« オークラ前の桂小五郎像が見つめる物は? | トップページ | 村上天流VS樋口定次~烏川原の決闘 »

2010年3月14日 (日)

東大寺・二月堂にまつわる奈良の昔話~良弁杉

 

今日は、3月14日・・・奈良東大寺・二月堂のお水取り(3月12日参照>>)、そのおたいまつも、いよいよ最終日です。

・・・という事で、本日は、その東大寺二月堂にまつわる、奈良の昔話をご紹介します。

・‥…━━━☆

昔、昔・・・
あるお母さんが、赤ん坊を連れて畑仕事に出ました。

「ここで遊んどきや」
と言って、太鼓や笛を持たせて、田んぼの端で遊ばしなから、田の草を刈っておりました。

ところが、田んぼの中ほどまで草を刈って、ふと見ると、赤ん坊の姿がありません。

「今まで、おったのに・・・」
と、慌ててあたりを探します。

あちこち走りまわっても、いっこうに見当たらず、途方に暮れて、ふと、東の空を見上げると、トンビが何やら黒い物をくわえて、向うに飛んでいくのが見えました。

そうです。
赤ん坊は、トンビにさらわれてしまったのです。

トンビは、田んぼを越え、畑を越え、山の向うまで飛んで行ってしまいました。

一方、その翌朝・・・東大寺・二月堂のお坊さんが、朝起きると・・・

「ウェ~ン、ウェ~ン」
と、 どこからともなく、子供の泣き声が聞こえます。

「どこや?」
と、思って、あたりを見回してみると、二月堂の前にある大きな杉の木のてっぺんに、赤ん坊がいるではありませんか!

そう、あのトンビが、さらってきた赤ん坊を二月堂の前の杉の木に、ちょこんと落していっていたのです。

お坊さんは、さっそく杉の木に登って、赤ん坊を降ろし・・・

「よしよし、大丈夫やったか?これも何かの縁やなぁ」
と言って、その赤ん坊を育てる事にしました。

やがて、その赤ん坊は、たいへん賢い小坊主に育ち、それから後も、たくさんの修行をして良弁という立派なお坊さんになりました。

・‥…━━━☆

このお話に出てくる良弁(ろうべん)という人は、持統三年(689年)に生まれて宝亀四年(774年)に死没したといわれている華厳宗(けごんしゅう)の僧で、通称・金鐘行者(こんしゅぎょうじゃ)と呼ばれた実在の人物です。

天平五年(733年)に羂索院(けんさくいん)を建立して仏像を造り金鐘寺(こんしゅじ)と称しました。

かの聖武天皇が良弁に帰依事から、天平十四年(742年)には、その金鐘寺が大和国分寺に指定されます・・・これが、現在の東大寺です。

つまり、良弁さんは、東大寺の初代の別当(べっとう・寺務を司る人)という事になります。

晩年には、僧正という高い位を授かっていますので、とんびが運んだかどうかはともかく、立派なお坊さんになられた事は間違いありません。

ちなみに、この良弁さんがちょこんと乗っかっていた杉が、あの二月堂の前にある大きな杉・・・現在も、この杉は良弁杉と呼ばれます。

2gatudouroubensugi600 二月堂と良弁杉

さらにさらに・・・
気になるアノ事・・・

伝説では、立派に成長した後、無事、お母さんと再会できた事になっていますので、くれぐれもご安心を・・・
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】で応援を・・・
このブログ内での人気ページとしてランキングされます
(゚ー゚)あなたの応援で元気でます!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« オークラ前の桂小五郎像が見つめる物は? | トップページ | 村上天流VS樋口定次~烏川原の決闘 »

京都・大阪・奈良史跡巡り」カテゴリの記事

怨霊・伝説・昔話・不思議話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/33763690

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺・二月堂にまつわる奈良の昔話~良弁杉:

« オークラ前の桂小五郎像が見つめる物は? | トップページ | 村上天流VS樋口定次~烏川原の決闘 »