« 7月の歴史の出来事カレンダー | トップページ | 風林火山~孫子兵法・全十三章:目次 »

2007年12月28日 (金)

順徳天皇の心の内は・・・

 

承元四年(1210年)12月28日、土御門天皇が退位し、守成親王が第84代・順徳天皇として即位しました

・・・・・・・・・・

第84代・順徳天皇・・と聞いて、すぐに『承久の乱』を思い出せる人はスゴイです(゚ー゚;。

承久の乱は、何かと、オヤジさんの後鳥羽上皇が目立っていて、順徳天皇はその影に隠れてる・・・って感じがしますからね。

そう、順徳天皇は、後鳥羽上皇の第三皇子・・・この順徳天皇の生母が、メチャメチャ後鳥羽上皇に愛されていたため、彼もその寵愛を一心に受ける事となったのです。

そんな後鳥羽上皇の強い働きかけで、土御門天皇は退位し、この承元四年(1210年)12月28日にその後を継いで即位したのです。

温厚でおとなしい土御門天皇とは違って、順徳天皇は気性の激しい人だったようですが、この頃は、もっと気性の激しい父・後鳥羽上皇が院政をしいていたため、政治面では、「何をした」と、特筆するような実績を残せずじまいでした。

しかし、その気性の激しさは、歌の面で発揮されます。

18歳の時には、あの『小倉百人一首』で有名な藤原定家(5月27日参照>>)に、歌で勝負を挑んだりなんかしてますし、他の人との勝負のジャッジを定家に頼んだりもしています。

確かに、歌では、単なる強気だけでははく、実力も、ともなっていたようで、わずか9歳で『古今集』竟宴(きょうえん・編集後の宴会)に、物歌人に混じって名を連ねたり『新古今集』の撰者にもあげられています。

しかし、そんな天皇の生活は、承久三年(1221年)に一変します。

その二年前に、鎌倉幕府の3代将軍・源実朝が暗殺され、頼朝の直系の源氏が途絶えてしまったのを、絶好のチャンスと見た後鳥羽上皇が、幕府打倒に兵を挙げた・・・これが世に言う承久の乱です。(5月14日参照>>)

気性の激しいオヤジのとばっちりで・・・と言いたいところですが、実は、順徳天皇はけっこうノリノリで、オヤジさんの計画に関わっていたようで、挙兵の1ヶ月前の4月には、息子・懐成(かいなり)親王に皇位を譲って、上皇という自由な立場になって、はりきって参加しています。

しかし、彼が迎え撃ったのは、天皇家の謀反という前代未聞の実態に、逆に結束を固めた鎌倉武士・19万という大軍でした。

あっという間に敗退し、7月には佐渡へと流される順徳天皇・・・この時、25歳という若さでした。

それから20年余り、島を一歩も出る事なく仁治三年(1242年)9月12日46歳で、彼はこの世を去りました。

お互いに切磋琢磨して、歌の道に励んだ藤原定家は、さすがに『新勅撰和歌集』には、鎌倉幕府に気をつかって、順徳天皇の歌を選ぶ事はありませんでしたが、あの『小倉百人一首』には、しっかりとその歌を採用して、順徳天皇の心の内を偲んでいます。

♪百敷(ももしき)や 古き軒端(のきば)の しのぶにも
 なほあまりある 昔なりけり♪

「皇居は軒にしのぶ草が生えるほど荒れ果ててしまった・・・華やかだった昔が懐かしい」

父とともに、現実の状況を、見事に見誤ってしまった順徳天皇。

彼もノリノリだったとは言え、生涯流罪となるには、25歳というのは、少し若すぎる・・・お気の毒でなりませんねぇ。

♪ながらえて たとえば末に かえるとも
 憂
(う)きはこの世の 都なりけり♪
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 7月の歴史の出来事カレンダー | トップページ | 風林火山~孫子兵法・全十三章:目次 »

鎌倉時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/9602574

この記事へのトラックバック一覧です: 順徳天皇の心の内は・・・:

« 7月の歴史の出来事カレンダー | トップページ | 風林火山~孫子兵法・全十三章:目次 »