« 阿波の古ダヌキ~蜂須賀家政 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2009~新年のごあいさつ »

2008年12月31日 (水)

大晦日・恒例!大奥・裸おどり

 

本日は、あの大奥で毎年大晦日に行われる年越し行事のお話です。

・・・と言っても、旧暦に12月31日はありませんので、厳密には30日に行われていた行事という事になりますが、「大晦日」「年越し」となれば、その行事の背景にあるのは、やはり、一年の最後の日・・・という事で、今日、12月31日に書かせていただく事にしました。

・・・・・・・・・・・

時代劇などで、よく目にする大奥の雰囲気・・・

やれ、化粧直しだ!、お召し換えだ!と、一日中、大した事はやっていないように見える反面、しきたりに縛られ、自由がなく、本心をひた隠しに隠してるような・・・何やら、一種独特の張り詰めた空気のようなものがあります。

そんな中で、24時間、ほぼプライベートなしで過ごしているわけですから、そりゃぁ、ストレスも溜ります。

そこで、日頃のストレスを発散させるような、心踊る「新参舞い」という恒例行事が、大晦日の夜、新年を迎える行事として行われていたのです。

場所は、大奥の御膳所・・・つまり、調理をする台所のような広間の上段の板の間・・・というのも、この「新参舞い」なる行事の主役は、その年、新たに召抱えられたお末(すえ)と呼ばれる末端のお女中たちですので、おいそれと、大奥のさらに奥まったところに入れるわけもありませんから、当然、その場所は、新参者でも出入りできる場所という事・・・。

さらに、ここは、一部、屋根のないところがあって、どうやら見通しが良かったらしく、遠目に見える位置に御台所(将軍の奥さん)の居場所をしつらえる事ができ、ここなら、逆に、通常は下々の所に降りて来れない奥様も見物できるというわけです。

さすがに、そこまで見通しの良いところなので、北廊下には屏風を立て、周囲には白木綿を張って、一応目隠しします。

板の間には、うすべりと呼ばれる敷物を敷きます。

うすべりとは、現在でも床の間の敷物に用いられる畳の薄っぺらいような物・・・高級なゴザって感じですかね。

それを、敷いたら準備万端!

夕食後、いよいよ、その祭りが始まります。

やかんの底を、古参者のお女中が太鼓がわりに打ち鳴らし・・・
「新参舞いを見しゃいナ 新参舞いを見しゃいナ」と、はやしたて、ノリノリの雰囲気で、その場を盛り上げると、さきほどのうすべりを敷いた板の間に、新参者のお女中たちが登場!

なんと、その姿は・・・

体には、薄いピンクや白木綿の湯巻が一枚だけ・・・
頭には、手ぬぐい一つ・・・

湯巻というのは、一枚の布を腰巻のように巻いた物で、よく戦国時代ものなどのドラマで、農家の奥さんや娘さんが、井戸端や台所などでの家事の時に、今で言うエプロンのように巻いている布です。

それ一枚って事は、まさに、裸にエプロンの状態!
男のロマン~

その、ほぼ全裸の状態のお女中たちが、一列に並び、手に手に、御幣(ごへい)摺小木(すりこぎ)柄杓(ひしゃく)などを持って、先ほどののおはやしに合わせて、踊りながらの入場・・・。

御幣とは、神社などの神官がお祓いする時にササッと振る紙がベラベラついたアレ・・・摺小木も、変な想像をしてしまうし、御幣も、神聖なぶんだけ、より色っぽい感じがします~。

もう、恥もがいぶんもない状況の中、ぬいぐるみのネズミを裸の女中たちが追いかけるというショートコントのようなものも間に挟みつつ、大晦日の夜の宴は、最高に盛り上がっていくのです。

・・・と、これはひょっとして「祭りというより、新人イビリなのでは?」と、上の女中に言われて、新人たちが泣く泣く裸になって・・・という、大奥独特の陰湿なイジメを想像してしまいますが、これが、冒頭に書いた通り、けっこうなストレス発散になったようで、裸で踊る新人たちは、むしろ喜んで一晩中、踊り狂っていたようです。

新入社員の身体検査の意味も兼ねていたと言われるこのランチキ騒ぎですが、ある奥女中の話によれば、裸という部分は、否定しつつも、「大晦日の夜は、囲炉裏(いろり)のあたりで踊り狂ってふざけあったワ~」っと、楽しい思い出として語っているので、やはり、これは、大奥が年に一度、ハメをはずして大騒ぎする行事だったんですね。

まぁ、やってる本人もストレス発散となり、見ている側も楽しいのであれば、年に一度の裸祭りも、許される範囲という事で・・・。

ただし、コレ、今年の新参者というのがミソですね~

古いお女中の裸は、やはり女同士でも見たくないって事か?

どうせなら、大河でもやってほしかったなぁ
・・・無理だろうけど・・・

ちなみに、節分には、年男として老中御留守居役が大奥にやってきて、豆まき行事が行われていたそうですが、その時は、大勢のお女中に囲まれて、豆まきのドサクサで、尻やら○○やらを触られまくりの逆セクハラの嵐で、中には、布団です巻きにされ、みこしのように担がれ、胴上げされる者もいて、誰も、行きたがらなかったとか・・・。

女も集団になると怖いですからね~。

・‥…━━━☆

今年一年、「今日は何の日?徒然日記」にご訪問いただいてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えくださいませヾ(_ _*)
 

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログの人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 阿波の古ダヌキ~蜂須賀家政 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2009~新年のごあいさつ »

江戸時代」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは

 新参舞いですか?寒がりの私は聞いているだけでブルブル!(笑)でも御本人達は踊っているんだからさほどでもなかったんでしょうかね。
 この新参舞い、篤姫様も御覧になっていたのかしら?(笑)
 大河ドラマも終わってしまいましたが、某民放局でこの篤姫様が徳川幕府の天下に幕をおろすために13代将軍・家定と14代将軍・家茂を暗殺したという内容の放送をしていたのを見てびっくりしてしまいました。荒唐無稽という感じもしますが、いろんな説を唱える人がいるものです。真実はどうなんでしょう。
 茶々さん、興味深い記事をたくさん、本当にありがとうございました。茶々さんの物知りにはただただ、驚嘆させられる日々でした。ただ、申しましたように私はひどい歴史オンチなので、茶々さんの記事をより楽しませて頂くために自分にはもっと基本的な歴史の知識が必要なのだとわかりました。中学校の歴史の教科書からもう一度、読み直してみなければ(笑)と思っているところです。
 茶々さんもどうか良いお年を!

投稿: おみや | 2008年12月31日 (水) 10時33分

先日…民放の大奥の再放送にて、年越しに御女中衆が踊ってる場面が出てましたね。仕事をしながらチラ見した程度だったのでストーリーも何も分からなかったんですが、深田恭子ちゃんが、お末の女中を演じてました。いくら民放とは言え深田恭子ちゃんに裸踊りをさせる訳にはいかないでしょうが、ポロリ担当のAV女優やポルノ雑誌にヌードをだしてるヌードグラビア嬢を使って裸踊りさせてほしかったっすねぇ。

投稿: マー君 | 2008年12月31日 (水) 14時25分

茶々さん、こんにちは。

そもそも大奥は、陰湿なことばかりだったわけではなく、華美で賑やかな場でもあったんですよね。だからこそ、松平定信や水野忠邦に対して逆風を煽るように作用してしまったんですよね。

新参舞いは、素晴らしい鬱憤晴らしになっていたことでしょうね。そして、かつての日本人女性の心の広さが伺えることでもあるように思います。
ただ、やはり大河では無理でしょうね。時間帯に関係なく、また局に関係なく無理かもしれませね。

今年このブログに出会えたことに感謝しています。
良いお年を。

投稿: KAKI | 2008年12月31日 (水) 15時39分

はじめまして。
ブログ村から来ました。

歴史の興味深いところ書かれて居るのですね。読ませていただきました。
今年もあと数時間ですね。

また寄らせていただきます。

投稿: voyagerおさむ。 | 2008年12月31日 (水) 16時36分

茶々さん、こんばんは^^

普段がふだんだけに、こういうときの
羽目のはずし方は半端じゃないですよね。
それにしても、江戸城がらみの面白い話は
結構残っているようですね^^
昔の人って、想像以上に面白いエピソードがいっぱいあるので、
調べてみると楽しいです^^

茶々さん、
今年もいろいろ楽しくてためになるお話、
ありがとうございました^^
来年の大河ドラマは茶々さんお得意の時代ですよね。
私はさっぱりなので、またいろいろ教えて下さいね。

では、よいお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。

投稿: ルンちゃん | 2008年12月31日 (水) 22時01分

おみやさん、コメントありがとうございます。

篤姫はスパイだったってヤツですね。

私は、そういうトンデモ説も、なかなか好きです。

いろいろ想像するからこそ、歴史はオモシロイ・・・

来年もよろしくお願いそます~

投稿: 茶々 | 2008年12月31日 (水) 22時28分

マー君さん、こんばんは~

確かに、深キョンなら、女の私も見てみたい・・・

今年は、たくさんのコメントありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2008年12月31日 (水) 22時30分

KAKIさん、こんばんは~

>今年このブログに出会えたことに感謝しています・・・

ウレシイ事を言ってくださる・・・
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2008年12月31日 (水) 22時32分

voyagerおさむ。さん、ご訪問、コメントありがとうございます。

また、遊びにいらしてくださいませ。

投稿: 茶々 | 2008年12月31日 (水) 22時35分

ルンちゃんさん、コメントありがとうございます。

来年の大河・直江兼続は、おそらく主役は初めて・・・どんなふうに描かれるのか楽しみです。

果たして、篤姫を越えられるのかしらん。

来年もよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2008年12月31日 (水) 22時38分

あけましておめでとう御座います*:.。☆..。.(´∀`人)
去年はもう色々と勉強させていただきましたよっ!(キラーン

今年から名前が変わりました*:.。☆..。.(´∀`人)
宜しくお願いします!

投稿: 猫ネッシー(黒蝶 佐吉) | 2009年1月 1日 (木) 00時01分

猫ネッシーさん、あけましておめでとうございます。

今度は、妖カワイイお名前ですね。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: 茶々 | 2009年1月 1日 (木) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/26653895

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日・恒例!大奥・裸おどり:

« 阿波の古ダヌキ~蜂須賀家政 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2009~新年のごあいさつ »