« 万葉の貴公子・大伴家持 | トップページ | 千島最北端に初の上陸! »

2006年8月29日 (火)

アヘン戦争の終結

 

1842年、8月29日、イギリスと清国との間に南京条約が結ばれ、アヘン戦争が終結しました。

・・・・・・・・・

その頃、イギリス清国(中国)から東インド会社を通じて、絹織物やお茶などを輸入し、逆に毛織物や綿製品を輸出していました。

しかし、輸入の増大に対して、輸出の方はなかなか伸び悩み、なんとかこの状況を改善したいと考えていました。

そこで、イギリスが目を付けたのが、当時、東インド会社が独占販売していたアヘンでした。

それを、インドで大量に栽培・造成して、密かに清国に売り込もうという作戦です。

とは言え、アヘンはケシの実からできる麻薬・・・密輸をほっておくと、中毒患者が増大し、銀の大量流出や貨幣流通の崩壊を招きます。

そこで、清国政府の担当大臣・林則徐(リーツォシュー)は、銀の大量国外流出防止策を打ち出します。それは・・・
① アヘン吸引者と販売者の処刑
② イギリス商人の貿易禁止
③ 外国商館の閉鎖
④ アヘン約2万箱の償却

というものでした。

それに対して、イギルス監察官・エリオットは、あくまで輸入解禁・アヘン貿易の継続を主張し、1840年にアヘン戦争に突入しました。

清国では、民衆が自発的に作った武装自衛団などで、応戦していましたが、イギリスは最新鋭の軍艦を登場させ砲撃し、武力の違いを見せつけます。

結局、清国政府は林則徐を解任して、イギリスとの交渉に臨み、1842年8月29日、この屈辱的な南京条約を結ばされ半植民地状態になってしまうのです。

南京条約
① 賠償金1200万銀ドルの支払い。
② 広州・福州・厦門・寧波・上海の5港を開放し、イギリス人の居住と治外法権を認める。
③ 香港島をイギリスに譲り渡す。
④ 特許商人の独占貿易をやめ、自由貿易とする。
⑤ 清国の関税自主権の放棄。
⑥ 清国は、イギリスに最も有利な条件・待遇をすること。

この条約は、その後に欧米諸国がアジア諸国と結ぶ不平等な条約のモデルとなり、日本でも江戸幕府や、幕末のリーダーたちに大きな影響を与える事になりました。

アヘンはダメです・・・やっぱり・・・。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 万葉の貴公子・大伴家持 | トップページ | 千島最北端に初の上陸! »

外国の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/3241620

この記事へのトラックバック一覧です: アヘン戦争の終結:

« 万葉の貴公子・大伴家持 | トップページ | 千島最北端に初の上陸! »