« 秀吉の小田原征伐・開始~山中城落城 | トップページ | 芸術か?ワイセツか?博覧会の裸体画で大論争 »

2008年3月31日 (月)

「そばの日」なのでお蕎麦の歴史

 

毎月、末日=30日か31日(2月は28日か29日)『そばの日』という記念日なので、今日は「お蕎麦の歴史」について・・・。

江戸時代の商人たちが、毎月の末日に、何事も、細く、長く、という願いを込めた縁起物として、そばを食べていた事に由来して、日本麺業団体連合会が設定したのだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そばの原産地はアジア中央部と東部。
麺の形になった「おそば」を想像すると、日本独特のような気持ちになりますが、現在でも、インド北部の山岳地帯をはじめ、中央アジアの多くで栽培されているのだとか・・・。

リンゴのなる所にそばがなる・・・とも言われるそうで、日本では北海道九州信州戸隠妙高など真夏でも20度以下で、火山灰の土地に品質の良い物が育ちます。

どんな場所でもよく育つので、凶作の時には、麦や栗とともにお国推奨の生産物として、人々の飢えを助けてくれました。

そんな「そば」が、日本にやって来たのは、奈良時代のはじめの第44代・元正天の頃・・・あの大仏建立で有名な聖武天皇の一代前の天皇が元正天皇です。

『続日本紀』には、養老六年(722年)に初めて栽培された事が記録されています。

中国から朝鮮半島を経て伝わり、「ソバムギ」「クロムギ」と呼ばれていましたが、奈良時代中期から平安時代には、「そばがき」「そば練り」として食べられるようになりました。

やがて、江戸時代、そばは画期的な方法で変貌を遂げます。

それは、朝鮮からやってきた元珍という僧が、小麦粉をつなぎとして入れ、こねてのばして切る・・・いわゆる麺類としてのそばの作り方を、東大寺の僧に教えたのです。

これが、ちょうど醤油の発明(10月1日参照>>)と同調した形となって、そばつゆが作られた事により、「おいしい」「おいしい」と、江戸で大評判となるのです。

江戸「夜鷹(よたか)そば」として売り出されるのも、この頃・・・

ちなみに、京都大阪では、同時期に「夜泣きうどん」が大評判となってます。

やはり、すでに、「そば文化」「うどん文化」に分かれてますねぇ。

ところで、年の最後に食べる「年越しそば」の風習が始まったのも江戸時代です。

ただし、その意味や由来については諸説あり。

  • 寿命を長くのばし、家財を長く保って幸福を願う・・・というもの
  • 金細工の職人が、飛び散った金の粉を、そば粉を丸めて団子にした物でかき集めていたので、金が集まるように・・・というもの
  • そばは、細くナヨナヨしているが、風で倒れてもすぐ立ち上がるので・・・というもの

などなど・・・

引越しした時に、食べたり配ったりする「引越しそば」は、そばのように細く長~いおつき合いを・・・という意味が込められているのだそうです。

そばには、頭の栄養として重要なグロブリンがたくさん含まれているので、頭の回転が良くなるのと同時に、風邪にもかかり難くなるらしい・・・

さらに、そば湯には、体力増強や血圧を下げる効果もあり・・・それが、上記のように、痩せた土地でも栽培できるのだから、まさに、飢饉の救世主!

古代から、日本人は、そばに何度も救われてきたんでしょうね。

これからは、そんなこんなに感謝しながらおそばを食べる事にいたしましょう。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログの人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 秀吉の小田原征伐・開始~山中城落城 | トップページ | 芸術か?ワイセツか?博覧会の裸体画で大論争 »

記念日・○○の日」カテゴリの記事

コメント

私は黒そば大好きです。つゆつけて食べるとしあわせです。

私は信長と家康の夫婦で春の海水浴描きました。披見して下さい。(更新)

投稿: sisi | 2008年3月31日 (月) 13時05分

sisiさん、こんばんは~

私はどっぷり「うどん派」です。

今日はちょっと寒かったですが、すっかり春ですね~

信長&吉乃さんペアも見てみたい・・・

投稿: 茶々 | 2008年3月31日 (月) 22時04分

朝ドラ「おひさま」ではヒロインの夫の実家がそば屋です。
私は関東人ですがうどんが好きです。知り合いの島根の人も「うどん派」です。「年越しうどん」を食べる地域がありますね。もうすぐそうめんと冷麦の季節ですね。

投稿: えびすこ | 2011年6月 7日 (火) 20時41分

えびすこさん、こんばんは~

私は、どっちも好きです(*^m^)

投稿: 茶々 | 2011年6月 8日 (水) 01時50分

主人はおそば大好きです。ちなみに自宅周辺にも蕎麦畑がおおいです。たぶん常陸秋蕎麦かな?

投稿: sipponasi | 2013年3月31日 (日) 19時04分

sipponasiさん、こんばんは~

私は、そばは冷やしが好きです。。
冬でも冷やしで食べます!

投稿: 茶々 | 2013年4月 1日 (月) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/11995947

この記事へのトラックバック一覧です: 「そばの日」なのでお蕎麦の歴史:

« 秀吉の小田原征伐・開始~山中城落城 | トップページ | 芸術か?ワイセツか?博覧会の裸体画で大論争 »