冥王星も惑星から外れてしまいましたし(汗)、あ、これは関係ありませんね。

 研修後のひとときにいつも素敵な記事ありがとうございます! ここ数日は特に、お気に入りサイトを拝見するのが楽しい日課になっていますよ~ではまたお邪魔致します!

投稿: ルーシー | 2006年8月25日 (金) 21時15分

ルーシーさん、いつもコメントありがとうございます。

私もずいぶん昔に某博物館で「大ポンペイ展」というのを見に行きまして、(少し生々しい話ですが)一瞬にして火山灰が降り注ぐと、人や動物の部分だけ火山灰が空洞になって固まっているそうで、その部分に石膏など流し込み、家のどの場所にいたかなど、再現されてあるのを見て、興味半分、ショック半分で、強く印象に残っています。

自然の前には人は無力ですよね。
冥王星にも、頼んでもいないのに勝手に惑星に加えておいて、今度はまた勝手に外すのかヨ!って怒られそうですね。

投稿: 茶々 | 2006年8月25日 (金) 22時59分

8年位前でしたか、天保山のサントリーミュージアム(現在は閉館)で開かれたポンペイ展、私も見に行きました。石膏を流し込んで再現された人型(おそらく亡くなった時のままの)やら、会場に入りきらずにミュージアムの入り口で展示されている壁画やら、純金のブレスレット(約678gram位)が展示され、直前まで日々の暮らしが営まれていたのだと実感しました。笑えたのが壁画の落書きで、飲み屋のおねーさんにチューをして、「愛してるよ」と囁きかける男と嬉しそうなおねーさんの姿や、飲みながら賭けに興じ、途中から喧嘩になり(イカサマかそうでないかをめぐって)、終いには店の女将さんに店から叩き出された、なんて内容の壁画もありました(どちらの壁画もラテン語で台詞が書いてあったので、日本語に訳した解説で壁画の意味を知りました)。中でも一番興味をそそられた話が、貴婦人とグラディエーターの骨が一緒に見つかった、というもの。実は、2人は人目を忍ぶ仲で、会瀬の最中に噴火が起こり、そのまま2人は灰の中に…という説が研究者たちの意見だとか(最近の発掘調査で、実際は違うらしいという事がわかったけど)。だけど私は、貴婦人とグラディエーターの会瀬…の方を取ります。この話の方が胸に迫ってくるから。

投稿: クオ・ヴァディス | 2015年5月16日 (土) 09時05分

クオ・ヴァディスさん、こんにちは~

何年かに1度「ポンペイ展」のような展示会があるみたいですね。
私が行ったのは、何十年も前の物でしたが…

投稿: 茶々 | 2015年5月16日 (土) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/3187121

この記事へのトラックバック一覧です: ポンペイ最後のの日:

« 源頼朝が敗走…石橋山の合戦 | トップページ | 鉄砲伝来で戦国が変わる »