« 生涯の誇り~クラーク博士のambitious | トップページ | この生涯、主君に捧ぐ…田宮如雲の忠誠心 »

2011年4月18日 (月)

北斎からの挑戦状?北斗信仰と八つ橋の古図

 

嘉永二年(1849年)4月18日は、あの葛飾北斎さんのご命日です。

・・・・・・・・・

葛飾北斎(かつしかほくさい)と言えば、あの「富嶽三十六景」を思い出しますが、富嶽三十六景は天保二年(1831年)から天保四年にかけて製作された作品で、この時、北斎はすでに70代の前半・・・

と、3年前・2007年4月18日と、まったく同じ書き出しではじめてみましたが、3年前のご命日には、その生涯について書かせていただきましたので、北斎さんご本人については、ソチラのページ(2007年4月18日を見る>>)で見ていただくとして、本日は、ちょっとした話題になっている作品について・・・

・‥…━━━☆

安永七年(1778年)、19歳で浮世絵師・勝川春章に入門して学ぶうち、役者絵が自分の性に合わない事を悟った北斎は、師匠の美人画に影響を受けて、数々の美人図を描き残しますが、やがて、見る側を驚かす、あるいは試すがごとき「からくりの世界」へと入っていきます。

まさに、それこそが、北斎一番の魅力と言えるわけですが・・・

たとえば、この『たかはしのふじ』・・・
Hokusaitakahasinofuzi400 たかはしのふじ(葛飾北斎)

手前の橋を見上げる視線・・・
遠くへと消えゆく両岸の視線・・・
そして真正面に富士山が見える平行な視線・・・

と、3つの視線が交錯する現実にはありえない構図が、奇妙な空間を演出するとともに、見た側に異常に高い橋桁を強く印象づける・・・見事な遊び心と見事な狙いです。

名前をひらがなで横向きに書いたのは、何とかローマ字に見せようとしたのだとか・・・おもしろいですね。

そんな北斎・・・若い頃はイロイロと名前を変えた時期もありましたが、寛政十年(1798年)、40歳になって北斎を名乗ってからは、その名前も定着しました。

・・・で、この北斎という名前・・・ご存じの方も多いでしょうが、これは彼が尊崇した妙見(みょうけん)信仰に由来すると言われています。

妙見信仰とは、日蓮宗と合体した民間信仰で、北辰菩薩とも妙見菩薩とも言われる菩薩様に祈り、救済を求める信仰・・・この北辰(ほくしん)というのはズバリ北極星の事です。

古代・・・人々は北の空に輝くたった一つの動かない星を見つけ、他の星は、その周りを巡っている事を知りました。

中国では、この星を「北辰」と呼び、天文観察の基準とするとともに、信仰の対象とし、やがて道教が広まるにつれ、北極星=神とみなされるようになっていきます。

これが、仏教に取り入れられて、北辰菩薩や妙見菩薩となるのですが、これが日本に伝わると、北極星に北斗七星が加わり、ともに信仰の対象となります。

さらに、千葉県安房出身の日蓮の教えを信仰していた東国の武士たちを介して日蓮宗と結び付き、戦国時代には勝利を導く軍神としても崇められました。

・・・で、ここでご紹介するのが、北斎の『諸国名橋奇覧・三河八つ橋の古図』という作品・・・
Hokusaimikawano8tuhasi400a 三河八つ橋の古図by葛飾北斎(知立市歴史民族資料館蔵)

古くから、カキツバタの名所として知られる三河八つ橋(愛知県知立市)で、橋の上を行き交う人々を描いた物ですが・・・

描かれた人物は全部で11人・・・

その中で、丸くて薄茶色っぽい傘をかぶったり、持ったりしている人が7人・・・

橋や周囲の景色に遠近法を使っているにも関わらず、人物と傘がほとんど同じ大きさで描かれているため、これがかなり目立ちます。

また、傘ではなく、ワラを担いでいる人が一人いますが、これが、傘とまったく同じ色なので、やはり、目立ちます。

逆に、傘をかぶっていいる人の中で、ひとりだけ真横から見た形で、しかも、その傘がバックの橋とかぶってしまって目立たない人もいます(左下)

これは明らかに意図的に目立つ・目立たないを操作している気がしますね~

・・・で、これらの目立つ人々を線でつなぐと・・・
Hokusaimikawano8tuhasi400b 目立つ傘とワラを線でつなぐと…

なんと!北斗七星の形になるw(゚o゚)w

果たして、これは・・・
「君にわかるかね?」なんていう北斎からの挑戦状なのか?

それとも、単なるこじつけor思いすごしなのか?

興味津々ですね。

追記:画像はすべて、クリックすると大きくなりますので、大きくして見てみてネ!
 .

内容が「おもしろかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 生涯の誇り~クラーク博士のambitious | トップページ | この生涯、主君に捧ぐ…田宮如雲の忠誠心 »

江戸時代」カテゴリの記事

コメント

トリックアートの才能もあったですね。鳴き竜の天井絵も。

投稿: やぶひび | 2011年4月18日 (月) 16時33分

やぶひびさん、こんばんは~

写真がない時代に、あの「神奈川沖浪裏」の描写もスゴイですよね~

ストップモーションかかったみたいで…

投稿: 茶々 | 2011年4月18日 (月) 22時08分

ホクサイ・コードとして、ぜひ映画化してほしいもんす。

投稿: 黒駒 | 2011年4月19日 (火) 13時13分

黒駒さん、こんにちは~

謎が謎呼ぶホクサイ・コード…
イイですね~

投稿: 茶々 | 2011年4月19日 (火) 17時17分

>名前をひらがなで横向きに書いたのは、~

はい?何ですかソレ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?

見えなくもないですが...絵を横にすると、ただのひらがなですね。(笑)
北斎が印象派に影響を与えたことを考えると、なんだか微笑ましく思います。

てか、ローマ字くらい勉強しろよぉ~。
出来るでしょ、時代的に。

投稿: ことかね | 2011年4月20日 (水) 11時51分

ことかねさん、こんにちは~

>ローマ字くらい勉強しろよぉ~

アハハ…そうですよね~

ただ、この頃の北斎は、木版画でありながら銅版画の技法を真似たりして遊び心満載なので、真剣にローマ字に見せようというよりは、その遊び心の一つかも知れませんね。

投稿: 茶々 | 2011年4月20日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/39655881

この記事へのトラックバック一覧です: 北斎からの挑戦状?北斗信仰と八つ橋の古図:

« 生涯の誇り~クラーク博士のambitious | トップページ | この生涯、主君に捧ぐ…田宮如雲の忠誠心 »