« 浄土真宗を日本一にした蓮如の経営戦略 | トップページ | 秀吉も催した勝利の聖地・吉野の花見の意味は? »

2008年2月26日 (火)

二・二六事件の残したものは・・・

 

昭和十一年(1936年)2月26日未明・・・その日は30年ぶりの大雪に見舞われ、あたりは一面の銀世界でした。

シンと静まりかえり、まだ、目覚めぬ首都・東京の街を、靴音を鳴らし闊歩する陸軍兵士・1400名・・・皇道派の青年将校の指示に従い、兵士たちはそれぞれの場所へと分散し、官庁街を制圧するとともに、次々と政府要人を襲います。

軍隊の反乱事件『二・二六事件』です。

彼らに襲撃された斉藤実(まこと)内大臣、高橋是清(これきよ)大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監の三人は死亡

岡田啓介首相は義弟が本人と間違えられて殺されている間に身を隠したため本人は助かりその時、湯河原の温泉にいた前侍従長の牧野伸顕(のぶあき)も、襲撃を受けながらも旅館を女装して脱出し難を逃れました。

そして、侍従長の鈴木貫太郎は、腹部に銃弾4発を撃ち込まれて倒れたところを、とどめを刺そうと近づいた青年将校の一人・安藤輝三が、鈴木の奥さんの泣きながら「助けて・・・」と懇願する姿にほだされ、「ほっといても死ぬだろう」と、そのまま引き揚げてくれたおかげで一命をとりとめました。

当時、陸軍は「軍部が一致団結して官僚や政治家を抱きこみ、軍部中心の国家にしよう」という『統制派』と、「政党や財閥を排除して、天皇中心の国家にしよう」という『皇道派』に真っ二つに分かれて、覇権を争っていました。

今回の反乱を起した彼らは、『皇道派』の青年将校たちです。

反乱軍は国会議事堂・陸軍省・参謀本部・警視庁・首相官邸などの政府の主要機関を占拠し、川島義之陸相に反乱の趣旨と要求をつき突きつけます。

しかし、その要求の内容は、「改革を断行しろ」と主張するも、具体的な内容としては「統制派軍人を排除して皇道派軍人を登用しろ」という事が書かれているたけで、「その改革の断行がどのような物なのか?」という事については、何やら漠然とした主張でした。

ともあれ、この事態を何とか収拾しなければなりません。

しかし、陸軍の長である川島は、陸軍を陸軍で討つ事・・・つまり同士討ちはしたくないと主張し、皇道派の要人は、当然のように反乱軍の主張を容認します。

陸軍大臣までが、「君たちの気持ちがよくわかる、その趣旨に従って改革を行おう」と、公式に告示します。

この事態に業を煮やして行動を起したのが、他ならぬ昭和天皇です。

「反乱軍をすみやかに鎮圧せよ」という命令に、「彼らは国家の事を思い行動を起こした者で反乱と言えるかどうか・・・」と弁護する周囲に対して、昭和天皇は「自ら近衛師団を率いてでも鎮圧する」と、まさに激怒です。

それは、青年将校たちが、「天皇の敵」とみなして殺害し襲撃した人々が、実は天皇にとっては、最も信頼できる臣下であり、彼らを排除するなどとは考えられなかったからなのです。

ですから、青年将校たちの主張が「天皇中心に改革するため」だと言われても、昭和天皇にとっては正真正銘の反乱軍だったのです。

その後、同士討ちを避けたい陸軍は、反乱軍に対して投降を呼びかけ、昭和天皇の支援を得られない事を知った青年将校たちも次々と説得に従い、事態は鎮圧に向かいました。

しかし、この事件は、その後の陸軍に大きな影響を与えてしまいました。
それは、この事件の首謀者たちへの処分です。

彼らは、非公開で弁護人なし、上告の許されない一審制により裁判され、首謀者15名全員が死刑となるのです。

この事によって、陸軍内の皇道派は一気になりを潜め、陸軍の権力を統制派が牛耳る事になるのです。

その後、彼ら統制派は、この二・二六事件を引き合いに出しては、たびたび軍部の意向を政策へと反映させる事になり、日本は軍部中心の軍国主義への道を歩み始める事になるのです。

やがて、その軍国主義の最終段階である太平洋戦争・・・

その太平洋戦争を終結するためにつくられた内閣の首班(総理大臣)が、この二・二六事件で、ひん死の重症を負いながらも、奇跡的に生き残った鈴木貫太郎であったという事に、何やら、運命のような物を感じてしまいますね。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 浄土真宗を日本一にした蓮如の経営戦略 | トップページ | 秀吉も催した勝利の聖地・吉野の花見の意味は? »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

そういえばこの日の事件だね。
記事内の高橋是清のことを思い出しちゃった!
動物にたとえると、ムク犬に似てるし、古いお札や記念切手の肖像のことを思い出します。似顔絵でいうと描きやすそうな感じかな。2月もあっという間に終わりそうね。

私は昨日も今日もブログに百人一首のビキニ女の似顔絵を更新してるのだ。

投稿: sisi | 2008年2月26日 (火) 18時33分

sisiさん、こんばんは~

sisiさんの絵・・・
水着in有馬温泉ですか・・・
そう言えば、最近、箱根観光に来る中国人が急増しているというニュースをやってましたが、皆、温泉に水着で入ってましたね~。

裸で入る気持ちよさを知ってる日本人としては、水着着用はもったいない気がしてなりません。

投稿: 茶々 | 2008年2月26日 (火) 20時05分

茶々さん、
この事件前に相沢事件で永田鉄山という石原莞爾以上に世界戦略ができる統帥派の総帥が殺されましたが、永田が元気だと未然に防いだと思います。実際に磯部などは暗殺を知って、辞めさせました。そういうのがなかったからだと思います。世界戦争というのは避けられなかったのは事実だと思いますが、戦略がその後立てられるのがいなかったし、みじめな敗戦になったでしょう。
ところで三島由紀夫の英霊の声、殉死などは226の将校といいますか北一輝の哲学からと書きましたが、
226の将校は北一輝の中身を聞いていたと思います。貴族院の廃止、今の地方行政制度、内閣は今みたいにとか華族制度の廃止、確か自由婚などを提案していました。国家総動員体制もそうですがかなり社会主義の傾向が強いです。昨日幸徳秋水の書物を読んでいますと姦通罪の廃止など自由婚、もしくは葬儀などの廃止を提案したり、宗教教育の否定もしました。所謂修身教育、今の道徳も否定するものでした。ですので彼らは保守でなく社会主義が中身の国家主義者でした。同じ国家主義でも世界戦争などの対策や総動員体制について勉強していない皇道派は付け焼刃だったと言えます。実際にあの行動はテロです。

投稿: non | 2016年6月 9日 (木) 06時44分

nonさん、こんにちは~

やっぱり近代史は苦手です。
事実を追うのが精いっぱいで…(/ー\*)

投稿: 茶々 | 2016年6月 9日 (木) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/10763361

この記事へのトラックバック一覧です: 二・二六事件の残したものは・・・:

« 浄土真宗を日本一にした蓮如の経営戦略 | トップページ | 秀吉も催した勝利の聖地・吉野の花見の意味は? »