« 煙とともに、灰、左様なら~十辺舎一九が死す | トップページ | ザンギリ頭を叩いてみれば・・・ »

2006年8月 8日 (火)

雪舟さんのご命日です

 

永正三年(1506年)8月8日、室町時代の水墨画の頂点を極めた雪舟が亡くなりました。

・・・・・・・・・・・

雪舟は、応永二十七年(1420年)、備中の生まれと伝えられていますが、その前半生は、はっきりと分かりません。

十二・三歳の頃に、生まれ育った備中の宝福寺に入門したと伝えられています。

いたずらをして叱られて柱に縛りつけられた時、涙でねずみの絵を書いたというエピソードはこの頃の物なのでしょう。

Dscn2417a その後、京都の相国寺で、禅の修業をするのと同時に、周文から画を習い始めます。

周文は、『日本水墨画の父』と呼ばれる人ですから、雪舟の才能ももちろんですが、やはり先生も良かったんでしょうね。

その後、周防(すおう・山口県)大内氏をたよって西へ向かった雪舟は、応仁の乱の起こった応仁元年(1467年)に、幕府の船に便乗して中国に渡ります。

中国のお寺でも壁画を描いたと言われていて、その頃、もうすでに、雪舟の絵のうまさが中国でも知れわたっていたようです。

そして、彼はこの中国で、中国人の画家たちから新しい画法を学び、より雪舟らしい独自の画風を確立していきます。

帰国後は、周防を中心に諸国をめぐり、たくさんの名作を世に送り出しました。

ある日、以前世話になっていた大内義興(よしおき)が、「明中国)から素晴らしい画を手に入れたぞ!」と、雪舟に自慢げに見せたところ、それは雪舟が描いた物だったというエピソードも残っています。

Sessyu 代表作の「花鳥屏風」「秋冬山水図」などを世に残し、永正三年(1506年)8月8日雪舟は亡くなりました。

87歳という大往生・・・いえいえ、人間、何年生きたって、「これでいい!」と思う事はありません。

芸術家たる者、常に志半ば・・・雪舟さんも、もっともっと絵を描きたかった事でしょうね。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 煙とともに、灰、左様なら~十辺舎一九が死す | トップページ | ザンギリ頭を叩いてみれば・・・ »

南北朝・室町時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/2977638

この記事へのトラックバック一覧です: 雪舟さんのご命日です:

» 中弁財天左右花鳥図 三幅対 [雪舟等楊 中弁財天左右花鳥図 三幅対]
  今回、雪舟等楊直筆といわれている中弁財天左右花鳥図 三幅対 を本邦初の公開をさせていただきます。所有者のご厚意により、極めをはじめ、様々な資料を公開させていただきます。... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 02時16分

« 煙とともに、灰、左様なら~十辺舎一九が死す | トップページ | ザンギリ頭を叩いてみれば・・・ »