« あをによし奈良の都のお水取り | トップページ | 刃傷・松の廊下~事件を目撃した松はどんな松? »

2008年3月13日 (木)

秀吉VS家康~犬山城攻略戦by小牧長久手の戦い

 

天正十二年(1584年)3月13日、豊臣秀吉に促された池田恒興が尾張・犬山城を攻略!
『小牧・長久手の戦い』と総称される一連の合戦の火蓋が切られました。

・・・・・・・・・・・・

天正十二年(1584年)3月13日、この日、徳川家康尾張に入り、清洲城織田信雄と会見しています。

そう、この『小牧・長久手の戦い』は、織田信長亡きあとの羽柴(豊臣)秀吉に脅威を感じた信長の次男・織田信雄が、徳川家康と連合軍を組んで挑んだ戦いです。

1ヶ月後の4月に起こる長久手の戦い(4月9日参照>>)と、さらに、その2ヶ月後の6月から7月にかけての蟹江城攻防戦(6月15日参照>>)の、すべてをひっくるめて『小牧・長久手の戦い』と呼ばれますが、その中で3月に行われたこの前半戦は『小牧の戦い』と呼ばれます。

ただし、これは、家康が小牧山城に陣を構えた事による呼び名で、実際に小牧で合戦が行われたのではなく、今日3月13日の犬山城攻防戦と、3月17日の羽黒での戦い(3月17日参照>>)、そして、3月28日からの小牧の対峙(3月28日・小牧の陣>>)の事を言います。

そもそもの発端は、明智光秀の謀反によって、あの信長が、本能寺で突然亡くなった事に始まります。

信長の死の25日後に行われた後継者を決める清洲会議(6月27日参照>>)で、秀吉の推すわずか3歳の信長の孫・三法師が、その後継者に決定されてしまいます。

しかし、これは幼い三法師の後見人となって、事実上の実権を握ろうとする秀吉の思惑がミエミエ・・・納得がいかないのは、織田家で一番の重臣だった柴田勝家です。

勝家が推していたのは、信長の三男・神戸信孝・・・。

その信孝は、あの山崎の合戦(6月13日参照>>)にも参戦して、秀吉とともに光秀を討っているわけですから、信孝自身も、当然、納得がいきません。

しかし、そんな勝家が賤ヶ岳の合戦(4月21日参照>>)で秀吉に敗れ、居城・北ノ庄城で自害した時、秀吉の人たらしのワザにまんまと乗せられたのが信長の次男・織田信雄・・・彼は、この時、異母弟である信孝を攻め、失脚させてしまいます。

その後、信孝は秀吉に怨みをつのらせたまま自刃に追い込まれます(5月2日参照>>)が、当然天下を狙っているのは、秀吉自身・・・信雄のところに後継者の席が回ってくるわけがありません。

そんなこんなで、秀吉と信雄の関係がギクシャクする中、信雄は、自らの重臣・浅井田宮丸ら三人の家老を、秀吉に内通したとして暗殺してしまいます(3月6日参照>>)

この事によって、信雄と秀吉の関係は、ますます冷え切ってしまい、信雄は、秀吉に対抗できる実力者・徳川家康を頼る事になるのです。

家康としても、このまま秀吉の天下取りを、指を加えて見ているわけにはいきませんから、信雄を迎え入れると同時に、未だ秀吉の傘下とはなっていない土佐(高知県)長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)や、紀州(和歌山県)雑賀(さいが・さいか)根来(ねごろ)といった者たちに声をかけ、東と西から、羽柴方の拠点・上方を挟み撃ちすべく計画を練りはじめます。

早速、この動きを知った秀吉が、自ら、伊勢に向かって進撃を開始!

その時、羽柴軍を迎え撃ったのは、信雄から伊勢の援軍として派遣されていた犬山城主・中川定成・・・しかし、不運にも定成は、この時の戦いで戦死してしまいます。

早速、秀吉はその定成を失った犬山城を攻略すべく、美濃・岐阜城主・池田恒興(信長の乳兄弟)を向かわせます。

恒興は、天正十二年(1584年)3月12日深夜、鵜飼いの小舟を一箇所に集め、木曽川を渡り、背後から犬山城に奇襲をかけ、明けて3月13日この城を攻略しました。

これは、信雄にとっては一大事。

なんせ、信雄は尾張(愛知県西部)伊勢を領地とし、清洲城(愛知県清洲市)を居城としているのですから、テリトリーの範囲内に入ってこられた・・・どころか、もう、目の前の場所を落された事になります。

そして、冒頭に書いた清洲城での、家康と信雄の会見です。
もう、これは会見というより、軍儀です。

この先、秀吉の進撃をどうやって食い止めるか?

そして、家康は、かつて信長が一時期居城としていた小牧山城に陣を張り、決戦の場所・羽黒へと向かいます。

天下に轟く両雄・・・秀吉と家康が相まみえた『小牧長久手の戦い』の幕が、いよいよ上がりました・・・と、この先を進めていきたいところですが・・・・

今日のお話の続き、羽黒での合戦のお話は、やはりその日・・・3月17日のページでどうぞ>>
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログの人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!
↓ブログランキングにも参加しています

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« あをによし奈良の都のお水取り | トップページ | 刃傷・松の廊下~事件を目撃した松はどんな松? »

戦国・桃山~秀吉の時代」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですsun
歴史の話ってすごくいろんな人物が登場してきますよね。当時のそういった記録があるって凄いなぁ~と改めて思いました。

ところで、あをによしってどういう意味ですか?coldsweats01

投稿: 見習い大工 | 2008年3月13日 (木) 12時53分

こんにちは~
見習い大工さん、コメントありがとうございますhappy01

「あをによし」というのは、「奈良」にかかる枕詞(まくらことば)です。

枕詞というのは、和歌を詠む時のルールみたいな物で、ある特定の言葉(主に名詞)を歌に読み込む時につける飾りのような物です。

たとえば、単に「シャア」と言うより「赤い彗星・シャア」と言ったほうがカッコイイ気がする・・・そんな感じでしょうか・・・。

もともとは、意味があってその言葉の飾りとして使われていたらしいですが、今ではなぜその言葉の枕詞がソレなの?とつながりがわからない物も多数あります。

「あをによし」の場合は、漢字で「青丹によし」と書くところから、建物などに塗る「青丹」の染料の産出地が奈良であったから、とか、青丹を精製する事を「ならす」と言ったので奈良の枕詞になったとか言われています。

♪あをによし、寧楽(なら)の京師(みやこ)は、咲く花の、
薫(にほ)ふがごとく、今盛りなり♪
・・・という感じで、奈良の美しさを強調する飾りとして枕詞が使われます。

他にも、「飛ぶ鳥=明日香(あすか)」のように枕詞の影響で「飛鳥」と書いて「あすか」と読むようになった物とかもあります。

この枕詞については、いつか記事としてブログに書いてみたいと思っています。

投稿: 茶々 | 2008年3月13日 (木) 16時01分

いつも楽しく見させていただいています。
自分の記事を書くときにいつも参考にさせていただいているのですが、今回は特に勉強になりました。
特に、九鬼嘉隆の三河進行説は非常に興味深く、今は記事の途中でなんとも言えないのですが、できれば記事に取り入れたいと思っているところです。

今後もここで勉強させていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: TV-Rocker | 2011年4月23日 (土) 00時05分

TV-Rockerさん、こんばんは~

まさに「歴史は日々進歩する」ですね。

様々な研究で、イロイロな説が登場して、妄想するのが楽しいです。

こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2011年4月23日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/11265374

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉VS家康~犬山城攻略戦by小牧長久手の戦い:

» 【秘蔵写真館】投稿写真・犬山城 [ひらりんげんぞう日記]
曜日別連載、土曜日は私がこれまでに撮影してきた10000枚超の写真の中から、面白いものや珍しいものをピックアップ。また、写真投稿があった場合もここで掲載する。 今回は3月29日に職場の人から送られてきた写真を2枚紹介。愛知県の犬山城(いぬやまじょう)へ行った際に...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 13時41分

« あをによし奈良の都のお水取り | トップページ | 刃傷・松の廊下~事件を目撃した松はどんな松? »