« 勤王の志士たちを支えたパトロン・白石正一郎 | トップページ | アンケート企画「戦国の幕を引いたのは?」 »

2010年9月 1日 (水)

関東大震災~大川常吉のチョットいい秘話

 

大正十二年(1923年)9月1日午前11時58分、相模湾北西部を中心とするマグニチュード7.9の巨大地震が起こりました・・・ご存知『関東大震災』です。

・・・・・・・・・・・

・・・と、3年前の今日は、その関東大震災の当時の災害ボランティアについて書かせていただきましたが2007年のページへ>>)、そのページにも書かせていただいたように、飛び交うデマのパニックによって、自然災害ではない悲惨な事件が起こった事も確かです。

「震災の混乱に乗じて、朝鮮人が井戸に毒を入れたり、放火や強盗をして暴れまわっている」というデマです。

他にも、
「今夜、もう一度、地震が来る」
とか、
「富士山が大爆発している」
などのデマも飛び交った事から、不安にかられた人々が暴徒と化し、一斉に朝鮮人を襲撃・・・何千人もの人が犠牲になりました。

しかし、そのような状況の中でも冷静に対処し、朝鮮人の命を守った人もいました。

横浜は鶴見の警察署長大川常吉さんです。

震災後、暴徒化した民衆から追われ、彼の警察署に助けを求めに来た朝鮮人は約300人ほどいたと言います。

最初は、近くの総持寺に彼らを収容していた大川署長でしたが、デマに翻弄された民衆の勢いが頂点に達したため、安全を考慮して警察署内に彼らを保護しました。

それを知った人々は警察署そのものを包囲し、「朝鮮人を殺せ!出せ!」と大騒ぎ・・・その数は1000人以上に膨れ上がっていたとか・・・

やがて、誰からともなく
「朝鮮人に味方する警察署なんて、叩き壊せ!」
という声が上がります。

その声に扇動されるように、今、まさに民衆が襲撃しようとした、その時・・・

覚悟を決めた大川署長は、群衆の前に大きく手を広げて立ちふさがり、大きな声で叫びます。

「そこまで、私の事を信頼できないのなら、この私を殺してから朝鮮人を殺すがいい!」
さらに・・・
「朝鮮人が井戸に毒を入れたというなら、その井戸の水を持って来なさい!
私が、皆の前で飲んでやろう!
もし、私に異常が出たなら、朝鮮人を引き渡そう!
しかし、何もなければ、彼らは私に預けなさい!」

と続けました。

そして、実際に皆の前で、誰かが持ってきた、その井戸水を飲み干したのです。

もちろん、異常などありません。

大川署長の対応に、少し落ち着きを取り戻した民衆は、徐々に引き上げ、ここでは、一人の犠牲者も出すことなく、事態は収まりました。

その後、横浜市内や他の警察署で保護されていた朝鮮人も合わせて、723人となった彼らは、安全のため、神戸の鈴木商店所有の貨物船・華山丸の船内にて、しばらくの間、隔離収容され、また、一部の希望者は神戸へと移送されるなどして無事に過ごしました。

後に、インタビューに答えた大川署長は、
「日本人であろうと、朝鮮人であろうと、人の命には変わりはありません。
警察官の仕事は、人の命を守ること・・・当然の事をしたまでです」

と語ったと言います。

大川署長は昭和十五年(1940年)に63歳でこの世を去りますが、彼のお墓の横には、在日朝鮮人の方たちによる「感謝の碑」が建てられています。

天災は、ある程度、いたし方ありません。

しかし、そこから引き起こされる2次災害は、人の手によって防ぐ事が可能です。

まして、デマによるパニックなど・・・

その点、最近の日本では「災害時の正確な情報」という事が徹底され、被害に遭われた方々も、比較的落ち着いて行動されているように見受けられます。

余談ではありますが、我が家の地デジ対応レコーダーは、以前録画した番組を再生中でも、緊急放送が入ると再生をストップさせ、その緊急放送を行ってるチャンネルに、自動的に画面が切り替わります。

これは、取扱説明書には書いていない機能のようですが、「2度と同じ間違いを起こさないように」という願いが込められているのかも知れません。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 勤王の志士たちを支えたパトロン・白石正一郎 | トップページ | アンケート企画「戦国の幕を引いたのは?」 »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

東京では9月1日に防災訓練を行いますが、関西地区では1月に行う事がありますか?
関東大震災は「昼ごはん前」と言うことで、火災がすごくて東京が火の海になったとか。
関東大震災を記憶している人はもう100歳を超えていますね。

投稿: えびすこ | 2010年9月 1日 (水) 09時58分

茶々さん、おはようございます!

大川署長さん、なかなかあの時代にもかかわらず、人道的に優れた人物だったのですね。
人間、パニくると何しでかすかわかりませんしね。冷静沈着な対応をされたのは素晴らしい事だと思います。
さて、この大川署長さんと同様に朝鮮の人たちの心に刻まれている日本人として布施辰治という人物がおられました。この布施辰治の記事をTBさせて下さいませ!

投稿: 御堂 | 2010年9月 1日 (水) 10時01分

茶々さん
こんにちわ(^-^)

あたしは阪神淡路大震災を経験しましたが、やはり暴走した一部の人達がコンビニを襲い物を盗んだりしてましたし、ここぞとばかりに、屋台のたこ焼きが一皿千円だったりと…

ホント人間って自分の私利私欲の為なら何でもするんだなぁ~って思いました。
でもその中でも、署長さんのように、勇敢で正義感溢れるいい人もいらっしゃるんだと実感しました(^O^)

投稿: みか | 2010年9月 1日 (水) 12時11分

えびすこさん、こんにちは~

1月に関連行事が行われると思いますが、防災訓練などは、関西でも、今日の「防災の日」に行われるんじゃないでしょうか?

投稿: 茶々 | 2010年9月 1日 (水) 13時16分

御堂さん、こんにちは~
トラバ、サンクスです。

>布施辰治さん…

こんな弱者のために戦った弁護士さんがいたんですね~知りませんでした

すばらしい人を教えていただき感謝です!

投稿: 茶々 | 2010年9月 1日 (水) 13時19分

みかさん、こんにちは~

阪神大震災の時は大阪を離れていたので、私自身は、ニュースか、家が全壊した親戚の話を聞くくらいですが、やはり、そうような出来事もあったんですね。

普段は冷静でいられるはずなのに、やはり災害は恐ろしいですね。
でも、その中で冷静に対処できる人は、本当に立派です。

投稿: 茶々 | 2010年9月 1日 (水) 13時25分

 今朝のNHKの「おはよう日本」で、この件が取り上げられていましたね。改めて彼の人道精神に頭が下がりますo(_ _)oペコッ

投稿: えびすこ | 2010年9月 2日 (木) 16時19分

えびすこさん、こんばんは~

>今朝のNHKの「おはよう日本」で…

そうなんですか?
すばらしい話が多くの人に知ってもらえて良かったですね。

投稿: 茶々 | 2010年9月 2日 (木) 19時13分

茶々さんおはようございます。
昨日の地震では首都圏でも死者・被害が出ました。
「被害規模」では過去最大規模かも。
私は発生時は職場にいたんですが、机の下にもぐりました。
あの時オロオロしました。w(゚o゚)w
職場から家まで近いので無事に帰れました。家族も近所の人も全員無事です。
西日本では震度が小さいとの事ですが、今でも関東は小さい地震があります。新幹線は東日本はまだ影響があります。
JR首都圏は12日午前8時まで電車が運休しました。
今日、全線開業の九州新幹線はどうなんでしょう?

投稿: えびすこ | 2011年3月12日 (土) 09時51分

えびすこさん、こんにちは~

大変な被害となりましたね。
まずは、人命優先…がんばっていただきたいと思います。

投稿: 茶々 | 2011年3月12日 (土) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/36477035

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大震災~大川常吉のチョットいい秘話:

» 「弁護士 布施辰治」 [歴史~とはずがたり~]
明治末期から昭和前期にかけて、1人の刑事弁護士が弱者の味方となって活躍しました―布施辰治という人物です。 今年で布施が生誕してから130年。それを記念して、ドキュメンタリー映画が制作されました。 それが「弁護士 布施辰治」というものです。 ― ◇ ◇ …... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 09時53分

« 勤王の志士たちを支えたパトロン・白石正一郎 | トップページ | アンケート企画「戦国の幕を引いたのは?」 »