« 病死か?毒殺か?織田信包・疑惑の急死 | トップページ | 謙信VS信玄・第二次川中島の合戦~犀川の戦い »

2008年7月18日 (金)

曹洞宗の開祖・道元~永平寺を建立

 

寛元二年(1244年)7月18日、越後の領主・波多野義重が寄進した越前の地に道元が大仏寺を建立・・・後の永平寺です。

・・・・・・・・・・・

道元は、正治二年(1200年)に京都にて、父は内大臣久我道親(みちちか)、母は摂政藤原基房(もとふさ)の三女・伊子という、申し分ないお二人の間に生まれました。

しかし、3歳で父を亡くし、8歳で母を亡くし・・・13歳で比叡山に入ります。

翌年、師匠の天台座主公円より、仏法房道元(ぶっぽうどうどうげん)の名を与えられました。

比叡山で身も心も大きく成長した道元は、仏法について疑問を抱くようになりますが、その答えが比叡山では得られないと悟り比叡山を降ります。

近江(滋賀県)三井寺京都建仁寺などで修行を重ねながら、やがて24歳の時に中国に渡ります。

天童山をはじめ、諸国の山々を遍歴して修行を重ねますが、いっこうに、彼の疑問が解ける事はありませんでした。

そんな中、新たに天童山にやって来た住職・如浄(にょじょう)禅師と出合い・・・
「この人こそ、ずっと探していた真の師である!」
と感じ、その教えを乞います。

やがて、28歳で帰国した道元は、京都の伏見・深草興聖寺を建立し、曹洞宗を開きますが、伝統仏教からの弾圧に遭い京都を追われて、越前に逃れました。

そんな道元に帰依したのが、越後(新潟県)の領主・波多野義重でした。

義重が寄進した越前(福井県)の地に、寛元二年(1244年)7月18日、道元が開堂したのが大仏寺・・・後の永平寺です。

Dscf2366a800 永平寺

そして、道元は、終生この地を拠点に、弟子を育て自身の修行にも励みましたが、建長五年(1253年)9月、京都にて療養中に帰らぬ人となりました。

その後、波多野氏からの援助が弱まり、一旦衰えをみせた永平寺でしたが、5世・義雲の時代に現在の場所に移され、曹洞宗の大本山にふさわしい復興を遂げました。

また、曹洞宗自身も、出家して厳しい修行を積まなければならない、女性は救済されない、難解な言葉でわかり難いなど、その教えのハードルがかなり高かったために、一旦は衰退を見せますが、鎌倉時代の末期に登場した螢山(けいざん)という僧によって復興されます。

イタコで知られる恐山・円通寺、分福茶釜の茂林寺・・・などのお寺は曹洞宗のお寺ですが、螢山は、こういった民間信仰を取り入れる事によって、その難解な教えを庶民レベルまで理解できるように努め、見事大衆の支持を獲得し、曹洞宗を復興させたのです。

ちなみに、曹洞宗という名前も螢山さんが名付けた物だそうですが、実は、それまで、この教えでは、特定の宗派名を名乗る事は禁止されていたのだとか・・・

道元さんが永平寺を建立した頃とは、少し違った形で発展した螢山さんの曹洞宗ですが、これだけ発展したのなら、道元さんも、きっとお喜びの事でしょう。
・・・南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)・・・
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログの人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 病死か?毒殺か?織田信包・疑惑の急死 | トップページ | 謙信VS信玄・第二次川中島の合戦~犀川の戦い »

鎌倉時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/22374717

この記事へのトラックバック一覧です: 曹洞宗の開祖・道元~永平寺を建立:

» 7月18日 道元禅師が大仏寺に移る [つらつら日暮らし]
今日、7月18日は道元禅師が大仏寺に移動した日です。 [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 08時31分

« 病死か?毒殺か?織田信包・疑惑の急死 | トップページ | 謙信VS信玄・第二次川中島の合戦~犀川の戦い »