« 風林火山・孫子の兵法4・謀攻篇 | トップページ | なぞなぞのルーツ?室町の謎かけ »

2007年4月20日 (金)

美濃のマムシは二人いた

 

弘治二年(1556年)4月20日は、『長良川の戦い』のあった日です。

この戦いは、あの「美濃のマムシ」と呼ばれた斉藤道三と、長男・義龍との戦いで、道三はこの合戦で討死していますので、今日は斉藤道三のご命日でもあるわけです。

・・・・・・・・

斉藤道三と言えば、「国盗り物語」でも知られるように、下克上の見本のような人・・・彼は出世するたびに名前を変え、その数は合計19個・・・19個も名前があったら順番とか忘れそうですな~。

道三はもともと、京都は妙覚寺日善の弟子でしたが、坊さんをやめ、油商・奈良屋に婿入りし、油商人となってしょっちゅう美濃の国に出入りしていました。

そんな時、美濃常在寺の住職となっていたかつての妙覚寺時代の同僚・日護と再会・・・思い出話に花が咲く中、その日護の推薦で、美濃の実力者・長井長弘の家臣となります。

商売でつちかった愛想の良さで、鷺山城主・土岐頼芸(ときよりよし)と仲良くなった道三は、頼芸をそそのかしてクーデターを決行。

頼芸の兄で、当時美濃の国主をしていた土岐政頼を追放して、頼芸が国主となります。

その後、お世話になった長井長弘を暗殺して長井氏をのっとり、その次に守護代・斉藤利長が病死すると、斉藤氏ものっとってしまいます。

やがて、先ほどの頼芸も追放して、道三自らが美濃の主となるのです。

戦国の世とは言え、恩ある人を次々と倒してのし上がった事で、道三は「梟雄(きょうゆう)「蝮(マムシ)というニックネームで呼ばれる事となります。

道三には、正室・深芳野(みよしの)の産んだ長男・義龍・・・側室・小見の方が産んだ次男・孫四郎と三男・喜平次という三人の息子がいました。

ちなみに、織田信長に嫁いだ濃姫(帰蝶)は、側室・小見の方の産んだ子供です。

道三はこの中で、孫四郎か喜平次に自分の後を継がせたいと思っていました。

この事から、義龍は土岐義芸の子供ではないか?という説もあります。

しかし、そんな父親の心の内を知った義龍・・・さすがに「はい、そうですか」と納得はできません。

いや、納得できないどころではありません。
もう、怒り爆発です。

先手必勝とばかりに、古くからの重臣を味方につけ、次男・三男を殺害し、さっさと当主の座に着いてしまいました(10月22日参照>>)

弘治二年の4月・・・鷺山城で息子たちの悲報を聞いた道三は早速戦闘モードに入り、美濃国内の武将に呼びかけますが、重臣たちが皆、義龍側についているため、道三の声に応じたのはわずか3000人足らずでした。

これでは、「まともに戦えない!」と、急遽、娘婿の織田信長に救援を要請します。

この時の道三の手紙には、「助けてくれたら美濃を譲る」とまで書かれていたと言います(4月19日参照>>)

しかし、信長の軍はなかなかやって来ない・・・そんな中、一方の義龍は高らかに父・道三を討つ決意を表明し、義龍のもとには、1万7千の軍勢が集結します。

「もう、待てない」と、道三は不利を承知で討って出ます。
これが、弘治二年(1556年)4月20日・・・長良川の戦いです。

長良川を挟んで刃を交える父と息子・・・。
激戦の末、やはり数の多さには勝てず道三は旧家臣の長井忠左衛門と小牧源太に討たれました(くわしくは2012年4月20日参照>>)

一方、道三を救援できなかった信長は、この後「義父の弔い合戦」と称して美濃に狙いを定める事に・・・(9月14日【墨俣の一夜城・建設中】参照>>)

どころで、この日、63歳でお亡くなりになった美濃のマムシこと斉藤道三・・・最初にも書きましたように、一介の油売りから、わずか十数年で、美濃一国の大名に成り上がったその国盗りの物語で下克上の見本と言われていましたが、現在はそうでないというのが定説となっています。

それは岐阜県が古文書の点検をしていて発見した近江の守護大名・六角承(ろっかくじょうてい)が、自分の息子と義龍の娘の結婚を阻止しようと六角の重臣たちに宛てた書状(1月13日参照>>)の中にありました。

そこには、斉藤道三の父について、「彼は、もと妙覚寺の坊主で、還俗(一度出家した人がもとの一般人に戻る事)して西村と名乗り、その後、美濃土岐氏家中の長井氏のもとで出世し、スキを見て長井新左衛門と名乗った。その息子の道三が長井の領地を奪い・・・」と書かれています。

つまり、長井を名乗るあたりまでは、道三のお父さんの話・・・という事になります。

この事は、書状の日付が道三が亡くなってからわずか四年後という日付である事や、他にも同じ内容の古文書が見つかっている事から、ほぼ確定という事で、どうやら「美濃のマムシ」は、道三ひとりの事ではなかったようです。

ただ、事実は事実として、ドラマやお芝居になるなら、一代でのし上がるほうが面白いので、小説の世界では今のままのほうが良いと思いますがね。

Namidousancc 今日のイラストは、
斉藤道三の家紋『立波』をアレンジしました~

「マムシ」にしようかと、色々と写真を見まくっていましたが、何かきしょくわるくなってきてやめました~マムシさんゴメンナサイ
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 風林火山・孫子の兵法4・謀攻篇 | トップページ | なぞなぞのルーツ?室町の謎かけ »

戦国・群雄割拠の時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/6152222

この記事へのトラックバック一覧です: 美濃のマムシは二人いた:

« 風林火山・孫子の兵法4・謀攻篇 | トップページ | なぞなぞのルーツ?室町の謎かけ »