« 北海道開拓に尽力した黒田清隆 | トップページ | 幕末と維新後でイメージ違う…志道聞多こと井上馨 »

2013年8月28日 (水)

アンケート企画:歴史上最強&最恐の怨霊&怪談は?

さて、今宵は久々に、アンケート企画と参りましょう!

ここ何日間、朝晩は過ごしやすく、秋の気配を感じる今日この頃ではありますが、未だ日中は暑さ全開の真夏の様相・・・

という事で、今回のテーマは、過ぎ行く夏を惜しむべく・・・
「あなたが思う、日本の歴史上最強&最恐の怨霊&怪談は?」という事で、アンケート募集したいと思います。

こういう類いの話は、このブログでも時々ご紹介させていただいていますので、今回の選択肢は、ブログ記事の中から選ばせていただきましたが、もちろん、いつものように「その他」の項目でのコメントも受け付けております。

とりあえずは、個人的に「ゾ~~ッ」とする選択肢を16個用意させていただきましたのであなたが、1番「ゾ~ッ」とする項目に清き1票を・・・
という事でよろしくお願いしますm(_ _)m
※『怨霊・心霊・怖い話』のまとめ目次を参照>>

  1. 清涼殿に天からの一撃!
    菅原道真の怨霊
    日本三大怨霊の一人…(参照ページ>>)
  2. その首が関東へ飛ぶ!
    平将門の怨霊
    日本三大怨霊の一人…(参照ページ>>)
  3. 生きながら鬼と化し魔界の王となった
    崇徳天皇の怨霊
    日本三大怨霊の一人…(参照ページ>>)
  4. 怪談話の王道
    四谷怪談のお岩さん
    日本三大怪談の一つ…(参照ページ>>)
  5. 真夜中の井戸で「1枚…2枚」
    番町皿屋敷のお菊さん
    日本三大怪談の一つ…(参照ページ>>)
  6. 美しくも恐ろしい
    牡丹燈籠のお露さん
    日本三大怪談の一つ…(参照ページ>>)
  7. 平安の世に残る
    早良親王(崇道天皇)の怨霊
    桓武天皇をビビらせた…(参照ページ>>)
  8. 上杉謙信への怨み?
    春日山城の怪現象
    山城深く…(参照ページ>>)
  9. 柴田勝家の怨み?
    九十九橋の首無し武者
    その行列を見た者は…(参照ページ>>)
  10. 小田原征伐の悲惨な戦い
    八王子城の怖い伝説
    今も語り継がれる…(参照ページ>>)
  11. 奥州征伐の悲惨な戦い
    九戸城の怪談話
    諸説あるものの…(参照ページ>>)
  12. 夏の陣で散った難攻不落の城に…
    大阪城の怖い話
    豊臣の恨み、晴らさでおくべきか…
    (参照ページ>>)
  13. 今も残る城なればこそ
    姫路城の七不思議
    七不思議と言いながら…(参照ページ>>)
  14. 江戸の世で最も有名な
    鍋島の化け猫騒動
    今年話題になった首相官邸は鍋島藩邸の跡地…(参照ページ>>)
  15. 江戸を通じて噂された
    大奥開かずの間
    将軍・綱吉の最期は…(参照ページ>>)
  16. その他
    「やっぱ、アレでしょう」っていう項目がありましたらお知らせください
      

とりあえずは・・・
アンケートパーツが最大16項目しか選択肢にできないので、なんとか上記の16項目に絞ってみました。

勝手ながら、このアンケートは9月11日締切に締め切らせいぇいただきました。

・‥…━━━☆・

アンケートの投票結果&いただいたコメントは、コチラからどうぞ>>

あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


« 北海道開拓に尽力した黒田清隆 | トップページ | 幕末と維新後でイメージ違う…志道聞多こと井上馨 »

アンケートコーナー」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

田宮如雲は尾張では何の罪のない家臣を朝廷の命令と偽って大勢切腹させた大悪人と呼ばれています。切腹させられたり、蟄居させられた家臣が明治元年朝廷から褒賞されているのがその証拠です。一旦朝敵とされた家族は明治時代に無実を訴え出来ないので泣き寝入りしたのです。碌に調べず田宮を褒めるのは止めてください。

投稿: 尾張の狸 | 2013年8月29日 (木) 16時07分

ついでに言えば慶勝はバカ殿様で人の言うなりの操り人形と言われた人です。元々反将軍の雰囲気のある名古屋で朱子学や水戸学は冷笑されていました。金鉄組の幼稚な行動は尾張では嫌われていて金鉄組は権力者慶勝のごますり集団です。慶勝に庇護されていなければ誰も相手にしない集団です。尾張では一人も海外留学者はいません。洋学も禁止、らしゃなど輸入品は販売禁止され、西洋砲術も禁止し、すべて古式兵術にのっとるべしと布告されています。
慶勝は父母とも水戸家家系で、斉昭の甥として慶喜より水戸家の血が濃い男で、斉昭の言動にそっくりです。維新時の関東までの恭順を勝ち取ったのは大功績でしょうが、青松葉はいけません。私怨を晴らしただけです。

田宮の評価はいろいろ見方によって変わるという意見はあるのでしょうが、田宮だけはそうとはとても思えません。

投稿: 尾張の狸 | 2013年8月29日 (木) 16時28分

論拠を示せと言われれば幾らでもしめしますが。出典はいくらでも示しましょう。

投稿: 尾張の狸 | 2013年8月29日 (木) 16時32分

尾張の狸さん、こんにちは~

ご意見楽しく拝見させていただきました。
これは、2011年4月19日のページ>>へのコメントですよね?

おっしゃる通り、歴史上の人物の評価はいろいろ見方によって変わります。
なんせ、誰も、その目で見て無いし、誰も、その場に居合わせていませんから、様々に残る文献の受け止め方も色々…そんな様々な意見を戦わせる事こそが、歴史のおもしろさでは無いでしょうか。

あと、できますれば、コメントは、その関連のページにお願い致したく存じます。
ここに「田宮某」と書かれると、四谷怪談の話かと思っていましました~

投稿: 茶々 | 2013年8月29日 (木) 17時14分

橋本左内は安政の大獄で捕えられ死罪を言い渡された時に主命通り動いただけで何の罪で罰せられるのかと言いましたが、青松葉事件で切腹を申付けられたのは開明派で佐幕派ではありません。尾張の人間は水戸の人間の様に激情に駆られて走り回る人間は少数派です。
尾張と言えば信長が有名ですが、彼は越前から来た一族で最も尾張的でない人物です。
信長の時代から尾張兵は弱く、また負けたか6連帯とも言われています。
幕末で名古屋では暗殺事件は起きていません。
金鉄党とふいご党のせりあいも殆んどありません。慶勝以外は水戸系の激情家はいません。高須4兄弟はすべて母親がちがい、茂徳も容保でも慶喜のはとこです。兄慶勝の行動を苦々しく眺めています。一会桑は一緒に行動していますが、容保でも慶勝に近づいてはいません。
慶勝と田宮の共通点はいくら相手が論争しても人の意見によって自分の間違いを決して認めない石頭だという事です。
春嶽は田宮の意見を直そうと再度来邸させようとしたら居留守を使い、挙句に無断で名古屋に逃げ帰った事があります。中根雪江もあきれ返っていました。言い訳は妻女のかんしゃくが怖いと言うのです。
大道寺という尾張の重臣の子孫のブログに田宮に陥れられて改名して明治期を過ごしたと書いています。
歴史はタイムマシンがない以上、確認できませんし、解釈や人によって受け取り方が違うのは止むを得ませんが、慶勝を政治の才能がない人だと評した三条内大臣や春嶽の田宮や慶勝の評価は最低です。
それでも尾張藩の実力者という立場は無視できず慶勝を利用するが決してだれも慶勝を相談相手にしていません。そして明治になって用済みになれば慶勝を誰も相手にしていません。
慶勝は関東以西の大名の恭順書を取りまとめると言う大功を立てたから征討軍が江戸まで戦いをせずに行けたのですが、その大功を明治政府は全く無視しています。
長州ですら明治後萩の乱を起こし、佐賀も薩摩も不平で反乱を起こしていますが、名古屋はこれだけ冷遇されても反乱すら起こしていません。
水戸人を当主にしたのが名古屋の不幸であり、見方を変えれば名古屋人は腰抜けなのかも知れません。
全共闘が荒れ狂った時代でも東京や京都や九州福岡のような封鎖騒動は名古屋では線鉤花火でした。大人しいと言えばほめた言葉ですが。

投稿: 尾張の狸 | 2013年8月30日 (金) 00時23分

線香花火

投稿: 尾張の狸 | 2013年8月30日 (金) 00時26分


今回も参加させて頂きますm(_ _)m

私は崇徳天皇に一票を。
母はお岩さんに投票したいとのことです。
毎回アンケート企画、楽しませて頂いております。今回もありがとうございます!

投稿: ティッキー | 2013年9月 8日 (日) 20時58分

ティッキーさん、いつもありがとうございます。

崇徳天皇とお岩さんですね。
承知しました。。。

投稿: 茶々 | 2013年9月 9日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンケート企画:歴史上最強&最恐の怨霊&怪談は?:

« 北海道開拓に尽力した黒田清隆 | トップページ | 幕末と維新後でイメージ違う…志道聞多こと井上馨 »