« 朝倉氏滅亡とともに一乗谷は歴史の彼方へ・・・ | トップページ | 北陸の関ヶ原・浅井畷の合戦~前田家の存続を賭けて・・・ »

2007年8月 7日 (火)

万葉集1番の雄略天皇のお話

 

雄略天皇二十三年(479年)8月7日は、第21代雄略天皇の亡くなった日・・・という事で、今日は雄略天皇のお話を・・・

・・・・・・・・・・・・

タイトルにありますように、あの『万葉集』一番最初に収められているのが、今日のお話の雄略天皇の歌。

万葉集はだいたい年代順に並んでいると言いますが、450年代に詠まれたという雄略天皇の歌から、次の舒明天皇の630年代に詠まれた歌まで、200年近くも開きがあるのはなんでだろう?という疑問が湧きつつも、とりあえずその歌をご紹介しておきますと・・・

♪籠(こ)もよ み籠持ち 堀串(ふくし)もよ
 み堀串持ち この岡に
 菜摘ます児
(こ) 家聞かな 名告(の)らさね
 そらみつ 大和の国は おしなべて吾こそ居れ
 しきなべて吾こそ居べ 吾こそは告らめ 家も名をも♪

「そこの、草を摘んでるキミ・・・名前を教えてよ!
この国は、ボクが治めてる。ボクはこの国の王なんだ!
ほら、ボクが自己紹介したんだから、今度はキミがどこの誰か名乗る番だぞ!」

・・・って、ナンパかい!
あの由緒ただしき古典の中の古典『万葉集』の第一番目の歌がナンパする歌とは・・・

しかも、この声のかけ方・・・
口が裂けても「NO!」とは言えない雰囲気です。

この時代、男が名乗って来て、女が名前を告げたら、「=OK!」って事ですから、やっぱり、逃れられないでしょうね。

この大胆な王は、天皇に即位した時も、この上なく大胆です。

兄である先代の安康天皇眉輪王(まよわのおおきみ)刺殺されたと聞くや、即座に行動を開始!

そして、兄の八釣白彦皇子(やつのしろひこのみこ)坂合黒彦皇子(さかあいのくろひこのみこ)その事件に関与していると見るや、八釣白彦皇子を斬り殺し、坂合黒彦皇子と眉輪王を焼き殺します。

しかし、安康天皇が、生前、彼らの従兄弟である市辺押磐皇子(いちばのおしはのみこ)を後継者にしたい」と言っていた事を知っていた彼・・・「このままでは、次期天皇の座は回って来ない」と、市辺押磐皇子を大胆にも狩りに誘い出し、持っていた矢で射殺・・・だまし討ちします。

そうやって、すべての邪魔者を消し去って、見事、第21代天皇の座を勝ち取った雄略天皇・・・彼が生まれた時は、宮殿中に光が満ち溢れたという逸話は、そんな事しなくても皇位につけたって事じゃぁないのかい?

そんな、大胆を通り越した彼の暴挙はまだあります。

彼が、目をつけた百済の姫・池津媛(いけつひめ)を、宮中に迎え入れようという時、臣下の石川楯(いしかわのたて)と彼女が、すでにデキちゃってると知った途端、二人を焼き殺すという行動に・・・。

また、狩りに出た時、従者が自分の質問に答えなかった事に腹を立て、その者を斬り殺したと言います。

そんなこんなで、『大悪天皇』なるニックネームを持つ彼・・・。
そんな人にさっきの歌なんぞ歌われたひにゃ、身も凍る思いです~。

しかし、彼はもう一つ『有徳天皇』なるニックネームも持っているのです。

各地に分散した養蚕業を、桑の生育に適した地を調べ、その一箇所に集める事によって、絹の生産効率を高め、経済の発展に尽くしたのです。

その時、天皇の「蚕(こ)を集めよ」という命令を聞いた臣下の者が、最初、間違って子供をたくさん集めてきた様子を見て、天皇は「ちゃうちゃう!」と笑ったと言いますが、先ほどの暴挙からは別人のような光景です。

埼玉県・稲荷山古墳から出土した鉄剣には、『獲加多支鹵(わかたける)大王』の銘があり、当時、大泊瀬幼武尊(おおはつせわかたけるのみこと)と呼ばれていた雄略天皇の事であとされ、畿内だけではなく、日本の国土を統一した最強の王との評価も得ています。

また、中国の『宋書(そうじょ)・倭国伝』に登場する、昇明二年に、宋の皇帝・順帝から、倭・新羅・任那(みまな)加羅(から)秦韓(しんかん)慕韓(ぼかん)の六国の軍事を引き受ける『安東大将軍倭王』に任命される倭国「武」という王が雄略天皇であるとも言われています。

こんな二面性を持つ彼は、ひょっとしたら何人かの人物の複合体なのかも知れませんが、何らかの形で実在していた事は確かでしょう。

彼は、死の2年前、丹波の国に祀られていた豊受大神(とようけのおおかみ)を、伊勢の地に遷し、天照大神(あまてらすおおみかみ)の食物の神として祀る・・・という事を行っていますが、これが、伊勢神宮の外宮の起源です。

雄略天皇二十三年(479年)7月、病に倒れた彼は皇太子に後をまかせます。

そして、翌月の8月7日見守る臣下者たちに別れの言葉を言い、その手を握りながら亡くなったと言います。

ただ、やはり大いなる王が心配した通り、その皇太子の即位は、すんなりとはいかなかったのですが・・・そのお話は、2010年8月8日【天皇の後継者を偶然発見!顕宗天皇と仁賢天皇】でどうぞ>>
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログ内での人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)
あなたの応援で元気でます!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 朝倉氏滅亡とともに一乗谷は歴史の彼方へ・・・ | トップページ | 北陸の関ヶ原・浅井畷の合戦~前田家の存続を賭けて・・・ »

神代・古墳時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/7443042

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集1番の雄略天皇のお話:

» 両陛下訪問の案内状で入力ミス=悪天候を「悪天皇」 [俺の浪漫]
Yahoo!ニュース 両陛下訪問の案内状で入力ミス=悪天候を「悪天皇」、職員処分−秋田県誰にでも誤変換はある。そのまま出してしまうことだって人間のやることだから当然あるに決まっている。ただこの職員は地雷を踏んでしまったのだ。...... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 22時10分

« 朝倉氏滅亡とともに一乗谷は歴史の彼方へ・・・ | トップページ | 北陸の関ヶ原・浅井畷の合戦~前田家の存続を賭けて・・・ »