« 天下取りにパーフェクト?徳川家康の改名 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2011~新年のごあいさつ »

2010年12月31日 (金)

2010年歴史は動いた~新発見・総まとめ

 

今年も、残すところ、あとわずか・・・
皆さま、お健やかな大晦日をお過ごしでしょうか。

本日は、その2010年を「今日は徒然」風に、今年動いた歴史など振り返ってみましょう。

・‥…━━━☆

今年、なんと言っても一番は、奈良県明日香村のあの牽牛子(けんごし)塚古墳の大発見ですね。

もちろん、この古墳の存在自体は、昔から認知されていて、7世紀後半の物という事も、すでに確認されていましたが、今年行われた発掘調査によって、その形状が八角形である事が判明した事・・・

この時代の古墳の八角形は、天帝を示すとされ、この古墳が天皇陵である事が有力となり、以前から噂されていた斉明天皇(7月24日参照>>)の御陵である事が確実となったのです。

さらにその後の調査で、牽牛子塚古墳の南側20mの所に石室を確認・・・日本書紀では、その斉明天皇の御陵に寄り添うように、孫の大田皇女(おおたのひめみこ)が葬られた事が書かれており、まさに、その記述を裏付ける形となったわけです。

一方、沖縄石垣島の洞窟では、推定2万年~15000年前と思われる人骨が発見され、今後、日本人のルーツをたどるうえで貴重な資料となる事でしょう。

また、奈良県桜井市茶臼山古墳では、これまでの記録を塗り替える数の銅鏡の発見・・・バラバラの破片となってはいましたが、その数は300点以上にもなり、一つ一つ復元すれば、合計で80枚以上の数であろうと予想される事から、おそらくは大王クラスの人物の古墳であろうとの鑑定結果が出ました。

さらに10月25日には、あの東大寺・大仏殿にて、明治時代に発見されていた太刀のX線撮影で、その太刀に「陽劔(ようのけん)」「陰劔(いんのけん)」の文字が書かれていた事が、新たに判明・・・これが、奈良時代に行方不明となっていた正倉院の宝物であった事が分かり、歴史のロマンを感じさせてくれました。

そして、6月26日、個人的には今年最大の印象的な出来事となった発掘調査報告・・・大阪城天守閣の北側にある「山里丸(やまざとまる)と推定される場所で、大坂夏の陣で焼けたとおぼしき大量の瓦が発見された事・・・このニュースに関連して、わがブログの最高記録・14万4586アクセスの訪問数をいただきました(6月27日参照>>)

その時にも書かせていただきましたが、あまりに多くのアクセスをいただいたおかげで、ココログのサービスを提供されている@niftyさんと、ちょっとしたトラブルになってしまいましたが、それも速やかに解決(7月8日参照>>)・・・今となっては、忘れられない笑える思い出となりました。

そして、大阪城関連では、つい昨日・・・歴史好きにはうれしいニュースがありました。

以前、豊臣秀吉のご命日関連で、大阪城の歴史のような記事で書かせていただいた通り(8月18日参照>>)、現在の大阪城の石垣は、すべて徳川時代の物で、秀吉の大阪城は、その約10mほど下に、石垣ごとスッポリと埋められた状態となっているわけですが・・・
Dscn7118a600 (一部発掘されている豊臣時代の石垣についてはホームページの歴史散歩で、その発見の経緯やボウリング跡からの写真を含め、くわしくご紹介していますので【大阪歴史散歩・ヒミツの大阪城】でどうぞ>>別窓で開きます

・・・で、その地下に眠る豊臣時代の石垣を、常時見学できるようにする地下博物館建設の計画がある事を大阪市が発表したのですよ!

上記のホームページの同じページでご紹介している秀吉が構築した太閤下水・・・ここも、未だ現役の下水である事から、以前は関係者以外立ち入り禁止となっていましたが、3年前にのぞき窓が設置され、ガラス越しではありますが、常時、見学できるようになりました。

もちろん、その太閤下水ののぞき窓とは比べ物にならないくらいのビッグプロジェクトですから、今すぐに・・・ってワケにはいきませんが、私自身も、未だ上から覗いた事しかない幻の石垣を、真横から間近に見られるとなると、もうすでに、胸は期待でいっぱいです。

最後に、本年は、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」だった事で、坂本龍馬がブームとなり、龍馬に関連する新発見が複数登場しましたね。

6月には、龍馬が、大政奉還(6月22日参照>>)するにあたって土佐藩の参政・後藤象二郎を激励する手紙の下書きが高知県の民家から発見されました。

7月には、京都の、やはり一般のお宅で、龍馬最古となる剣術修業時代の手紙が発見されました。

他にも、武市半平太(5月11日参照>>)獄中書簡や、蒸気船・いろは丸の購入契約書などなど・・・中でも、個人的に興味深かったのは、富山で発見された、中岡慎太郎のあの有名な笑顔の写真の原版

そう考えると、ブームになるのも悪くはないですね~
・・・て、事は、来年は、お江さんに関する新たな発見が相次ぐって事???
う~~ん、うれしい限りです。

さぁ、あと10余時間・・・来るべき新年に期待をこめて・・・
「今日は、笑ってはいけないスパイで大いに笑わせてもらおう」っと
(↑歴史に関係ない(゚ー゚;)

とにもかくにも、今年1年、「今日は何の日?徒然日記」にご訪問いただき、ありがとうございました。

徐々にではありますが、年々増えていく傾向にあるアクセス数に、うれしい毎日を送る管理人・茶々でございますゆえ、来年もよろしくお願いします。

ではでは、
皆々様も、良いお年をお迎えくださいませo(_ _)oペコッ
 .

あなたの応援で元気100倍!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


« 天下取りにパーフェクト?徳川家康の改名 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2011~新年のごあいさつ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 竜馬ブームで、今までスポットライトが当たらなかった人物が話題になりましたね。高知の岩崎弥太郎、岡田以蔵。「お江」では、どんな人物が注目されるでしょうね。イケメン俳優が演じる役も多そう。

投稿: やぶひび | 2011年1月 1日 (土) 11時12分

やぶひびさん、
あけましておめでとうございますo(_ _)o

今年の大河は、かなり出演者が多いみたいで、楽しみです。

本年もよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2011年1月 1日 (土) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年歴史は動いた~新発見・総まとめ:

« 天下取りにパーフェクト?徳川家康の改名 | トップページ | ぶろぐ河原の落書2011~新年のごあいさつ »