« 空前のヒット!「鉄道唱歌」のプロモーション | トップページ | 織田信長さんのお誕生日なので・・・ »

2007年5月11日 (金)

義仲・圧勝!倶利伽羅峠の合戦

 

寿永二年(1183年)5月11日、数ある源平合戦の中で、源氏が平家を逆転するキーポイントとも言える『倶利伽羅峠の合戦』がありました。

・・・・・・・・・・・

先日の『般若野の合戦』のページ(5月9日参照>>)で、砺波山に登った平家軍・本隊が、ふもとに源氏の白旗がなびいているのを確認したところまで書かせていただきました。

「さて、どうする・・・」と平家軍の総大将・平維盛

しかし、一方の木曽(源)義仲の作戦は、この時すでに決行されていたのです。

寿永二年5月11日の夜・・・まだ、あたりが漆黒の闇に閉ざされる前に、義仲は少しの兵を平家軍の正面へとぶつけます。

何度か繰り返される小競り合い・・・。

やがて、夜も更けると、その少数の兵は義仲軍・本隊へ撤退します。

これは、平家軍に「今夜の攻撃はあきらめたな・・・」と思わせるための作戦です。

その間に、夜の闇に紛れて、平家軍を取り囲むように砺波山周辺に布陣する義仲軍・・・樋口次郎兼光の3千騎、今井四郎兼平の2千騎、小室太郎の3千騎、巴御前の1千騎。

彼らは、倶利伽羅峠を挟んで北と南・・・じっくりとその時を待ちます。

義仲の思惑通り、「次の攻撃は明日であろう」と判断した平家軍は、警戒しつつも軍装を解いて、山上で一晩を明かす事にします。

行軍の疲れもあって、夜も更けると寝入ってしまう者も数多くいました。

そんな、あたりが寝静まった頃・・・夜の闇を引き裂くように山中に響き渡る鬨(とき)の声・・・続いてほら貝を吹き、太鼓を鳴らし、一斉に鏑矢(かぶらや)を射かけたのは、北と南に分かれた義仲・搦手(からめて)

四方を岩に囲まれた山上で、まさか正面の降り口以外から攻めて来る事はないだろうと予想していた平家軍は、暗闇の木々の間から見える無数の白旗にびっくり仰天です。

たしかに、闇の中だと、赤旗より白旗のほうがグッと目立ちますわな。

搦手からの鬨の声を待っていた義仲率いる本隊・3万騎も、一斉に鬨の声を挙げ、追い討ちをかけます。

山中に轟きわたる鬨の声に不意をつかれた平家軍は、もはや右往左往して逃げ惑うばかりです。

「見苦しいぞ!騒ぐな戻れ!」と大将が叫んでも、規律を失った兵士を止める事はできません。

『源平盛衰記』によれば、この時、500頭の牛の角に松明をくくりつけ平家軍を追いやった有名な『火牛の計』という作戦が書かれていますが、これは中国の『史記』に登場するお話なので、おそらくはフィクションでしょうが、それに類似するような敵の不意を突いた奇襲作戦を決行した事は確かでしょう。

東から攻め寄せる義仲の本隊。
西からやってくる義仲の搦手軍。
北には、切り立った岩壁・・・。

唯一、逃げ道がありそうな南に向かって平家の兵士たちは殺到します。

もちろん、それは義仲の作戦・・・南側には倶利伽羅谷という深い切立った谷が口を開けていました。

しかし、暗闇のため、そこに谷がある事には兵士たちは気付きません。

「この先に道があるのだろう」と、皆が争うように進み、次々と谷底に転落して行ったのです。

『火牛の計』はフィクションだと書いておきながら引用するのも何なんですが・・・

『源平盛衰記』によれば、その時の状況を
「父落とせば子も落とす、主落とせば郎党も落とす。馬には人、人には馬、上が上に重なって・・・前に落とす者は今落とす者に踏殺され、今落とす者は後落とす者に押殺される」
といった状況だったと・・

『源平盛衰記』が書かれたのは、この『倶利伽羅峠の合戦』から64年後の宝治元年(1247年)ですが、その頃にはまだ当時の惨劇が確認できる状態で、このあたり一帯は「地獄谷」と呼ばれていた事が記されています。

結局、義仲はこの奇襲作戦で、まともに刃を交える事なく、平家の大軍を打ちのめしたのです。

一方、志雄山にいた平家軍の搦手軍は、この倶利伽羅峠の惨劇の様子を聞いて、軍を進める事を諦め、12日には撤退を開始します。

大将の維盛も、命からがら逃げ出し加賀まで撤退・・・志雄山の軍と合流しますが、本隊が壊滅状態となった今、砺波山に行かなかったこの3万の軍勢が平家軍の本隊となるわけです。

勝利に勢いづく義仲軍・・・。
このまま手を休めるわけには行きません。

次は、篠原・安宅で両軍はぶつかる事になりますが・・・
その『篠原の合戦』6月1日の【無残やな甲の下の篠原の合戦】でどうぞ>>

Yosinakakurikaracc おとといの義仲さまは、ちょっと遠目だったので、今日はアップで・・・
するどい目つきで、気合入った感じにしてみました。

フィクションかも知れないけれど、倶利伽羅峠に『火牛の計』は、やはり欠かせません。
 

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 空前のヒット!「鉄道唱歌」のプロモーション | トップページ | 織田信長さんのお誕生日なので・・・ »

源平争乱の時代」カテゴリの記事

コメント

でも、これもりも弱いと言い切れません。負けた後、もう一度源氏と戦っています。負けたけど。だけど、富士川の汚名を晴らすために、頑張る姿、僕は好きです!。

投稿: ゆうと | 2012年3月15日 (木) 23時10分

ゆうとさん、こんばんは~

もちろん。維盛が弱いわけではありませんよ。
奇襲作戦は一か八か…
成功すれば、圧勝できますが、必ず成功する物でもありませんね。

このページは、義仲さんを主役として書かせて」いただいているので、ちょっと持ちあげました(*゚ー゚*)

投稿: 茶々 | 2012年3月16日 (金) 00時08分

実はこれもり、この戦いの前、義なかに勝ちました。だからこれもりの勇姿をいつか、書いて下さい。

投稿: ゆうと | 2012年3月16日 (金) 18時10分

ゆうとさん、こんばんは~

維盛と義仲の直接対決は、この倶利伽羅峠が最初だとおもっていましたが、この前にあるのですか?

維盛が圧勝する越前・加賀の戦いは書かせていただいてますが、それとは別の合戦なのですか?

投稿: 茶々 | 2012年3月16日 (金) 21時05分

すみません。同じでした。

投稿: ゆうと | 2012年3月16日 (金) 21時34分

ゆうとさん、こんばんは~

そうでしたか
越前・加賀の合戦の事だったのですね。

こちらこそ、コメントを読んで、勝手に、維盛と義仲の直接対決の事だとはやとちりしてしまいました。
申し訳ないです。

確かに、越前・加賀の合戦の時は、義仲は越後にいましたので、維盛と義仲が直接対決したわけではありませんが、越前燧城は義仲の前線基地でしたし、留守を預かる城兵も義仲軍ですから、義仲軍に維盛が圧勝した事には間違いないと思います。

投稿: 茶々 | 2012年3月17日 (土) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/6376585

この記事へのトラックバック一覧です: 義仲・圧勝!倶利伽羅峠の合戦:

» 倶梨伽羅合戦 巴御前 葵御前? [新型VTR250 と 初心者]
 今週の訪問先&日帰り温泉は、源平の昔、木曽義仲と平維盛との倶梨伽羅峠に於ける有名な「火牛の計」の場所を訪問する事と、「浅の川温泉 湯楽」です。 所謂、ブランチって云うくらいの食事をし、出発したのは、11時近くになってからです。 木曽義仲は、その愛...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 18時39分

« 空前のヒット!「鉄道唱歌」のプロモーション | トップページ | 織田信長さんのお誕生日なので・・・ »