« 本日は年賀状づくりに励んでおります | トップページ | 平治の乱~清盛の天皇救出劇 »

2009年12月24日 (木)

日本のクリスマスはいつから?

 

明治七年(1874年)12月24日、東京・築地の東京第一長老協会で日本初のクリスマスイブの祝賀会が行われました。

・・・・・・・・・・

以前、クリスマスの起源で書かせていただいたように、もともと、1月6日、2月2日、3月25日、4月19日、11月17日・・・などなど、民族によって、様々だったキリストの誕生日を、ローマ教会が12月25日と一定したのは西暦354年の事・・・(2006年12月24日参照>>)

かつての日本も、そうであったように、農業を営む国にあって、昼が一番短い冬至は太陽が生まれ変わる重要な日だったわけで、その年の収穫に感謝し、翌年の豊作を祈るお祭りが古くからこの時期に行われていて、未だキリスト教が新参者の宗教であった3世紀あたり、キリストの誕生日という祝い事が、人々に浸透しやすいように、収穫祭の時期に合わせて、12月25日に落ち着いた・・・という感じでしょうか。

ちなみに、日本の収穫祭である新嘗祭(にいなめさい)=勤労感謝の日は11月23日ですが、これは旧暦の冬至の時期です(11月23日参照>>)

・・・で、本日は、そのクリスマスに盛大なお祝いをするようになったのは、いつか?・・・というお話なのですが・・・

この手のお話で、初となるのは、例の円卓の騎士で有名なイギリスアーサー王という事ですが、ご存知のように、5~6世紀頃に、モデルとなる実在の人物がいた事は確かでしょうが、アーサー王そのものは、伝説の域を超えない人物であります。

なので、おそらく、史実であろうという物での初は、小さく分かれていたイギリスをアルフレッド大王が統一した西暦893年頃・・・そのアルフレッド大王が、1年のうちの12日間をクリスマスの祝賀の日を定めて祝ったという記録が最古の記録とされています。

今でも、欧米では、12月6日の聖ニコラスの誕生日から始まったり、12月13日の聖ルチアの祝日から始まったりと、クリスマスのお祝いが一日だけではない所が多くありますよね。

・・・で、本日の本題・・・日本のクリスマスは?

冒頭に書かせていただいたように明治七年(1874年)12月24日東京・築地の東京第一長老教会で開催されたクリスマスイブの祝賀会が、日本初とされていますが、この同じ日に、銀座でもクリスマスの祝賀会が行われた事が記録されています。

提灯で飾られたクリスマスツリーや、(かみしも)をつけた殿様風のサンタクロースも登場したと言いますから、欧米のクリスマスパーティの様子を伝え聞いて、想像を膨らませての手探り状態だったようですが、まぁ、お祝いなので、キリスト様もお許しくださる事でしょう。

・・・とは言え、これは明治の文明開化となってからの近代のお話・・・実は、もっと以前の日本のクリスマスパ-ティの記録が残っています。

そう、キリスト教が禁止される以前の戦国時代です。

あのフランシスコ・ザビエルが日本にやって来たのが天文十八年(1549年)7月3日(7月3日参照>>)・・・おそらく、ザビエルは、その布教活動の中で、「クリスマスを祝う」という事をやってはいたでしょうが、正式な記録として残るのは、イエズス会『日本通信』の記録・・・

これによると、天文二十一年(1552年)の12月9日(太陽暦では24日)に、周防(山口県)にいた宣教師・トルレスらが、司祭館に日本人の信徒たちを招いて、クリスマスの祝賀会を催したのだそうです。

修道士らが、夜を徹して神様のお話をして聞かせた後、食事が振る舞われ、そこには、建物に入りきらないほどの善男善女が集まったのだとか・・・

また、ポルトガルの宣教師・ビレラが、永禄五年(1562年)に本国に送った手紙の中には、「堺の切支丹らは、大いなる喜びと満足を以って、クリスマスを祝したり」という一文があり、当時の国際都市・堺でも、盛大な祝賀会が行われていた事がうかがえます。

永禄五年と言えば、あの第四次・川中島の合戦(9月10日参照>>)の翌年・・・織田信長足利義昭(よしあき)を奉じて上洛する6年も前ですから、キリスト教は、信長よりも早く堺に到着していたんですね。

宣教師の布教活動がうまかったのか?
日本人が宗教に対して柔軟なのか?

日本のクリスマスの歴史も、なかなか古いものです。

Dscf6373800a 写真は、現在、大阪中之島で開催中の「OSAKA光のルネサンス2009」スノ-マン・イルミネーション

大阪の冬を彩る光の祭典は25日まで

広い会場に様々なイルミネーションが、とても美しかったです!!
 .

「なるほど」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 本日は年賀状づくりに励んでおります | トップページ | 平治の乱~清盛の天皇救出劇 »

由来・起源・雑学・豆知識」カテゴリの記事

コメント

「庶民文化」として定着したのは昭和30年代ごろと思いますが、クリスチャンの間ではセレモニーとして明治以降に広まったみたいですね。先日の「サンタ放火魔」の発想には呆れた。
あるピザ屋がサンタの扮装で宅配しておりますが…。

投稿: えびすこ | 2009年12月24日 (木) 10時03分

えびすこさん、こんにちは~

近所の、個人経営のおもちゃ屋さんは、家電量販店や大手スーパー&大手おもちゃ屋に負けないよう、20年以上前から、お店のオッチャンがサンタの扮装でイブにオモチャを届けてくれるサービスをやってはりました。

その頃は、まだ、そんなサービスがなかったのでけっこう人気でしたよ。

投稿: 茶々 | 2009年12月24日 (木) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/32716297

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のクリスマスはいつから?:

« 本日は年賀状づくりに励んでおります | トップページ | 平治の乱~清盛の天皇救出劇 »