« 外国の脅威から江戸を守る…品川砲台場・建設 | トップページ | 「女は顔やないで!」吉川元春の嫁選び »

2011年8月29日 (月)

生駒山に初のケーブルカー誕生…ケーブルカーの日

 

大正七年(1918年)8月29日、大阪電気軌道(現在の近鉄))の子会社である生駒鋼索鉄道が、奈良県生駒山の鳥居前⇔宝山寺間日本初のケーブルカー=近鉄生駒ケーブルを開業させました。

なので、今日8月29日は「ケーブルカーの日」という記念日でもあります。

・・・・・・・・・・

大阪と奈良の府県境に南北に走る30km余りの山脈・・・これが生駒山脈(生駒山地とも)です。

その名前は、応神天皇の時代に百済から献上された馬を放牧した事に由来すると言われますが、標高300~400mの低い山々が連なる山脈で、最高峰の生駒山でも642mにすぎないですから、おそらく他府県の方々から見れば、「それ、どこ?」ってな感じだと思いますが、これが、大阪府民にとっては、なかなか思い入れのある山なのです。

なんたって、小中学校(特に大阪市内)の校歌によく出て来る(爆)

まぁ、大阪から見れば、生駒山からお日様が登って来ますから、美しいご来光とともに浮かび上がる生駒山の風景は絵になりますので、歌にもしやすい・・・

Dscn1149a800 淀屋橋から見た生駒山
江戸時代は、このあたりがご来光を拝む名所でした(現在も、毎年10月に「ご来光カフェ」というイベントが行われています…
【参照ブログへ>>別窓でひらきます)

それに、山頂にはテレビやラジオの送信所と中継局が設置されていますので、言わば関西圏の東京タワー(今後はスカイツリーかww)の役目も果たしていますから、これが無きゃ、大阪府民はテレビも見られない!!・・・

しかも、山上には様々なアトラクションのある遊園地もあり・・・テーマパーク全盛の今となっては、ちょっとレトロな昔ながらの遊園地で、もっぱらファミリー向けと言われますが、それこそ、一昔前までは、大阪在住のカップルのデートの場所でもありました。

そう言えば、大阪から奈良へと生駒山を貫く阪奈道路「ヘアピンカーブがスゴイ」と、命知らずのドライビングサークル(←一応、こう呼んどきます)のメッカだった事も・・・(過去の話です)

とは言え、そんな生駒山は、太古の昔から神々が住むとされる神秘の山でもあります。

その影響か?
かつては、遊園地のお化け屋敷にホンモノが出るとか、生駒トンネルの中を走る時だけ電車の中の乗客の人数が増えるとか、野生のトラが生息してる・・・なんて都市伝説が語られる場所でもあります。

なんせ、あの神武天皇が東征した時(2月11日参照>>)、海から上陸した神武一行を阻んだ登美那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ)は、生駒の人ですから・・・

そんな生駒山の中腹にあるのが宝山寺・・・お寺の建つあたりは、古くは役行者(えんのぎょうじゃ)(5月24日参照>>)空海など、様々な聖人が修行を行う聖地とされる場所で、延宝六年(1678年)に宝山揕海(ちんかい)が、この地に大聖歓喜自在天(歓喜天・聖天)祀ったのが寺の始まりとされ、ご本尊は不動明王(1月28日参照>>)なれど、願い事を叶えてくれる歓喜天が庶民信仰と広く結びついた事から、「生駒聖天さん」の名で親しまれています。

国や人民といった公を守る天の仏神である不動明王よりも、現世でご利益のある聖天さんを求めてしまうのは、やはり、なにわの商売人のサガっちゅーもんでっしゃろか?

こうして多くの参拝客を集めた宝山寺・・・つまり大正七年(1918年)8月29日誕生した日本初のケーブルカーは、この宝山寺への参拝のための開業だったわけです。

Ikomacable800 開業当時の生駒山ケーブル(近畿日本鉄道蔵)…踏切でカゴが待っていますww

そもそもは麓に鳥居があり、そこから石段を上って中腹の堂塔のある境内へと向かうわけですが、これが、高低差300mとは思えないほどのなかなかのハードっぷりで、さすがは修業の場といった感じ・・・という事でケーブルカーのお出ましとなったのです。

昭和四年(1929年)には、宝山寺の先に1kmが完成して、先ほどの遊園地に直結しているところから、現在では、ケーブルカーの車両デザインが、遊園地の乗り物を思わせるかわいい犬の「ブル」と猫の「ミケ」という動物の形をしたパステルカラーでして生駒山上遊園地のHP・ケーブルカーのページで見てネ>>)

なんだかちょっとばかり「宝山寺&神秘なる生駒山」には似合わない雰囲気ではありますが、

おそらく、古代より大阪の庶民とともに暮らして来た大らかな生駒山の神様は、「それも、なかなか、ええんちゃうん」と、寛容に受け止めてくれはるような気がします。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 外国の脅威から江戸を守る…品川砲台場・建設 | トップページ | 「女は顔やないで!」吉川元春の嫁選び »

明治・大正・昭和」カテゴリの記事

コメント

(人'д'o)☆゚*。はじめまして。*゚☆(o'д'人)
大阪に住む中1の娘を持つ主婦です。
生駒山についてネット検索をしておりましたところ、茶々さんのブログに行き当たりました。
画像の一部を娘の冬休みの宿題のレポートに加えさせていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

投稿: lucky | 2014年1月 6日 (月) 21時11分

luckyさん、こんにちは~

コメントありがとうございます。

>画像の一部を…

という事ですが、どちらの画像でしょうか?
一目瞭然ではありますが、上部にある淀屋橋の写真は、私自身が撮影した物ですので、「どうぞ、ご使用ください」と言えますが、下部の古写真は、明記させていただいた通り近畿日本鉄道様の所蔵なので、私が「どうぞ」と言える立場ではありません。

ただ、写真の雰囲気から、おそらくパブリックドメインになっている写真と思われますので、このブログでは所蔵先を明記して掲載させていただいています。

たぶん、お子様の宿題での使用などは問題になる事は無いと思われますが、古写真に関しては、私が許可できる物ではない事をご承知いただければ幸いです。

ステキなレポートになると良いですね(*^-^)

投稿: 茶々 | 2014年1月 7日 (火) 09時59分

ありがとうございます。
了解です。
レポートには注記を入れておりますので、大丈夫だと思います。
おかげさまでレポートは無事に完成しました。
これから中2で歴史を勉強するらしいのですが、力強い味方が現れたようで嬉しいです。
またお邪魔したいと思います。(●^o^●)

投稿: lucky | 2014年1月 8日 (水) 01時01分

luckyさん、お返事、ありがとうございます。

お嬢様ともども、また、ブログに遊びに来て下さいo(_ _)oペコッ

投稿: 茶々 | 2014年1月 8日 (水) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/41391789

この記事へのトラックバック一覧です: 生駒山に初のケーブルカー誕生…ケーブルカーの日:

« 外国の脅威から江戸を守る…品川砲台場・建設 | トップページ | 「女は顔やないで!」吉川元春の嫁選び »