« 龍馬伝・第47回「大政奉還」と徳川慶喜の思惑 | トップページ | 戦いの空しさに出家した源氏の猛将・熊谷直実 »

2010年11月24日 (水)

小田原征伐を宣言!秀吉の宣戦布告状

 

天正十七年(1589年)11月24日、豊臣秀吉北条氏直宛に宣戦布告の書状を送りつけました。

・・・・・・・・・

亡き織田信長の後を受けて、天下統一を進める豊臣秀吉・・・

天正十三年(1585年)には四国を平定し、翌・天正十四年から十五年にかけて九州を平定し、その間に、越後(新潟県)上杉景勝とも主従関係を結び、天正十四年の11月4日付けで『関東惣無事令』を、翌・天正十五年の12月3日付けで『奥両国惣無事令』を発布します。

この『惣無事令』というのは、「これまで、戦国の世のおいて武力で以って行われていた領地の奪い合いなど、大名の私的な争いを禁止する」という事で、秀吉が関白の権限で行った、まさに、天下統一の証とも言える命令です。

しかし、ここにきても、まだ、秀吉に従わなかったのが、あの北条早雲以来、100年に渡って関東を牛耳ってきた北条氏です。

この頃の北条氏の家督は、すでに氏直が継いでいたものの、未だ、その父親の氏政の意向が大きく反映される状況で、北は伊達政宗(だてまさむね)と結び、南は徳川家康の娘を氏直の嫁とし、この三国の同盟により、秀吉に対抗できると思える状況でした。

しかし、ここに来て、さすがの北条も少しは柔軟な態度へと変化して来てはいました。

・・・と言うのも、あの小牧長久手の戦い以来、家康は秀吉の傘下となり(10月17日参照>>)、対立ではなく、むしろ間に立って北条を説得する方向へと転換していたからです。

家康からの
「なんとか、上洛して秀吉っさんに頭下げてくれへんかな?
もし、アカンかったら、娘を返してくれてもええんやで」

と、明らかに秀吉寄りの書状によって、氏政・氏直父子も態度を軟化させ、天正十六年(1588年)には氏政の弟・氏矩(うじのり)上洛させたりなんかもしてみます。

ひょっとしてウマく行けば、このまま、北条も豊臣の傘下に収まったかも・・・とも思える状況ですが、そうは問屋が卸ませんでした。

天正十七年(1589年)10月23日、北条配下・沼田城猪俣邦憲(くにのり)が、真田の物となっていた名胡桃城を突然奪った事件・・・名胡桃城奪取事件(10月23日参照>>)が勃発!

明らかに、冒頭の『惣無事令』に違反しています・・・とは言え、なんだか「違反してください」と言わんばかりの目と鼻の先の位置に、領地問題のややこしい双方の城が・・・という状況は、やはり、秀吉のたくらみがムンムン

とにかく、「傘下になるんだかならないんだか、のらりくらりと引き延ばすんなら、やってまうゾ!」と思っていた秀吉にとって、そのきっかけには、持ってこいの事件だったわけです。

とは言え、もはや天下を手中に収めた感のある秀吉・・・まだ、慌てません。

ここで、もう一回、謝罪の意味を込めて、氏政・氏直父子の上洛を要請します。

しかし、それを潔しとしなかった氏政は、ここに来て、またまた、のらりくらりと・・・

かくして天正十七年(1589年)11月24日、ついに秀吉は5ヶ条からなる北条征伐の宣戦布告状を氏直宛てに発したのです。

Hideyosiodawarasyuinzyou1000 秀吉の朱印状(笠岡市蔵)

「一、北条事、近年公儀さげすみ、上洛あたはず、殊(こと)に、関東において我意(がい)にまかせ狼藉(ろうぜき)の条、是非に及ばず
(しか)る間、去る年御誅罰(ごちゅうばつ)を加へらるべきところ、駿河大納言家康卿、縁者たるによって、種々懸望の間、条数を以て仰せ出され候(そうろう)へば、御請け申すについて、御赦免なされ、即(すなわ)ち、美濃守まかりのぼり、御礼申し上げ候事・・・」

・・・と、冒頭部分は、まずは、弟の上洛へのお礼なんか言っちゃってるところが、よけいに怖い(〃゚д゚;)ゝ

「怒らへんから、なんでか理由言うてみぃ」
と、笑顔で語りかけるオカンのようです。
(理由言うたらゼッタイ怒られるパターン).

・・・で、このあと、名胡桃城争奪戦の経緯に触れながら、徐々に北条批判へと移り、その次には、自分が信長に仕えてから、徐々にのし上がって行く様を、明智光秀柴田勝家を例に出して自慢げに話しつつ、いかに自分が強いかをアピール

最後の条では、自らを「天道に相叶(あいかな)ふ者」「万機の政(まつりごと)にあずかる者」と位置づけて、
「天道に背いた氏直には、必ず天罰が下る!」
「来年には、絶対、首取ったる!」

と、まさに「天に代わっておしおきヨ!」脅しをかけているのです。

さらに、秀吉の巧みなところは、これを、北条に送りつけるだけでなく、同じ書状を伊達政宗や真田昌幸(まさゆき)など、各大名にもバラまいています。

つまり、何も言わずとも味方になるように、すでに手を打っているわけです。

はたして半月後の12月10日、京都の聚楽第(じゅらくだい)での軍議(12月10日参照>>)・・・
そして翌年3月29日には、いよいよ小田原征伐開始となるのですが、そのお話は3月29日のページでどうぞ>>
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 龍馬伝・第47回「大政奉還」と徳川慶喜の思惑 | トップページ | 戦いの空しさに出家した源氏の猛将・熊谷直実 »

戦国・桃山~秀吉の時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/37817350

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原征伐を宣言!秀吉の宣戦布告状:

« 龍馬伝・第47回「大政奉還」と徳川慶喜の思惑 | トップページ | 戦いの空しさに出家した源氏の猛将・熊谷直実 »