« 伊賀で当麻で箸墓で…壬申の乱・大和の戦い | トップページ | 歴代天皇表にない慶光天皇とは?~尊号一件 »

2010年7月 5日 (月)

謎の下山事件

 

昭和二十四年(1949年)7月5日、当時、国鉄総裁を務めていた下山定則さんが、出勤途中に失踪しました。

・・・・・・・・・・

世に、下山事件と呼ばれる一件です。

昭和二十四年(1949年)7月5日朝、下山定則(しもやまさだのり)国鉄総裁は、公用車にて出勤途中、「買いたい物があるので・・・」と、日本橋三越デパートの前で車を降り、運転手を待たせたまま行方不明になったのです。

その日は、午前9時から重要な会議があり、普段遅れる事がなかった下山総裁から、連絡すらない事を心配した秘書が、自宅に電話して家人に確認したところ、「いつも通り公用車で出た」との回答・・・庁内は大騒ぎとなります。

やがて、同じ日の深夜・・・つまりは、日づけが変わった6日午前0時過ぎ、常磐線下りの綾瀬駅手前で、轢死体(れきしたい・列車にひかれた死体)となった下山総裁が発見されたのです。

下山総裁が、前日の7月4日に発表されたばかりの国鉄職員3万7千人の人員整理の最高責任者だった事から、この事件は、それに伴う心労からの自殺か?、あるいは、それを恨みに思った過激な国鉄関係者による他殺か?と、取りざたされる事件となったのです。

その後、ご遺体の鑑定を担当した東大教授と慶大教授の意見も対立し、その注目度は、さらに増していったのです。

最初、警察内部では、ご遺体の身元が下山総裁であるとわかった時点で、他殺とも考えられましたが、その後、死亡直前の足取りを調べていくうち、第3者の存在を疑わせるものがなかった事から、自殺との見方をしていたと言います。

遺体発見の前日、
現場近くの旅館で、下山総裁らしき人物が、1人で休憩をとっていた・・・・
とか、
現場付近でも、下山総裁らしき人物が目撃されているものの、その時も1人であった・・・
などと、1人で行動していたと思われる目撃証言ばかりだったのです。

ただし、この見解は、警察が公式に発表したものではなく、事件より半年経ってから、スクープとして雑誌が公表したものです。

もちろん、雑誌だけではなく、新聞各社もこぞって、自殺説・他殺説と、独自の取材による見解を展開していきます。

注目を浴びる事件なだけに、当時人気の作家や評論家などの様々な推理も展開されたわけですが、それらの多くは、遺体の損傷に比べて着衣が傷んでいない事、ライターなどの所持品がない事、着衣に不審な物質が染みこんでいた事、靴に歩いた形跡が見当たらない事、などから、他殺説に傾く事が多く、色々な犯人像が推理されました。

他殺となれば、最も多いのは、やはり国鉄関係者説ですが、当時の日本は、未だ占領下にあった事からか、アメリカの陰謀説なども登場しました。

アメリカ陰謀説の場合は、組合の活発な活動が、日本人の思想に変化をもたらすのではないか?と恐れたから・・・というものですが、もちろん、これも含めて、すべての見解は、あくまで推理にすぎません。

先に書かせていただいたように、警視庁の捜査一課は、自殺との見方をし、一方の検察は、あくまでも他殺の立場をとり続けたと言われる下山事件ですが、結局、昭和三十九年(1964年)7月6日時効成立となり、事件は迷宮入りとなりました。

・‥…━━━☆

歴史と呼んで良いのかどうかも悩む昭和の時代の、しかも迷宮入りの未解決事件ですから、丹念に調査された方々の書籍やサイトが世間に数ある中、近代史が苦手な私が、なんだかんだと論ずる事など、到底できませんし、ブログに書くかどうかさえ悩んだ、本日の下山事件ですが、せっかく「今日は何の日」というテーマのブログなので、7月5日という日にあった出来事の一つとして、世間一般に公表されている事件の経緯という形で、今回は、私見を挟まず書かせていただく事にしました。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 伊賀で当麻で箸墓で…壬申の乱・大和の戦い | トップページ | 歴代天皇表にない慶光天皇とは?~尊号一件 »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

近代的な物も含めていつも勉強になりますhappy01

投稿: みか | 2010年7月 5日 (月) 19時36分

茶々様
60年前にそんなことがあったとは。
綾瀬駅を知っている私としては、びっくりです。

投稿: いんちき | 2010年7月 5日 (月) 20時33分

こんばんは。下山事件、初めて知りました。長い歴史の目で見たら、つい最近のことですよね。ちなみに古代史に興味ありますが、昭和史の勉強をしたくなりました。

投稿: 露草 | 2010年7月 5日 (月) 20時59分

みかさん、こんばんは~

こういった事件は、なにやら今でもありそうで、なかなか「歴史」とは考えづらくて重さを感じてしまいます。

投稿: 茶々 | 2010年7月 5日 (月) 22時28分

いんちきさん、こんばんは~

そうですね~
60年前となると、もう70歳以上の方くらいしか記憶に残っていないかも知れませんね。

近くだとびっくりしますね。

投稿: 茶々 | 2010年7月 5日 (月) 22時32分

露草さん、こんばんは~

私も、ブログを始めてから知った事件です。
「今日は何の日」というテーマでブログをやっていなかったら、ずっと知らないままだったかも知れません。

今回、書くにあたって、もう少し深く知りたいと、イロイロ調べてみましたが、事件前後の状況など、丹念に調査している方が多いのに驚きました。

まだまだ、知らない事がたくさんあります。

投稿: 茶々 | 2010年7月 5日 (月) 22時37分

茶々様 こんばんは!

松川事件・三鷹事件と並ぶ国鉄三大事件のひとつですよね。中学のとき、下山事件に関する本をなんとなく手にとって開いたときに、下山総裁の轢死体分布図が載っててバラバラ加減にびびった覚えがあります(苦笑)
モーニングで連載している「BILLY BAT」(「20世紀少年」の浦沢直樹先生作)では下山事件をアメリカの陰謀として取り上げています。実際のところ真犯人は誰だったのでしょうね。誰にせよ、わざわざ轢死体にしなくても…

投稿: ryou | 2010年7月 6日 (火) 21時21分

ryouさん、こんばんは~

>中学のとき…

中学の時にご覧になったとは…
ちょっと、印象に残ってしまいますね。

やはり漫画はあなどれませんね~

投稿: 茶々 | 2010年7月 7日 (水) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/35640921

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の下山事件:

« 伊賀で当麻で箸墓で…壬申の乱・大和の戦い | トップページ | 歴代天皇表にない慶光天皇とは?~尊号一件 »