« 「i2i Web拍手」について | トップページ | 信長と秀吉を魅了した戦国一のイイ人・蒲生氏郷 »

2010年2月 5日 (金)

i2i Web拍手の導入について・・・

 

申し訳ありません。

本日は歴史のお話ではなく、このブログに関してのお話です。

このブログは、以前から「ブログ村」というランキングサイトに参加させていただいており、多くの方の応援をいただいておりました。

ここで、「ランキングサイト」をご存知ない方のために、少しだけご説明を・・・

「ブログ村」に限らず、ランキングサイトというのは、それぞれの個々のブログに、そのランキングサイトへのリンク(バナー)を設置し、閲覧してくださる皆様が、そのリンク(バナー)をクリックすると、そのブログへの応援の意味でのポイントが入り、そのポイントの多い少ないで人気度を計り、ランキングとして運営しているサイトです。

「ブログ村」の場合はコレ→にほんブログ村 歴史ブログへです。

・・・で、そもそもは、このブログにきてくださる皆様の反応を知りたくて参加させていただきました。

コメントなど残していただける方は、直にその反応が伝わってきて、大変うれしい物ですが、コメントにはやはり、ハードルというか敷居が高い部分があります。

「コメント残すほどじゃないけど、いつも見てますよ」って感じの方の反応を知りたくて、これまで「ブログ村」さんでお世話になっており、私自身も、その「ブログ村」で、ともに参加している多くの歴史ブログを拝見させていただいておりました。

しかし、本来の目的ではないとは言え、ランキングという物があると、多少は、その順位が気になってしまうのが人の常(修業が足りん(/□≦、))・・・

しかも、もはや相互応援の嵐と化し、本当の人気を反映しているとはいい難い状態のランキング・・・

相互応援=ブログの運営者同志が約束してお互いのブログを訪問し、そこのバナーをクリックし合う行為で、ブログ村はもちろん、通常のランキングサイトでは、規約で禁止されている行為…「あし@」や「おき手紙」などに代表される訪問者を特定できるブログパーツを利用されてる場合が多いです。
(もちろん、マジメに正直にランキングに参加されているブログ運営者さんもたくさんいらっしゃいますので、誤解の無いように…)

そんなランキングの上下に一喜一憂するのも疲れてしまっていたところ、この度「i2i Web拍手」という物がある事を知り、設置させていただく事にしました。

これなら、本来の目的である閲覧者の皆様の反応もわかりますし、何と言っても、どのページを見て応援してくださったのかがわかり、しかもそれを、自分のブログ内での人気ページとしてランキングできるのです。

左サイドバーに設置している「人気記事ランキング」は、ページが表示された回数=アクセス数によるランキングですから、「拍手・応援」のランキングだと、また違う結果が楽しめるのでは?という期待もあります。

:「i2i Web拍手」は、一般的な「Web拍手」とは違い、他のサイトとの人気をランキングするのではなく、そのブログ内の個別のページの人気をランキングする物です)

ただ、これまで、「ブログ村」で応援してバナーをクリックしていてくださった皆様、また、「ブログ村」を介して閲覧してくださってる皆様に、何の連絡もなく、「ランキング不参加としてWeb拍手に切り替える」事は大変失礼にあたるのではないか?と、今日、このページを書いております。

「ブログ村」をやめるわけではありません・・・ランキングに参加しないというだけですので、これからも、ブログ村内の「歴史>日本史カテゴリ」に所属し、トラコミュなど他のコンテンツで、私自身も楽しませていただくつもりです。

これまで、応援してくださったやさしい皆様・・・
これからも、引き続き、応援をよろしくお願いします。

今回、設置しました「i2i Web拍手」は、一つのページに対して、24時間に一度「応援クリック」ができるそうです。
(まだ設置したばかりで、よくわかってない(゚ー゚;

「よかった」と思っていただいたページで、右サイドバーにあります“拍手!!”という場所をクリックしていただくと、それが1票となり、積み重なった結果がランキングとして表示されます。

ではでは、皆様、今後とも「今日は何の日?徒然日記」よろしくお願いしますo(_ _)oペコッ

早速ですが、試しに拍手を・・・ww(゚ー゚)
あなたの応援で今日も元気でます!
  

★追記:とか言いながらも、2年間という冷却期間をおいて、現在は、新たな気持ちでランキングに復帰しましたので、なんだかんだでコチラも応援していただくと、
やっぱり、ありがたいです↓

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 「i2i Web拍手」について | トップページ | 信長と秀吉を魅了した戦国一のイイ人・蒲生氏郷 »

ブログ関連」カテゴリの記事

コメント

さっそく「1票」入れました。
これからも歴史の裏話や、大河ドラマの感想や意見などの最新記事を楽しみにします。
もし、さしつかえなければ来年2011年の「江 姫たちの戦国」の、最初の主要配役発表があったら、お知らせしようかなと思います。
これからもよろしくお願いします。
o(_ _)oペコッ

投稿: えびすこ | 2010年2月 5日 (金) 11時09分

確かにコメントは敷居が高いかもしれませんね!(;^_^A アセアセ・・・

ランキングで一喜一憂する無意味さは理解できますが私はブログランキングで見かけてこの先生のサイトを知ったのでなんとも言えませんね・・・(ちなみに先生以外の歴史HPは見ていません)
出来れば拍手の導入と共にランキングの残留を考慮していただけませんでしょうか?
よろしくお願いします
m(_ _)m

なお、私は両方やりますよ!
\(^o^)/

投稿: 桃色熊 | 2010年2月 5日 (金) 11時34分

こんにちわ~、茶々様。
私もさっそく1拍手しました!

なるほど~、確かにこの人気投票システムなら読んでいて涙した「2008年9月15日 (月)関ヶ原・秘話~ともに命を賭けた戦場の約束」なんかも上位にくるのでは・・・(個人的に大谷吉継が好きなので・・・)

おもしろい試みというか読者本位に立った良いサービスであると思います。

私は『応援』なんておこがましい立場ではなく、『拝読』させてもらって毎日 元気をもらっているので これからも体に気を付けて頑張ってください。

投稿: DAI | 2010年2月 5日 (金) 11時52分

えびすこさん、ありがとうございます。

これから徐々に各ページに「拍手バナー」を設置していきますので、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2010年2月 5日 (金) 12時09分

桃色熊さん、ありがとうございます。

ブログ村は退会せずに、ランキングだけを不参加にする設定があるので、そうしようかな?と思っているだけで、カテゴリーやトラコミュなどには参加させていただくつもりです。

ブログランキングは、その設定がないので、ランキングも参加したままの設定にしますので・・・ご心配かけて申し訳ありません。

今後ともよろしくお願いします。

あと、「先生」は恥ずかしいので、「茶々」でお願いしますです(/ー\*)

投稿: 茶々 | 2010年2月 5日 (金) 12時22分

DAIさん、ありがとうございます。

すでに全部で1400ページほどありますので、すべてのページに設置して、本来の拍手ランキングになるのは、まだまだ先かも知れませんが、私も「イイモノ見つけた!」とよろこんでいますので、今後ともよろしくお願いします。

【関ヶ原・秘話~ともに命を賭けた戦場の約束】>>・・・
私も、あの逸話は好きです。
覚えていてくださってありがとうございます。

投稿: 茶々 | 2010年2月 5日 (金) 12時31分

茶々様、びっくりしましたよ!まさかブログやめちゃうの!?と思いながら最後まで読んで安心しました!っていうか単に私の早とちりでしたが…。ランキングとか私にはよくわかりませんが単純にこのブログの大ファンなのでこれからもずっと続けて下さいね!
私は文章も下手なのでコメントとかも苦手なのですが、コメントしなくても私のような密かなファンはとても多いと思います!
更新のない日はめちゃ寂しいですよ。
難しい事はわかりませんが、これからも応援していますので長く長く続けて下さいね!
何はともあれどんな形であれ継続して下さってよかった~!(←だから早とちりだってつぅの(笑))

投稿: 京都ママ | 2010年2月 5日 (金) 21時12分

茶々さん、こんばんは!

早速ですが、1叩きしました(笑)

茶々さんのこのブログは内容が豊富だから読者がどんどん惹き込まれていってますよね。

私のブログなどは、始めた当初は入門編みたく歴史用語も丁寧に解説してましたが、次第にその作業に自分が疲れて、チョットだけレベルを上げちゃいましたからねぇー。今や自分の研究ノート化しちゃってます(爆)

投稿: 御堂 | 2010年2月 5日 (金) 21時27分

京都ママさん、ややこしい書き方をしてしまって申し訳ありませんでした。

ブログ村に興味のない方にとっては、関係のない記事になってしまいましたが、やはり、毎日何人かの方が応援クリックをしてくださっていたので、お知らせせずに変更してしまうのは失礼かなと思いまして・・・

おしゃべり好きのネタが尽きるまで、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2010年2月 5日 (金) 21時58分

御堂さん、ありがとうございます。

いえいえ・・・
「さすが、専門的に勉強された方は違うなぁ」と、尊敬のマナザシでいつも拝見させていただいております。

これからも、勉強させていただきますよ!

投稿: 茶々 | 2010年2月 5日 (金) 22時04分

私も拍手~☆させていただいました!

茶々ママさん、こんばんわです☆

いやはや・・・
最近なにかと忙しい故、茶々ママさんブログへお邪魔させていただく間なく(汗)
しかし、「今日は何の日?徒然日記」は愛して止まない私のバイブルであります!!
これからも宜しくお願いします☆

投稿: おふく | 2010年2月 6日 (土) 00時22分

おふくさん、ありがとうございます。

元気が出るコメントいたみいりまする~
これからもよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2010年2月 6日 (土) 01時47分

 こんにちは

 いつも素敵な記事を本当にありがとうございます。

 要するにコメントよりまずは拍手という風に理解してよろしいのでしょうか。

 茶々様の記事は拍手喝さいに値します。

 これからも楽しみにしております。
 よろしくお願い致します。

投稿: おみや | 2010年2月 6日 (土) 09時15分

人気ブログランキングでも実質的にランキング不参加と同じような結果になる方法があります。バナーを貼らなければ、いずれゼロになり、記事の更新だけをすれば「にほんブログ村」のランキング不参加と同じような結果になります。実例を見て、なるほどと感心しております。

投稿: | 2010年2月 6日 (土) 09時41分

おみやさん、

>コメントよりまずは拍手という風に・・・

いえいえ、違います(´Д`υ)アセアセ
コメントと拍手はまったく別の物と考えております。

私の友人にも、「ネットが好きで、色々なHPやブログを巡るのが好きだけと、書き込みは苦手で、した事がない」という人が何人もいます。

そういう方たちにとって、コメントとは別のリアクションを残せる簡単なツールがあれば・・・という気持ちで設置しました。

また、本文にも書かせていただきましたように、ページを表示した回数であるアクセス数でのランキングを左サイドバーに設置していますが、ページを見たからと言ってその内容が良かったかどうかというのは、また別で、拍手でのランキングだと「よかった」と思っていただけたページのランキングとなり、違った楽しみがあるという意味で期待しておりますと書かせていただきました。

コメントはコメントで、直での反応が大変うれしい物であります。

投稿: 茶々 | 2010年2月 6日 (土) 12時49分

>バナーを貼らなければ、いずれゼロになり・・・

情報ありがとうございましすo(_ _)o

ただ、「人気ブログランキング」の利用規約のところに、「バナー(リンク)が確認できないまま3ヶ月以上たったサイトは排除に対象になります」と書かれてあるので、心配なので、とりあえずは、リンクはこのままにしておいて、ランキングは気にしない事にします。
(人気グログランキングの「アンケート」が使い易いので、籍はそのままにしていたいのです・・・スミマセン)

投稿: 茶々 | 2010年2月 6日 (土) 12時54分

 茶々さん、素晴らしい意見を述べて頂き、同じblogをやるものとして拍手喝采の面持ちでした。
 私も全く同じ気持ちを、「ブログランキング」というシステムに対して持っておりました。
 どのblogさんが、どうだとかは言えませんが、何故この部門に参加してるのかな?
 日本史とどういう関わりを目的としてるのかな…。
 内容を見ても…誠に自分勝手な判断をお許し頂いたとして、上位にある理由が理解出来ない物が有ると思います。
 私は、ランキングというシステムには縁の無いレベルだから、同じ日本史を題材にされている多くの方々と知り合いになれたら…という純粋な気持ちで参加しました。
 しかし、毎日目にする「ランキング順位」に気にならない方が嘘です。
 つい、順位を気にする時がありました。ただ、それを自慢したいというよりは、「日本史」に興味を持っている人がこれだけいるのだ…頑張ろう!と自分への励ましと、取るようにしていました。
 しかし、やはりこの順位には問題が有ると思います。
 時々blogを読ませて貰っています。これからもおもしろい記事を出してくださいね。

      応援しています! 三郎ヱ門

ちなみに、blogのポイント稼ぎでは有りませんので、URLを出しません事をご理解下さいませ。

投稿: 三郎ヱ門 | 2010年2月 6日 (土) 13時54分

三郎ヱ門さん、ありがとうございます。

私も、「ランキングなんて気にしないでおこう」と言いきかせつつ「修行が足りんな」と思う事がしばしば・・・お恥ずかしい(/ω\)

>「日本史」に興味を持っている人がこれだけいるのだ…頑張ろう!と自分への励ましと、取るように・・・

すばらしいです。
お互い、より良いblogを目指して頑張っていきましょうね。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2010年2月 6日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/33255640

この記事へのトラックバック一覧です: i2i Web拍手の導入について・・・:

« 「i2i Web拍手」について | トップページ | 信長と秀吉を魅了した戦国一のイイ人・蒲生氏郷 »