« 保元の乱に散った藤原頼長の悲しい末路 | トップページ | 幕末の名君~薩摩藩主・島津斉彬の毒殺説 »

2009年7月15日 (水)

長州の完全勝利~石州口・浜田城陥落

 

慶応二年(1866年)7月15日、第二次長州征伐における石州口の戦いで、長州軍が大麻山を占領しました。

・・・・・・・・・・・

慶応二年(1866年)6月5日、半ば強引に勅許(ちょっきょ・天皇の許可)を取り付けた幕府の宣戦布告によって開始された第二次長州征伐・・・初めてのかたには、まずは、その経緯を・・・

幕府側に言わせれば長州征伐となるこの戦いですが、長州から言えば四境戦争・・・その名の通り、大島口芸州(げいしゅう)石州(せきしゅう)小倉口4方向から攻められる絶体絶命の長州なわけですが、6月16日、小倉口では高杉晋作が、石州口からは大村益次郎が、それぞれ指揮をとり、西へ東へと、同時進行で作戦を展開します(6月16日参照>>)

・・・で、その16日と翌・17日の2日間で、津和野を越え、浜田藩領内の益田へと進攻した石州口側の長州軍・・・

その浜田藩は、現在、藩主の松平武聡(たけあきら)が闘病中で、もともと戦う気がほとんどないため、心配した幕府軍本営は、鳥取藩松江藩に援軍を要請し、紀州田辺城主の安藤直祐(なおひろ)先鋒の大将として浜田城へと送り込みました

慶応二年(1866年)7月15日、益田から浜田(島根県浜田市)へと向かう長州軍と、紀州兵がぶつかりますが、幕府の旧式の銃では、到底届かない距離からの長州の攻撃・・・しかも、ここまで何度か書いています通り、その腕前は見事で、遠距離から正確にターゲットを狙ってきます。

この日、長州軍は、浜田藩の最前線である大麻山を、やすやすと占領し、続いて、紀州藩の本陣をも崩しました。

さらに、長州にとってラッキーだったのは、浜田の一般市民の多くが、今回の長州征伐に関して、幕府への不審を抱いていた事・・・大義のない戦いに、なぜ、浜田が巻き込まれるのか?

そんな浜田の人たちは、本陣を崩された紀州兵が城下に逃げ込んできても、まったく助ける事がなかったと言います。

そのため、紀州兵の多くは浜田に留まる事なく、そのまま石見銀山のある天領・大森(島根県大田市)へと逃げ込みました。

そんな戦況を耳にした安藤は、結局、最初から最後まで浜田城を出る事なく「浜田城は放棄したほうがええんちゃう?」と言い残し、さっさと退却してしまいます

しかし、病床とは言え、藩主の松平武聡は、あの徳川斉昭(なりあき)の息子・・・言わば幕府の身内ですから、そう簡単に城を明け渡すわけにも行かず、今度は、「もっと大きい藩の、ちゃんとした人に指揮権を与えてチョーダイ」幕府に要請します。

そこで、白羽の矢が立ったのが、鳥取藩主池田慶徳(よしのり)・・・彼は、武聡と同じく徳川斉昭の息子=つまり、二人は兄弟です。

ところが、この慶徳も、病気を理由に大将を辞退し、しかも7月17日には、鳥取藩兵も撤退させてしまいます。

その後、1人取り残された感の松江藩も、「ウチだけが残るなんて事になったらえらいこっちゃ!」と、慌てて兵を撤退させます。

さらに、翌・18日には、最後まで残っていた浜田藩の兵たちが、本拠・浜田城に火を放って松江へと逃亡し、事実上、浜田は陥落しました。

・・・という結果となりましたが、実は、コレ、すべて演技です。

上記の通り、浜田藩も松江藩も、幕府とは密接な関係のある藩・・・本当は、こんな無益な長州征伐には参加したくないんだけど、親戚として協力せざるを得ない・・・

そこで、すでに16日の段階で、長州とは話をつけておきながら、いかにも「戦ってますよ!」というポーズだけを見せておいて、17日の松江藩の撤退の時に、病気の武聡と、その妻子を船に乗せて逃亡させていたのです。

18日の浜田城の炎上を知って、約束通り、戦う事なくすべての藩が撤退してくれた事を確認する長州軍・・・そこへ、浜田の住民代表がやって来て「どうぞ、浜田城へお入りください」と・・・

これで、浜田は長州のものに・・・

さらに、すでにもぬけの殻となっていた大森にも長州兵が入った事で、長州は石見一国を手に入れる事となりました。

もちろん、ここは、長州征伐が終結した後もそのまま・・・明治維新を迎えるその日まで、長州が統治する地となったのです。

一方、この石州口と同時進行で行われた小倉口・・・6月16日の夜には、高杉晋作坂本龍馬の、生涯ただ一度の夢のコラボが実現するゲリラ作戦を展開(6月17日参照>>)、さらに、7月27日には、3度目の小倉上陸作戦を決行(7月27日参照>>)するのですが、その頃には、幕府にも大きな動きが・・・

・・・って事で、そのお話は、またまた、それぞれの「その日」でご覧くださいませ。
 .

あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


« 保元の乱に散った藤原頼長の悲しい末路 | トップページ | 幕末の名君~薩摩藩主・島津斉彬の毒殺説 »

幕末・維新」カテゴリの記事

コメント

長州好きにはたまらない内容です(笑)
長州vs幕府といっても幕府側は一枚岩では無かったんですね。
勝ち目のない戦に参加したくない気持ちも解りますが…。
それだけ徳川の威光も地に落ちていたって事でしょうか。

8月18日も密かに期待しております♪

投稿: 花曜 | 2009年7月15日 (水) 18時59分

花曜さん、こんばんは~

当時の日本は、独立国家の集合体みたいな感じでしたから、幕府の方針に納得いかない藩も数多くあったようですね。

8月18日・・・
まだ、1ヶ月以上先なので、何を書くのかは決めていませんが、頑張りますです。

投稿: 茶々 | 2009年7月15日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長州の完全勝利~石州口・浜田城陥落:

« 保元の乱に散った藤原頼長の悲しい末路 | トップページ | 幕末の名君~薩摩藩主・島津斉彬の毒殺説 »