« 橋の日なので橋姫の怖い話 | トップページ | 広島平和記念日 »

2006年8月 5日 (土)

日本初のタクシー誕生

 

明治四十五年(1912年)8月5日、日本発のタクシーが登場したので、今日は「タクシーの日」という記念日だそうです。

・・・・・・・・・

明治四十五年(1912年)8月5日、東京数寄屋橋のタクシー自動車が6台のT型フォードで、営業を開始しました。

料金は、半マイル60銭(なぜに?マイル)
1マイル=1.6kmとして・・・800m?で60銭!

おそばのモリが一枚3銭の時代なので・・・これは、高い!高すぎる!

とても庶民には手が出ませんね。

そのうち大正時代に入ると、台数も2000台を越え、運転手はダブルの背広に鳥打帽子、革の手袋といった当時としては小粋なスタイルで、女性たちに大人気だったそうです。

今でいう、ファミレスのアンナ○○ー○のような事なのかな?

大卒の初任給が15円だったこの頃に平均収入100円というのは、いかに花形職業だったのかがうかがえますね。

そら、女の子もキャーキャー言うわ!

大正十三年(1924年)の大阪には、さすが!大阪らしく、市内料金1円均一の『円タク』が登場します。

そして、早くも2年後には、東京にも『円タク』が登場して、その後、各地にも飛び火します。

ところが、そうなると過当競争で、だんだんと運転手の質が落ちていって、ついには助手席に売春婦を乗せて走る『徘徊魔窟』なる物まで現れます。
(↑それは、タクシーやないやろ!)

一方では、法外な料金を要求する雲助タクシーも登場するかわりに、客のほうも料金を値切るのが常識でした。

この頃は、車先進国の欧米とちがって、日本では登録されている車のほとんどがタクシーまたはハイヤーで、一般の人が車を持つようになるのは、まだまだ先のようですね。

終戦直後には、燃料不足のため、(たきぎ)タクシーが走っていたそうで、目的地まで行って燃料がなくなると、そのへんの木切れやゴミをかまに入れて、また走って行ったとか・・・。

その後、昭和三十年(1955年)には、交通停滞の中で客の回転率を上げるために、スピード重視の無謀運転をする神風タクシーなんていうのもあったり、それから、今もお馴染の個人タクシーも生まれ、LPG(液化天然ガス)も走ってましたね~。

無資格営業の『白タク』(業務用ではない白のナンバープレート)なんて言うのも、この頃でしょうか。

今は、日本も車社会になって、バブルもはじけて、タクシー業界は、どうなんでしょうか?

でも、京都や奈良では、修学旅行の学生さんを案内しておられるのを、よく見かけますが、あれはなかなか良いです・・・運転手さんも、バスガイドさん顔負けの案内をすべく、猛勉強されてますしね。

学生さんにとっても、良い思い出になる事でしょう。
 .

内容が「おもしろかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 橋の日なので橋姫の怖い話 | トップページ | 広島平和記念日 »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/2936684

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初のタクシー誕生:

« 橋の日なので橋姫の怖い話 | トップページ | 広島平和記念日 »