« 3月の出来事カレンダー | トップページ | 「みその日」なので、お味噌の歴史+味噌天神の話 »

2008年1月29日 (火)

人口調査記念日~昔の人口ってどれくらい?

 

明治五年(1872年)1月29日、日本で初めての人口戸籍調査が行われた事を記念して、今日は『人口調査記念日』という記念日なのだそうです。

・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、聞くところによれば、当時の日本の総人口は、約3300万人だったとか・・・。

平成十七年(2005年)の国勢調査の数字を見てみると、現在の総人口は約1億2千700万人・・・ごく最近は減少傾向にあるとは言え、130年間でたいしたモンです。

ところで、近代史よりも、古い時代が好きなワタシとしては、昔々(特に奈良時代とか)の日本の人口ってどのくらいだったんだろう?・・・と気になるところではあります。

・・・と、なんと、それを計算した数学者さんがいらっしゃるとか・・・

沢田吾一さんというかたで、正倉院などに現存する税の徴収記録や、戸籍・計帳の記載はもちろん、国民生活と民政経済の実態をも数字にして計算した結果、平城京に都があった奈良時代の総人口約600万人と算出されました。

この数字は、昭和二年(1927年)に発表された研究で、異論もない事はありませんが、これをくつがえすほどの意見は未だ存在せず、現在もこの数字が定説となっています。

以前、「大宝律令」のページ(8月3日参照>>)で書かせていただきましたが、しっかりと税金を取るためとは言え、当時は、ほぼ完璧な形で人口の掌握がされていた事を考えれば、かなり信用できる数字です。
(もちろん、平城宮跡は現在も発掘調査が進行中ですから、新発見でくつがえされる事もあります。)

そして、その全国600万人のうち、約30分の1に当たる20万人ほどが、首都=平城京に住んでいたと言われています。

もちろん、華麗な都生活をしていたのは、ごく一部の人ですが・・・(11月8日参照>>)

現在の首都・東京都の人口が1257万人ですから、全国の約10分の1の人が東京に集中している事になります。

しかし、実はこの数字。
現在のこの10分の1という人口比率が別格なのであって、日本の歴史上、長きに渡って、この首都の人口が全国の30分の1という数字は、あまり変わる事は無かったのです。

その時代には、世界一の大都市と言われた江戸も、奈良時代から続く全国の人口の30分の1という数字を保っていたのです。

もちろん、江戸という町は、徳川家康が幕府を開くまでは、小さな漁村しかなかった場所ですから、急激な民族大移動が起こった事は確かですが・・・。

家康が幕府を開いた慶長八年(1603年)頃から、江戸城の大規模な増築が行われ、その城郭は現在の千代田区全域に及ぶほどで、その周囲に、京橋・日本橋・神田などの町が次々と誕生していったわけですが、わずか10年後の慶長十八年(1613年)に江戸を訪れたイギリス大使が、「イギリスのどの都市よりも大きい」と言ったという逸話も残っていますから、その急成長ぶりは、さぞかしスゴイものだったでしょうね。

ぞくに『大江戸八百八町』と言いますが、八百八町どころか、徳川のお膝元、成長し続けた江戸の町は、正徳三年(1713年)頃には、合計九百三十三町あったそうです。

その頃の首都・江戸の人口は約110万人

大名やその家臣・奉公人が28万人。
旗本とその家臣・奉公人が21万人。
町人が55万人で、無職が2万人。
牢屋に捕まっている人が2万人。
・・・という事なので江戸の街中での武士と町人の比率は半々といった感じでしょうか。

さらに町は大きくなり、最終的に幕末の頃には二千七百七十町となった江戸の町でしたが、それでも実際の市街地は、現在の山手線の内側に収まる程度だったそうです。

これって、いかに現在の首都集中がスゴイかわかりますね。

ちなみに、武士と町人の人口の比率は、四民平等となる明治の頃まで変わらず、やはり半々ぐらいでしたが、土地の所有権に関しては、明治二年(1869年)の正式な調査によると、江戸の町の60%が武家所有20%が社寺所有・・・って事は、残りの20%に、武士と同じくらいの人数の町人が住んでいた?・・・。

ありゃりゃ・・・庶民は、ぎゅうぎゅう詰め( ̄○ ̄;)!

平成の世となった今も、お役人が、街中の一等地に、広~くて、デカ~イ公舎をお建てあそばすのは、日本の伝統なのかしらん・・・。
 .

「なるほど」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 3月の出来事カレンダー | トップページ | 「みその日」なので、お味噌の歴史+味噌天神の話 »

記念日・○○の日」カテゴリの記事

コメント

明治時代の人口より現在の3倍すごいなー。それでこの時代で調査はじまったんや。
もし人類滅亡の数やったら、何倍減って
くるんやろう。

投稿: sisi | 2008年1月29日 (火) 20時36分

>sisiさん、コメントありがとうございます。

現在、日本の出生率が1.3くらいでしたっけ?

とにかく、このまま少子化に歯止めがかからなかったら、西暦3000年には、日本人がいなくなるとか・・・

アイアム・レジェンドの世界ですね~
コワイ・・・

投稿: 茶々 | 2008年1月29日 (火) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/10127663

この記事へのトラックバック一覧です: 人口調査記念日~昔の人口ってどれくらい?:

« 3月の出来事カレンダー | トップページ | 「みその日」なので、お味噌の歴史+味噌天神の話 »