« 奈良の都の住宅事情~貧しい庶民の実態 | トップページ | 「トイレの日」なのでトイレの歴史 »

2007年11月 9日 (金)

「えと」十二支の由来・意味と年賀状イラスト

 

そろそろ年賀状を準備しないといけない時期ですね~
皆様はもう、準備されましたか?

私はまだまだ・・・、年賀状に使えそうなイラストをいくつか書いてみましたが・・・って事で、今日は、書いたイラストを見ていただきなから、干支(えと)・十二支の由来なんぞお話させていただこうかと思います。

2008indoormamacc_3

十二支は、もともと中国のの時代(紀元前1500年頃)に、一年を12ヶ月に分けた月の呼び方として使われはじめました。

「支」木の枝を表し、12段階の草木の生長ぶりをその名称として使用したのです。

Nezumiindoormamacc_2 12個あるうちの最初は、来年のえと・「子(ね)ですよね。
この「子」というのは、「根(ね)の事で、草木の種が発芽の準備をし始めるスタートの時・・・冬至を含む12月(旧暦の11月)の事を、こう呼びました。

十二支にそれぞれの動物が当てられるようになったのは、戦国時代(中国の戦国時代なので紀元前400年頃です)からで、これは文字を読めない人々のために、絵で月を表すよう考え出された物で、本来のの名前が持つ草木の様子に、動物の特徴や雰囲気を当てはめたものなのです。

「冬至という陰と陽の別れ道=すべてが0になって新しくスタート」するという事で、「前足の指が4本で後ろ足の指が5本=五陽四陰の動物=ネズミ」という事でネズミになったそうですが、ちょっと、この選び方がわかり難いので、次のわかりやすい「丑」で、もう一度説明します。

「丑(うし)「紐(ひも)からきています。
紐がからまる様子が、種から芽が出始めた草木が、うねうねと地中の中を這う様子に似ているので、その季節にあたる月=1月(旧暦12月)が、この名前で呼ばれる事になり、その性質が従順で忍耐強く、ジッと我慢して芽が春を待つ感じをイメージするところから、動物ではが選ばれたのです。

Nezumi3indoormamacc 念のためにもう一つ・・・

「寅(とら)というのは「演」からきているのですが、この「演」という字はもともとの語源が「延」で、のばすという意味を持っています。
(余談ですが、ワザをのばすので演技と言います)

草木が地中から芽を出してのびていく季節にあたる月=2月(旧暦の1月)という事です。
そこで、動物は、のびのびと威勢のいい感じになりました。

へたくそな説明ですが、ちょっとわかっていただけましたでしょうか?

では、残りの、それぞれの月の草木の様子を表す元になった文字とその意味を書きますので、えとの動物がイメージできるかどうか、試してみてください。

「卯(う)=「茆(しげる)3月(旧暦:2月):地上に芽を出した草木が活発に地面を這うように茂る。動物=うさぎ

「辰(たつ)」=「振(ふるう)4月(旧暦:3月):春もたけなわで、草木の成長も最高潮!元気いっぱい活力旺盛!血気盛んなヤンチャが腕を振るいまくり~。動物=

「巳(み)」=「巳(やむ)5月(旧暦:4月):草木の生長がいっぱいいっぱいで、これ以上は成長しない・・・つまり大人になったって事、いい感じに落ち着いたってとこですね。動物=へび

「午(うま)」=「忓(つきあたる)6月(旧暦:5月):成長のピークが過ぎて衰退の道をたどりだした頃・・・ちょっと寂しい・・・。動物=

「未(ひつじ)」=「味(あじ)7月(旧暦:6月):草木の生長は止まったけど、今度は実がなる季節・・・実が徐々に甘味を出していく月です。動物=ひつじ

「申(さる)」=「呻(うめく)8(旧暦:7月):果実が成熟して、その実がギュッ引き締まる感じを表しています。動物=

「酉(とり)」=「糸酋(ちぢむ)←すみません漢字がみつかりませんでした~糸へんに酋という字です9月(旧暦:8月):果実が成熟しきったピークの状態・・・これからはちょっと下り坂。動物=

「戌(いぬ)」=「滅(ほろぶ)10月(旧暦:8月):草木が枯れて死んでいく状態ですが、冬に備えて根に英気を集める状態でもあります。動物=

「亥(い)」=「閡(とざす)11月(旧暦10月):草木は果て、生命の力が種の内部にしっかりと収まっている様子。動物=いのしし

Kotobukiindoormamacc 以上、「何となくわかる」ってのもあれば、「んん?」っていうのもありますが・・・

 

 

 

・・・で、まずは、月の呼び名としてスタートした十二支が、後になって年や時刻・方角を表すのにも使用されるようになったんです。

日本には月の呼び名は「睦月」「如月」なんていうのがありますから、本来、中国で月の名前として考え出された十二支が、逆に、年・方角・時刻・・・という物のほうに定着したんでしょうね。

でも、十二支の4番めが「卯」で、4月が「卯月」というのは、何か関係があるんでしょうか?
また、調べなくては・・・

ところで、今日ご紹介したイラスト・・・気に入ったのがあれば、コピーして使っちゃってくださっても結構ですので、どうぞ!

2010年用の寅のイラストは、2009年12月1日のページ【いよいよ師走~年賀状の由来と年賀状イラスト】へどうぞ>>

これまでブログにupした画像で、年賀状に使えるイラストを集めた【年賀状に使えるイラスト集】もよろしく>>
 

内容が「おもしろかった」「年賀状イラストが気に入った」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログ内での人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)
あなたの応援で元気でます!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 奈良の都の住宅事情~貧しい庶民の実態 | トップページ | 「トイレの日」なのでトイレの歴史 »

由来・起源・雑学・豆知識」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

コメント

学生時代に何の授業だったかは忘れちゃいましたが、話の流れから干支の話題になり、干支は古代中国で発生し日本に入ってきたんやでって言うてたんを思い出しました。んでその時に言うてたんは中国で発生したから竜=辰は神聖視される動物だから入ってるけど、西欧で発生したモンだったら竜は悪の象徴として見られる場合が多いから干支には入らなかった可能性が有るだろう、またその他の動物も中国に実在した動物が当てはめられてるトコを見て解るように中国人の自然観や動物に対するイメージが色濃く反映されてる事が見て取れる。もしも、これが中国じゃなく東南アジアの方だったら全然違った動物が干支になってたかも知れないな。なんて話をされたことを思い出しました。

投稿: マー君 | 2008年12月15日 (月) 00時02分

マー君さん、こんばんは~

そう言えば、ずいぶんと昔に、「龍をドラゴンと訳すのはどうなんだ?」みたいな話を聞いた事があります。

この二つは別物ですもんね。

投稿: 茶々 | 2008年12月15日 (月) 00時47分

明けましておめでとうございます(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ。
最近はあまり記事を見ていませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
このブログも10周年になりますね(o^-^o)。
今年は申年で関東だと栃木の人には当たり年です。
もう少しすると私の干支になります。


>龍をドラゴンと訳すのはどうなんだ。
理由は東洋の龍と西洋のドラゴンは別物。
なるほど、ドラゴンクエストにモンスターとして出る「ドラゴン」は西洋風ですね。
中国風の水墨画とかでの龍は雲のあたりに浮揚していますね。

投稿: えびすこ | 2016年1月 2日 (土) 10時19分

えびすこさん、明けましておめでとうございますm(_ _)m

そうですね。
日本の言葉には、西洋の言葉に直訳できない物がたくさんありますね。
まぁ、逆もしかり…でしょうが

投稿: 茶々 | 2016年1月 2日 (土) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/8832288

この記事へのトラックバック一覧です: 「えと」十二支の由来・意味と年賀状イラスト:

» 干支ぱわ〜 [@・・@<めぇ]
みなさん!ご存知でしたか?辰・・・つまり「龍」は、干支「最強」の動物なんですよ!12支の「支」は、木の枝を表し、12段階の草木の生長ぶりを表したものなんですね。12支にそれぞれの動物が当てられるようになったのは、戦国時代(中国の戦国時代なので紀元前400年頃です)からで、これは文字を読めない人々のために、絵で月を表すよう考え出された物で、本来の月の名前が持つ草木の様子と、動物の特徴や雰囲気を当てはめたもの、なのだそうです。「子(ね)」=「根(ね)」冬至を含む12月(旧暦の11月):草木の種が発芽の準... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 20時10分

« 奈良の都の住宅事情~貧しい庶民の実態 | トップページ | 「トイレの日」なのでトイレの歴史 »