« 鬼神の如き朝比奈義秀の話 | トップページ | 50の手習い、伊能忠敬の日本地図 »

2006年9月 3日 (日)

奥州・藤原氏の滅亡

 

文治五年(1189年)9月3日、藤原泰衡が殺害され、栄華を誇った奥州藤原氏が滅亡しました。

・・・・・・・・・・

源平合戦の屈指のヒーローご存知、源義経は、兄・頼朝との不和により(5月24日参照>>)頼朝から追われる身となって、若い頃お世話になり、父のように慕っていた奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとへ身を寄せていました(2月10日参照>>)

しかし、大黒柱であった秀衡が亡くなると、後を継いだ4代めの泰衡(やすひら)は、たちまち頼朝側に寝返って、義経を攻め、義経は衣川で自害に追い込まれます。(4月30日参照>>)

泰衡はそんなに悪人ではありません。

若い頃、奥州の野山を一緒に駆け巡った義経を憎いと思ってもいません。

ただただ、頼朝の威勢に屈したという事だったのかも知れません。

秀衡が亡くなってから、頼朝は気弱な若きリーダーに手紙を出して、さんざんプレッシャーをかけていました。

「義経の身柄を差し出せば恩賞を与えよう、さもなくば武力も辞さない」と・・・。

ところが、頼朝に屈して義経の首を取った泰衡との約束を、頼朝はあっさりと裏切って、朝廷から『泰衡追討の院宣』武力行使しても良いという天皇の許可書)を、取ってしまいます。(6月25日参照>>)

そして、とうとう頼朝は大軍を率いて平泉に押し寄せてきます。

文治五年(1189年)8月8日~10日にかけて繰り広げられた阿津賀志(あつかし)の戦い(8月10日参照>>)に敗れた泰衡は、もはや平泉を焼き払って逃げるのが精一杯でした。

藤原三代の太平と栄華を誇り、ある意味独立国家であった平泉はこの日、焦土と化してしまいます。

しかし、そんな泰衡にも、勝機はありました。

俗に奥州17万騎と言われる戦力です。

ただ、その大半は半士半農の農民兵だったため、農繁期の8月(旧暦)では兵力にならず・・・

もちろん、頼朝としては、それを承知でこの時期に攻めたわけですが、何とか、この時期だけでも踏ん張れば、農繁期の終わった農民兵を動員する事ができますし、さらに、まもなくの雪の季節ともなれば、雪に不慣れな鎌倉武士より、東北の農民兵たちのほうが、はるかに有利です。

おそらくは泰衡も、そのつもりで平泉に火を放ち、さらに北へ逃げたのかも知れませんが、残念ながら、文治五年(1189年)9月3日厨川柵(岩手県盛岡市)にて家臣の河田次郎に殺害されてしまうのです。

さすがに、泰衡も、信じて頼った家臣が、その恩賞に目がくらんで頼朝側に寝返っていた事までは気づかなかったのでしょう。

こうして、栄華を誇った奥州藤原氏は滅亡してしまいました。

奥州・藤原氏の誕生は11月14日参照>>
 

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 鬼神の如き朝比奈義秀の話 | トップページ | 50の手習い、伊能忠敬の日本地図 »

源平争乱の時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/3300212

この記事へのトラックバック一覧です: 奥州・藤原氏の滅亡:

« 鬼神の如き朝比奈義秀の話 | トップページ | 50の手習い、伊能忠敬の日本地図 »