« 毛利元就・九州制覇へ~立花城・攻防戦 | トップページ | 端午の節句は女の祭り? »

2008年5月 4日 (日)

荒木村重・謀反の真意は?

天正十四年(1586年)5月4日、利休七哲の一人荒木村重が52歳でこの世を去りました

・・・・・・・・・・・・・・・・

荒木村重・・・この人ほど、人生の前半と後半で生き方が変わった人はいないのではないか?と思うくらい、見事な転身をした人です。

まずは、主君・池田家の内紛に乗じて、池田勝政(勝正)高野山へ追放して、池田家を乗っ取ります

その後、池田家と肩を並べる和田家伊丹家を滅ぼして、摂津(大阪・兵庫)を統合し、一武将から大名へとのし上がるのです。

この斉藤道三を彷彿とさせる下克上ぶりを、あの織田信長は大いに気に入った様子で、そんな村重を特別待遇で、自らの傘下に迎え入れます。

元亀元年(1570年)に勃発した石山本願寺との合戦でも大活躍・・・天正元年(1573年)に浅井長政を滅ぼした時には、摂津守(せっつのかみ)という官位も授かっています。

ところが、天正六年(1578年)の10月21日・・・いきなり、信長に反旗をひるがえし、本願寺+毛利方に寝返るのです。

信長に対して、一方的に『本願寺+毛利派に味方する宣言』を発して、居城・有岡城(兵庫県伊丹市)籠ってしまう村重・・・。

さすがの信長も、その真意がわからず、何度も使者を派遣して(12月8日まん中部分参照>>)、その心の内を探ろうとしたり、「籠城なんてやめな!帰って来いよ~」説得したりしています

あの信長さんが、ブチ切れずに、説得してる時点で、いかに村重が優遇されていたかがわかるのですが、信長さんじゃなくても、わからないのは、そんなに大事にされていた信長に謀反を起した彼の心理です。

本当のところは、もちろん、村重本人に聞くしかないわけですが、今のところの推理は二つ・・・疑惑説と野望説です。

その疑惑説というのは、石山本願寺戦での包囲中に、村重の部下が本願寺に兵糧を横流ししていた事と、毛利方の神吉城(兵庫県加古川市)で敵兵を逃がしてやった事・・・もちろん、この疑惑の真偽のほどもわかりません。

ただ、信長の息子・信忠が、(上記の件の事を)誰かにチクられて仕方なく籠城したんだよね」と、村重を慰めるような手紙を送ったとの記録もあり、ホントかウソかに関わらず、信長に疑いをかけられた時点で、「もう、後に退けない」と思った可能性もあります。

もう一つの野望説は、あの宣教師・ルイス・フロイス・・・。

フロイスは「信長に敵対するのが、その時、天下を取る一番の近道であった事を彼(村重)は知っていたのだ」という風な事を書いています。

確かに、信長の傘下にいる限り、村重は摂津一国の主でしかありません。

しかし、もし、現在戦っている石山本願寺戦で、本願寺+毛利が勝ったら、自分は、信長とその重臣たちの上へ行ける事になります。

うまくいけば、畿内一円を牛耳る事も不可能ではないかも知れません。

本願寺+毛利の勝利という思惑が、絵空事ではない事は、この時、高槻城主高山友照が、村重に同調した事からも推測できます。

もちろん、友照だけではなく、摂津や播磨(兵庫県)多くの武将が、この時点で毛利に寝返るのですから、やはり、それだけ勝算があったという事でしょう。

現に、この村重の寝返りで、信長はかなり窮地に立たされる事になるのです。

しかし、信長のほうが一枚上手でした。

信長は、翌11月、即座に朝廷を通じて、石山本願寺に和睦を申し込むのです。

この和解は、結局、本願寺側が拒否したため、合戦がこの時点で終る事はありませんでしたが、時間は稼げます。

そう、信長はその間に、村重に同調した者たちへの切り崩し作戦に入るのです。

武将一人一人に、再び、味方になるように説得します。

この時、茨木城主中川清秀をはじめ、先ほどの友照の息子・高山右近も、悩んだ末、親子断絶覚悟で、信長についています(1月5日参照>>)

そうしておいて、信長は、自らが率いる大軍で、有岡城に攻撃を仕掛けるのです。

そんな中、一年近く踏ん張った村重でしたが、頼みにしていた毛利の援軍も来ない事がわかった天正七年(1579年)の9月さすがに負けを覚悟し、自刃か?・・・と思いきや、わずかな重臣だけを連れて、有岡城を抜け出し、息子のいる尼崎城へと逃亡を計るのです。

この時の、村重の格好がイケてます。

背中には、兵庫壷と呼ばれる茶壷を背負い、腰には立桐鼓という鼓(つづみ)をくくりつけての決死の脱出!

冒頭に書きましたように彼は、『利休七哲の一人』・・・茶の湯の道具とお能の道具は命の次に大切な物・・・「離すもんか!」と身体に固定していたのです。

そして、城主のいなくなった有岡城は、村重が脱出してから、わずか1ヶ月後の10月16日に開城されるのですが、当然、謀反を起した張本人がいない事にお怒りの信長さん・・・。
(ちなみに、この時、幽閉されていた黒田官兵衛(孝高・除如水)が救出されてます=10月16日参照>>

残っていた重臣が、信長と話し合い、「村重の降伏と、尼崎城の開城を条件に、現在、有岡城内にいる者の命を助ける」という約束を、何とか取り付けました。

しかし、何と、村重はこれを拒否し、そのまま、尼崎城からも姿をくらまします。

つまり・・・城内に残った妻子や家臣を見捨てた事になるワケです。

結果、開城から2ヵ月後の12月16日・・・当然の事ながら、荒木一族の妻子や兵はもちろん、女中にいたるまでの約600人は、京の市中を引き回され、斬首やはりつけ、火あぶりによって処刑されてしまうのです(12月16日参照>>)

その後も、点々と逃亡生活を送る村重・・・(3月2日参照>>)

やがて、再び姿を現すのは・・・そう、本能寺の変で信長が死に、豊臣秀吉の天下がやって来た頃です。

出家して道薫と号していた村重は、趣味の茶の湯の関係からに住み、やがて、秀吉のお伽衆(主君の話し相手となる側近)となるのですが、もう、その頃には、茶道も能楽もプロ並み・・・というよりは、もはや芸術家として大成し、その後は、茶会に明け暮れる余生を送ったのです。

なんせ、利休七哲の一人ですから・・・。

確かに、有岡城を脱出する時の、一件を見れば、茶の湯や能を大事にしていたのはわかりますが、まるで、武将としての再起を、まったく忘れたかのようにも見えるのです。

もし、信長への敵対の要因が疑惑にあるのなら、信長が呼び戻そうとした時に、戻る事もできたはず・・・逆に、その要因が野望にあるなら、妻子と家臣を見捨ててまで、命永らえたのですから、是非とも再起を計っていただきたかった・・・。

そんな村重さんは、天正十四年(1586年)5月4日、主君を倒して下克上を成した頃とは、別人のように、芸術家・茶道家として、52歳の生涯を閉じるのです。

ホント・・・心の読めない人です。

もしかしたら、まったく違った要因が、まだ、隠されているのかもしれませんが・・・。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 毛利元就・九州制覇へ~立花城・攻防戦 | トップページ | 端午の節句は女の祭り? »

戦国・桃山~秀吉の時代」カテゴリの記事

コメント

 荒木村重は剃髪した当初は、自虐的に「道糞」と名乗ったそうですが、豊臣秀吉の配慮で「道薫」に改めたそうですね。逃亡の際の経緯は「へうげもの」で見ました。
 この記事では触れていませんが、江戸時代初頭の絵師の岩佐又兵衛は村重の忘れ形見です。

投稿: えびすこ | 2011年12月13日 (火) 16時12分

えびすこさん、こんばん~

>岩佐又兵衛は村重の忘れ形見…

海北友松の人生と似てますね。
やはり、心の底には、武士の魂を持っていたのでしょうね。

投稿: 茶々 | 2011年12月13日 (火) 17時54分

茶々様、こんばんは。

大河ドラマ「軍師官兵衛」に荒木村重、清水宗治出て来ますが、あまりにも対照的な二人ですね。

荒木村重の奥さん「だしさん」可哀そうでしたよ。

妻子、家臣を見捨ててまでして、何をしたかったんでしょうね。

投稿: 新発田重家 | 2014年7月13日 (日) 23時38分

新発田重家さん、こんばんは~

大抵のドラマでは信長さんが魔王のように描かれるので、女子供含む全員の処刑が残酷なイメージを受けますが、そもそも「開城したら助けたる」という説得に村重が耳を貸さず、その後も自分だけ逃げ回ったための見せしめですからね~

おっしゃる通り、そこまでして命ながらえたワリには、野心がまったく消えたかのような晩年が不可思議ですね。

投稿: 茶々 | 2014年7月14日 (月) 02時26分

村重は、信長に茶道具一式を献上させられるのがいやで頑張ったのでは。

その逃亡の仕方から、家族の命より茶道具の方が大事なことがわかりますよね。

投稿: bassa | 2014年12月13日 (土) 16時50分

bassaさん、こんばんは~

何か、「もう意地でも!!」って感じですよね~

投稿: 茶々 | 2014年12月14日 (日) 01時35分

相当決まり悪かったのか、“道糞”と名乗ったんですよね~。最初は。私の親も、大河ドラマを見て、「村重はひどいなぁ…。」と言ってます。

投稿: クオ・ヴァディス | 2015年5月 3日 (日) 14時48分

クオ・ヴァディスさん、こんにちは~

私も、「なんで?そこまで突っぱるかな~」なんて思いますね。

以前、「荒木村重の妻子の処刑」のページ>>でも書かせていただいてますが、信長は、「こうすれば許す」「あぁすれば許す」と何度も提案してるにも関わらず、かたくなに拒否して、夜逃げのように姿くらましますからね~
どーしちゃったんでしょ??

投稿: 茶々 | 2015年5月 3日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/20752934

この記事へのトラックバック一覧です: 荒木村重・謀反の真意は?:

« 毛利元就・九州制覇へ~立花城・攻防戦 | トップページ | 端午の節句は女の祭り? »