« 自分大好き~勝海舟の人生語録 | トップページ | 無血開城の影で幻となった勝海舟の二つのシナリオ »

2010年1月22日 (金)

前代未聞!藩主が脱藩~最後の大名・林忠崇

 

昭和十六年(1941年)1月22日、最後の大名とも呼ばれた請西藩の第3代藩主・林忠崇が94歳で亡くなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林忠崇(はやしただたか)は、嘉永元年(1848年)、上総請西(かずさじょうざい・千葉県木更津市)藩主・林忠旭(ただあきら)の五男として生まれ、20歳の時に家督を継ぎ、第3代藩主となりました。

請西藩は、わずか1万石の小禄ではありましたが、祖先が真心を尽くして徳川(松平)将軍家に仕えた功績から、毎年、正月元旦には、最初に将軍からの盃を賜る名誉を持つ家柄で、そのぶん忠崇が将軍家を思う気持ちもひとしおでした。

文武両道に優れ、将来は幕府を背負って立つ器と噂された忠崇の、運命が変わるターニングポイントは、藩主になってわずか1年後に訪れます。

慶応四年(1868年)1月の鳥羽伏見の戦い(1月3日参照>>)に始まった戊辰戦争・・・その後、東に向かった官軍と、それを迎える幕府軍も、西郷隆盛勝海舟劇的な会見(3月14日参照>>)によって直接対決が回避され、4月11日には江戸城無血開城(4月11日参照>>)となりました。

ただ、この無血開城によって、江戸の町を火の海にする事は避けられましたが、負けを認めた以上、当然の事ながら、この時点での徳川家の存続は風前の灯火・・・官軍の主流が、北陸・東北へと進む中、幕府の一員として納得のいかない一部の者が抵抗を続けます。

江戸幕府・最後の将軍となった徳川慶喜(よしのぶ)の護衛として上野・寛永寺にいた彰義隊(しょうぎたい)は、慶喜が水戸にて謹慎中の身となっても、なおも寛永寺に籠り、5月15日には、包囲した官軍との間で上野戦争となります(5月15日参照>>)

さらに、上野戦争で敗れた彰義隊の一部が振武軍(しんぶぐん)と名を変え、5月23日には飯能戦争へ突入(5月23日参照>>)となるのですが・・・

そんな幕府の武士による抵抗と前後して、やはり慶喜のもとで遊撃隊(ゆうげきたい)として鳥羽伏見の戦いを駆け抜けた人見勝太郎(ひとみかつたろう)伊庭八郎(いばはちろう)が、若き藩主・忠崇を訪ねてきたのは4月28日の事でした。

もちろん、日頃の忠崇の幕府=将軍への篤い思いを知っての訪問・・・「徳川家の存続を目指して、ともに戦いましょう」という事です。

忠崇は考えます。

わずか1万石の請西藩・・・とても官軍を相手に戦える軍事力はありません。

しかも、忠誠を誓う将軍・慶喜は水戸で謹慎して恭順姿勢・・・藩主である自分が自ら挙兵したなら、藩も領民も戦いに巻き込む事になる・・・

そして、忠崇は決断します。

閏4月3日を以って、なんと、59人の藩士を連れて、自らが脱藩・・・浪人の身となって遊撃隊とともに参戦するのです。

藩主の脱藩!

もともと佐幕派(尊王に対する幕府側)だった請西の領民たちですから、藩主が立てば、自分たちだって、ともに玉砕する気持ちは持っていましたが、その領民のために、自ら脱藩して戦おうとする藩主に大いに感銘・・・この前代未聞の出来事に、彼らの出陣を見送る村人は、皆、道ばたに土下座して、その武運を祈ったと言います。

こうして、戊辰戦争に挑んだ忠崇でしたが、中心人物である人見が留守の間に勃発した箱根戦争(5月27日参照>>)では、小田原藩の寝返りに遭い、奮戦空しく、撤退する事に・・・熱海で、かの人見と合流した忠崇は、箱根で重傷を負った伊庭を品川沖に停泊中だった榎本艦隊に預け、長岡城奪回作戦を展開中の奥羽越列藩同盟(おううえつれっぱんどうめい)(7月24日参照>>)を応援するため、東北へと向かいます。

ウデに覚えのある忠崇は、一連の戦いでも最前線に立って戦う姿勢を見せますが、さすがに家臣たちに「殿様は後方で・・・」と、たしなめられたりもしています。

しかし、ご存知のように、東北での戦いは、連戦連敗となってしまいます。

やがて9月に入って、頼っていた米沢藩・仙台藩が相次いで降伏すると、もはや手を組んで戦う相手もなくなりました。

そんな時、忠崇は、徳川家の存続と慶喜の命が保障された(5月24日参照>>)事を知ったのです。

実際には、5ヶ月前の閏4月29日に決定していた事ですが、各地を点々としていた彼の耳には入っていなかったようです。

このニュースを聞いた忠崇は、
「もともとの願いが叶った以上、この先の抵抗は私利私欲の無意味な戦い・・・戦いのための戦いになる」
と、あっさりと降伏します。

この決断一つをみても、彼が優秀な人物である事がわかります。

なんせ、脱藩して賊軍としておかみに抵抗したのです。
おそらく、死を覚悟しての投降・・・

自らの死を目の前にして、うろたえて悪あがきする事なく、冷静に先を読むわずか21歳の青年は、家臣と引き離され、新政府によって監禁される事になります。

しかし、幸いな事に切腹は免れ、しばらくの獄中生活の後、明治五年(1872年)に釈放され、晴れて自由の身となりました。

・・・とは、言え、忠崇の人生は、ここからが苦労の連続でした。

そう、彼が脱藩したおかげで、林家の家名は存続しましたが、当然の事ながら、当主は甥の忠弘が継いでいますから、彼は、何もないゼロからのスタート。

維新直後は、たとえ、幕府側で戦った過去があっても、一国の大名=藩主なら、華族という特権が与えられていたわけですが、彼には、それが適用されません。

裸一貫となった忠崇は、なんと、地元で開拓農民として、元自分が治めた、その地を自らの手で耕すのです。

その心を思うと、とてもお気の毒な思いがしますが、やはり、それは、元領民たちも同じ・・・あまりにも気の毒に思った誰かの口利きで東京府の下級官員となりますが、それはそれで、忠崇には、何か引っかかる物があったのでしょうか、わずか2年でその仕事をやめ、今度は、函館にて物産商の番頭として働きます。

その後も、大阪で役所の書記をやったり・・・と職を転々としながらの20年・・・普通の没落武士より、はるかに苦悩の日々を送った事でしょう。

そんな彼の汚名が晴らされるのは明治二十六年(1893年)・・・林家の嘆願がようやく聞き入れられ、林家への復帰が許されるとともに、華族の一員となったのです。

晩年は次女・ミツさんと暮らし、ようやく平凡な生活ができるようになった上、94歳の長寿を真っ当したおかげで、大名経験者で最後の人となり、ときおりは、戊辰戦争の生き証人として、マスコミからインタビューを受けるなど、おおむね幸せな生活を送られていたようです。

こうして、昭和十六年(1941年)1月22日94歳の大往生を迎えた忠崇ですが、彼の時世の句というのは、実は21歳のあの時に詠んだもの・・・

そう、官軍に降伏して、一旦、死を覚悟したあの時です。

♪真心の あるかなきかは ほふりだす
  腹の血潮の 色にこそ知れ  ♪

なんとも、武士らしい、覚悟あふれる句です。

そして、もう一つ・・・彼が晩年に詠んだ句があります。

♪琴となり 下駄となるのも 桐の運 ♪

世襲の是非、親の七光りが目に付く今日この頃・・・確かに、2代目・3代目にも優秀な人はいるでしょう。

しかし、一般とは、スタートの時点で違うその得々人生・・・主君のために、その世襲を捨て、底辺の下駄となった彼の人生は、単なる3代目では味わえない有意義なものだったに違いありません。

あの若き日の決断が間違いではなかった事を、晩年の句が証明しているような気がします。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 自分大好き~勝海舟の人生語録 | トップページ | 無血開城の影で幻となった勝海舟の二つのシナリオ »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~、茶々様。
またマイナーな人を・・・しかし、歴史の表舞台には出ては来ませんが 今日の記事からも林忠崇さんの『信念』のようなものが容易に伝わってきますね(*^-^)
開拓農民をしたり職を転々としても彼の自尊心は揺るがなかった・・・それは信念があったと思います。(しかし大名→開拓農民って・・・驚きです)。

今日も茶々様に感謝です

投稿: DAI | 2010年1月22日 (金) 13時32分

今日のネタは、とても良かったです~
いい年してして、ブレまくって、朝令暮改だかりしている人に、知ってもらいたいような逸話ですね。

投稿: 山は緑 | 2010年1月22日 (金) 19時39分

DAIさん、こんばんは~

もちろん忠崇さんの心の内は彼自身にしかわかりませんが、波乱万丈だけでは片付けられない人生も、ふりかえれば、「いい経験だった」と思っていらっしゃるのではないか?と感じ、こちらの希望も込めて、そのような記事にしてみました。

その時は、たいへんなご苦労だったと思いますが・・・

投稿: 茶々 | 2010年1月22日 (金) 22時52分

山は緑さん、こんばんは~

ホントですね。
21歳の若さで、決死の決断だったと思います。
私も、迷いまくりを反省しなければ(/ー\*)

投稿: 茶々 | 2010年1月22日 (金) 22時55分

♪琴となり 下駄となるのも 桐の運 ♪
いいなぁ、この句。

惚れてまうやろ!

投稿: ことかね | 2010年1月24日 (日) 12時19分

ことかねさん、こんにちは~

>いいなぁ、この句。

ですよね~(゚▽゚*)
下駄となっても、桐のプライドを失ってない感じがステキです。

投稿: 茶々 | 2010年1月24日 (日) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/33080263

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞!藩主が脱藩~最後の大名・林忠崇:

« 自分大好き~勝海舟の人生語録 | トップページ | 無血開城の影で幻となった勝海舟の二つのシナリオ »