« 労働者のヒーロー・煙突男登場! | トップページ | 石舞台古墳のあるじは? »

2007年11月17日 (土)

独眼竜・政宗を智将に変えた人取橋の合戦

 

天正十三年(1585年)11月17日、父の弔い合戦と称して兵を挙げた伊達政宗と、畠山・佐竹・芦名の連合軍が、瀬戸川(阿武隈川の支流)に架かる一本橋付近で繰り広げた戦い『人取橋(ひととりばし)の合戦』がありました。

・・・・・・・・・・・

やがて奥州の覇王となる、ご存知、独眼竜・伊達政宗

幼い頃、疱瘡にかかり、片目を失明した政宗は、母親から見放され、卑屈になり、ひきこもりになりかけていたところを、名僧・虎哉宗乙(こさいそういつ)という超一流の家庭教師によって救われる事になります。

やがて、その眠れる竜が華々しい初陣を飾ったのは15歳の時・・・3年間にわたるその戦いで、侵略されていた伊達の旧領を取り戻すという快挙を成し遂げ、奥州にその名が知られる事となります。

ちょうど、畿内では、織田信長本能寺で自刃(6月2日参照>>)、主を襲った明智光秀羽柴(豊臣)秀吉が討った山崎の合戦(6月13日参照>>)があった頃・・・この頃の南部奥州はまさに群雄割拠の時代でした。

政宗が三春城主・田村清顕(きよあき)の娘・(めご)と結婚していた事で、田村郡の田村家とはつながりができていましたが、会津(福島県)芦名家岩瀬郡二階堂家白河郡白河家石川郡石川家、そして、常陸(茨城県)佐竹家といった彼らが、この先、若き独眼竜の前に立ちはだかる事になります。

政宗の勇猛果敢ぶりに、天正十二年(1584年)には一旦は和睦を結んで、平穏な日々を過ごす東北の雄たち・・・その間に18歳になった政宗は、父・輝宗の家督を継ぎ、第十七代・伊達家の当主となります。

ちょうど、紀州・四国と次々と平定の範囲を広げていた破竹の勢いの秀吉も、東北には、未だ手付かずの状態。

勢いがあるとは言え、政宗もまだまだ若い・・・誰も突出した武将のいない状態の東北では、平穏を装いながらも、誰もが虎視眈々と仙道の制覇を狙っていたのです。

仙道とは、仙台・信夫(しのぶ)・安達・安積・岩瀬・白河を通る東北地方を縦断する道の事・・・戦国を通して、「京を制する者は天下を制する」と言われたように、東北では「仙道を制する者は東北を制する」と言われていたのです。

仙道は東北の武者が関東へと向かう道・・・そこを制することができたなら、京への道も開ける事にもなります。

そんな中、翌年の天正十三年(1585年)、伊達家に属していた小浜城(福島県・安達)主・大内定綱が会津の芦名氏に寝返るという事件が起こります。

血気盛んな政宗がそれを許すはずはありません。
すぐさま挙兵して定綱が籠る小手森城へ攻め寄せます。

定綱の軍と、それを支援する芦名軍を次々と撃破する伊達の軍勢・・・定綱は、密かに小手森城を脱出し、畠山義継二本松城(福島県二本松)へ救いを求めて逃げ込みます。

勢いのある伊達軍を前に、「とにかく、ここで戦ってはまずい」と判断した義継は、政宗の叔父・伊達実元(さねもと)を通じて和睦を申し入れてきます。

その時の条件は、畠山の領地の大部分を伊達家の物に・・・そして、嫡男・国王丸人質として差し出す事。

政宗にとって、悪い条件ではありません。

天正十三年(1585年)10月6日和睦は成立し、この一件は決着がつきました。

しかし、和睦が成立した2日後・・・
そのお礼にと、すでに隠居していた政宗の父・輝宗のもとを訪れた畠山義継。

なごやかムードで終った会見の後、見送りに出た輝宗に刀を突きつけ、馬にて拉致したのです。

逃げる義継・・・父の急を聞いて救出に向かう政宗。
義継以下30人ほどの畠山勢は、阿武隈川のほとりまでやってきます。
川を渡れば、二本松城。

「そうはさせるか!」と、鉄砲隊で取り囲む伊達勢・・・しかし、義継たちの集団の中には、拉致された父がいます。

ちゅうちょする伊達勢に、輝宗が叫びました。
「構わん!わしもろとも撃て!」
涙を呑んで、狂ったように鉄砲を撃つ伊達勢・・・義継はもちろんですが、輝宗も、ここで命を落とします。

ん~っと、実はこの父殺害の一件。
腑に落ちないところが多々あるのですが、今日は『人取橋の合戦』のお話なので、この一件の検証は、その日(10月8日参照>>)にさせていただく事として、今日のところは、「しかたなく父を撃った」という通説を採用させていただいて、次に進ませていただきます。

なんせ、人取橋での戦いは、この父の弔い合戦なのですから・・・。

輝宗の初七日が過ぎてまもなく、政宗は、「父の敵討ち」という大義名分を掲げて、二本松城の畠山を攻めるべく挙兵します。

迎え撃つ畠山・・・人質になるはずだった国王丸にもとには、「このまま伊達の勢力を拡大させてはならない」と考える諸将らが集います。

この決戦のおおもととなった大内定綱はもちろん、常陸の佐竹義重、会津の芦名亀王丸以下、岩城常隆石川昭光白河義親・・・反伊達派総動員の連合軍の軍勢は、なんと!3万の大軍となります。

迎える政宗はわずか4千。

天正十三年(1585年)11月17日両軍は、瀬戸川周辺の一本橋付近でぶつかります。

無謀とも言えるこの合戦は、予想通りの激戦となりました。

政宗の老臣・鬼庭左月(おにわさげつ)が討死します。
一族の伊達成美(しげざね)も、側近の片倉景綱も、一時、苦境に立たされます。

しかし、とんでもない兵力の差のわりには、一進一退で、死に物狂いで何とか頑張り続ける伊達勢。

この時、伊達勢が、瀬戸川にかかる一本橋を渡る敵兵を、一人ずつ待ち伏せして討ったとも言われ、その事で、この一本橋が、後に「人取橋」と呼ばれるようになったのだとか・・・。

やがて、日は暮れ、政宗は夜襲を警戒しつつ野営をし、明日の戦いに備えます。

ところが、この時、敵勢の中でも最も主力だった佐竹の軍勢が、謎の撤退をし始めていたのです。

実は、この出兵の間に手薄になった本拠地・常陸に、水戸城主・江戸重道が急襲をかけていたのです。

慌てて本拠地に帰還する佐竹勢。

主力の撤退に士気が下がる連合軍。
さらに、追い討ちをかけるように、安房(千葉県南部)里見勢乱入の噂も立ち始めます。

戦意を失った連合軍は、石川・・・芦名・・・と、次々と戦場を離れて行き、合戦は中途半端な形で幕を閉じます。

とにもかくにも、政宗自身は、最大のピンチから脱出し、態勢を整えるチャンスを貰った事になります。

ならば、「態勢を立て直して、ここで、一気に二本松城を攻め落とし・・・」と、誰しもが予想するところですが、政宗は、そうはしませんでした。

今まで、血気にまかせて繰り返してきた戦い・・・しかし、二本松城を攻めれば、その勢いを恐れる反伊達家の東北の武将たちが連合を組む事を、この合戦で身を持って知ったのです。

この時から、政宗の戦い方が変わります。
力まかせ、勢いまかせの突進から、知謀の将へと変わるのです。

関東北条氏とよしみを通じて佐竹を圧迫したり、芦名に牽制をかけてみたり・・・。

やがて、一皮向けた独眼竜は、『摺上原(すりあげはら)の合戦』(6月5日参照>>)で芦名氏に勝利し、23歳にして奥州の覇王となるのです。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 労働者のヒーロー・煙突男登場! | トップページ | 石舞台古墳のあるじは? »

戦国・桃山~秀吉の時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/8956816

この記事へのトラックバック一覧です: 独眼竜・政宗を智将に変えた人取橋の合戦:

» 福島を巡る(二日目)〔その一〕 [杜の里から]
福島ツァー二日目、晴れてれば郡山市のお隣の三春町散策を予定していましたが、この日も天候は安定せず、そこで急遽予定を変更し、この日は奥さんのリクエストで伊達政宗ゆかりの地を訪ねる事としました。... [続きを読む]

受信: 2015年7月 3日 (金) 00時13分

« 労働者のヒーロー・煙突男登場! | トップページ | 石舞台古墳のあるじは? »