« 歴史クイズ~クイズの日にちなんで・・・ | トップページ | 武田信玄最後の戦い~野田城・攻防戦 »

2008年1月10日 (木)

五臓六腑って、どこ?

 

五臓六腑(ごぞうろっぷ)・・・・

よく、「いやぁ、こりゃ、五臓六腑にしみわたるねぇ」
な~んて事を言いますが、『五臓六腑』って何?どこ?って思いませんか?

もちろん、ホルモン焼きチェーンの五臓六腑じゃありません。

「体全体の事を指しているんだろうな?」という漠然とした意味はわかりますけど・・・実は、この五臓六腑、あの暦などでたびたび耳にする『陰陽五行説』とも関わりがあります。

『陰陽五行説』は、古代の中国で考えられるようになった哲学的な宇宙の法則。

「宇宙が、まず、始めに陰と陽の二つの気に分かれて、その陰と陽から、さらに五つ(五行)が流れ出て、この五行の相互作用で、地球上の万物を生み出した」
という物です。

五行と言うのは、「木・火・土・金・水」の五つの元素で、この世のすべての物が、この五元素によって形成されるというのです。

・・・で、その宇宙エネルギーである陰陽と、そこから出た五行ですから、当然、地上に生きる人間の状態にもそのエネルギー作用があるわけです。

そして、人間の体も、一つの小宇宙という考えから、それぞれが陰陽五行に当てはめられました。

Gozouroppucc_2陰=五臓が、肝臓心臓脾臓(ひぞう)
        腎臓の五つで、
陽=六腑が、胆嚢(たんのう)小腸
       大腸膀胱(ぼうこう)そして、
       三焦(さんしょう)の六つです。

この三焦というのは、上焦・中焦・下焦に分かれた、三つの生命を動作させる場所・・・という事ですが、現在の西洋医学では、それにあてはまる臓器はありません。

一応・・・
上焦が邪気を排出し、気を取り入れる場所。
中焦が食物を栄養に変える場所。
下焦が不要な物を排出させる作用の場所
・・・という事になってます。

この五臓六腑に、経路を通って陰陽2気の宇宙エネルギーが循環していて、順調に巡っている状態が健康。

経路に毒素が溜まって、順調に気が循環しなくなって、ある場所に止まった状態になるのが、「気が病んでいる」・・・つまり『病気』という風に考えたのです。

宇宙エネルギー(気)の溜まる場所がツボで、その場所に刺激を与えて、エネルギーを順調に循環させようというのが鍼灸、様々な薬を服用して巡りを良くしようというのが漢方薬

これらが、漢方医学へと発展していくのです。

このような中国の考え方が日本に伝わったのは、欽明天皇の頃(540年~571年)・・・あの仏教伝来(10月13日参照>>)とともに、朝鮮半島を経由してやってきます。

その後、推古天皇の時代(593年~628年)には、斐世清という人物率いるの使節団が海を越えて来日し、中国から直輸入されます。

さらに、小野妹子犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)らの遣唐使たちによって、様々な書物が持ち帰られ、日本にも漢方が根付く事になるのです。

ところで余談ですが、上記の表を見ていただければわかるように、五臓=陰ののところにあるのが肝臓。
それに相対する六腑=陽ののところにあるのが胆嚢となっていますよね。

よく、心が通じ合った仲の良い関係の事を「肝胆あい照らす」と言いますが、この言葉は、五臓六腑の対応関係から生まれた言葉なんだそうです。
 .

「なるほど」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 歴史クイズ~クイズの日にちなんで・・・ | トップページ | 武田信玄最後の戦い~野田城・攻防戦 »

由来・起源・雑学・豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/9803769

この記事へのトラックバック一覧です: 五臓六腑って、どこ?:

« 歴史クイズ~クイズの日にちなんで・・・ | トップページ | 武田信玄最後の戦い~野田城・攻防戦 »