« 阿津賀志の戦い~進む頼朝VS防ぐ泰衡 | トップページ | 大友宗麟~理想のキリシタン国家・ムシカに到着 »

2008年8月11日 (月)

迫る関ヶ原!先発隊の進軍~その時家康は・・・

 

慶長五年(1600年)8月11日、東軍=徳川家康方の先鋒が三河岡崎城に到着しました。

・・・・・・・・・

この東軍というのは、ご存知、関ヶ原の合戦の東軍です。

そのメンバーは、浅野幸長(よしなが)有馬豊氏池田輝政生駒一正加藤嘉明桑山元晴黒田長政田中吉政藤堂高虎一柳(ひとつやなぎ)直盛福島正則細川忠興堀尾忠氏山内一豊らといった面々・・・。

7月25日に行われた例の小山の軍儀(7月25日参照>>)で、徳川家康につく事を表明し、この先、自分の城を東軍の拠点にと提供した面々が多く含まれています。

・・・・・・・・

話はさかのぼりますが、そもそもは、豊臣秀吉亡きあとの豊臣家臣団の内部分裂を利用して、石田三成のほうから挙兵させようと、「豊臣家への謀反をたくらむ会津の上杉景勝を攻撃する」と称して、居座っていた伏見城を後にした家康・・・。

案の定、三成は、家康が留守にした伏見城を攻撃します(7月19日参照>>)

・・・で、家康は、会津への攻撃ををとりやめて、三成への攻撃に変更するわけですが、今、連れている大軍は、上杉を討つために出陣したと信じている豊臣の家臣たちです。

そこで、開かれたのが、先ほどの小山の軍儀・・・

「この先、自分につく者は残り、三成につく者は西軍へどうぞ」とやったわけです。

ちなみに、この小山の軍儀では、前日からの根回しのおかげもあり、さすがに本人目の前にして「サヨナラ」は言い難いしで、その場では「家康様についていきます!」感で盛り上がったようです。

しかし、小山と言えば、江戸よりもさらに北・・・そこから、再び畿内に戻るためには、途中途中に拠点が必要となります。

そこで、この軍儀の時点で、味方につく事を表明した諸将が、「自分の城をどうぞ使って」と提供したのです。

横須賀城=有馬豊氏、吉田城=池田輝政、興国寺城&駿府城=中村一忠、沼津城=中村一栄、掛川城=山内一豊、岡崎城&西尾城=田中吉政、浜松城=堀尾忠氏、刈谷城=水野勝成、清洲城=福島正則・・・これらの城が家康に提供されました。

そして、徳川譜代の本多忠勝井伊直政を軍監(軍目付)とし、8月1日に小山を出発した彼ら先鋒は、慶長五年(1600年)8月11日田中吉政が提供した岡崎城に到着したのです。

このあと、彼らは、福島正則の提供した清洲城へと向かい、清洲を拠点に、西軍についた織田秀信(信長の孫=三法師)岐阜城を攻める事になります(8月22日参照>>)

ところで、彼ら先鋒が、どんどん西へと向かっている間、家康はどうしていたのでしょうか?

先鋒から遅れること3日・・・8月4日に小山を出発した家康は、翌、5日には、居城である江戸城に入り、せっせと手紙を書いていたんです

加藤清正伊達政宗をはじめ、多くの武将に合戦後の恩賞をチラつかせて、東軍に参戦するよう呼びかけの手紙です。

なんせ、今でも家康の立場は豊臣の一家臣・・・この合戦は豊臣家同士の内紛ですから、ひとりでも多く味方につけ、味方につかなかった者を合戦で一掃する・・・そうすれば、残った者は、豊臣の家臣でも、皆、自分の味方ですから・・・。

もちろん、先鋒として向かった福島正則や、堀忠政らのサポートも忘れていません。

彼らも、一旦、東軍に属する事を表明していても、妻子を大坂に残したままの者も多くいましたから、いつ寝返るかわかりません。

さらに、大坂にいたため、そのまま西軍になってしまった脇坂安治伊藤祐兵(すけたか)らにも連絡をとり、決戦の際に寝返るよう切り崩し作戦も展開。

この時に、家康が書いた手紙は150通を越えると言います。

大坂に残った妻子を大坂城へ召し出させて、人質として味方につけようとした三成と比べるのも何ですが、やはり、人の扱いに関しては、家康のほうがずっとウワテだったようですね。

ただ一つ・・・三成の挙兵や、諸将の寝返りを予想していた家康にとって、一番の予想外だったのは、西軍の総大将に毛利輝元がなってしまった事(7月15日参照>>)・・・毛利の影響は大きいですから・・・。

これには、黒田長政を通じて、吉川広家の不参戦と小早川秀秋の寝返りを画策(9月14日参照>>)・・・ご存知のように、関ヶ原当日のこの二人の行動は、戦況を大きく左右しました。(関ヶ原の合戦・参照>>)

かくして、8月中に、事前の対策をやりまくった家康さん・・・9月1日におもむろに江戸城を出発・・・西へと向かう事になります(9月1日参照>>)

『慶長記』によれば・・・
「9月1日に出陣する」
と言い出した家康に、石川日向守
「9月1日は、暦では西ふさがりの悪日、大事のスタートには良くない日です」
と言うと、家康は一言・・・
「西はすでにふさがっている・・・今からそれを自分で開けに行くのだ」
と言ったのだとか・・・

家康さん、今日はなんだかカッコイイ・・・
 .

あなたの応援で元気でます!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 阿津賀志の戦い~進む頼朝VS防ぐ泰衡 | トップページ | 大友宗麟~理想のキリシタン国家・ムシカに到着 »

家康・江戸開幕への時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/22909916

この記事へのトラックバック一覧です: 迫る関ヶ原!先発隊の進軍~その時家康は・・・:

« 阿津賀志の戦い~進む頼朝VS防ぐ泰衡 | トップページ | 大友宗麟~理想のキリシタン国家・ムシカに到着 »