« 長州一の知弁:長井雅楽~無念の死 | トップページ | 信長の意見書に将軍・義昭が反旗 »

2015年2月12日 (木)

ブログ開設9周年…感謝です!

本日の話題・・・私ごとで恐縮ですが、

今日、2015年2月12日にて、このブログが開設9周年を迎えました(*゚▽゚)ノ

「9周年て…」(^-^;
どうせなら、今年はスルーして10周年でババ~~ンと!とも思いましたが、なんだかんだでやっぱし記念日・・・

しかも、忙しさにかまけて、ここのところは週1~2回の更新頻度になってしまっているにも関わらず、未だ、毎日、多くの皆さまに閲覧していただいて嬉しい限りなわけで、ここは一つ、記念日に合わせて、日々のご訪問のお礼を申し上げねば!と、筆を…いや、キーボードを叩きました次第です(*´v゚*)ゞ

皆さま、本当にありがとうございますo(_ _)oペコッ
そして、これからも、よろしくお願いいたします。

・‥…━━━☆

てな事で、本日は、日ごろ書けない私的な事を書かせていたがきますが・・・

実は私…これだけ歴史好きでありながら、歴史小説はほとんど読まず、購入する書籍は、もっぱらノンフィクションの歴史本か史料集のような物ばかりです。

とは言え、長き人生の中で、引越しして図書館が遠くなったり、近くの本屋さんが閉店したりで、ここ何年かは、そんな本購入の数も、以前ほどではなくなって来ているのですが、

そんな中、ウレシイのは、やっぱりネットの力ですね。

ここを閲覧して下さってる皆さまは、もはやご存じであろうかとは思いますが、最近は、大学の図書館や各地の公立図書館、それに博物館や資料館が、そこに保存されている蔵書や秘蔵の品などのデジタル化に力を入れておられるのです。

そう・・・
これまでは、何かを調べようと思うと、まずは歴史の舞台となった現地に行くか、あるいは博物館や図書館へ調べに行くか・・・

もちろん、この時代になっても現地へ足を運ぶ事は大切ですが、なんだかんだで自分の身は一つですから、近くなら簡単に行けても、遠い場所ですと、それなりの時間とお金がかかるわけで・・・早々、「行きたいから行く」というワケには参りません。

しかも、調べてみたい史料が、本当に貴重な物であればあるほど、この一市民に、簡単に見せていただく事は不可能な場合もあるわけで・・・

ところが、今は、そのデジタル化のおかげで、家にいながらにして貴重な史料等がネットで閲覧できるのです。

こんなうれしい事はありませんがな!!

てな事で、私めのPCのプラウザの「お気に入り」には、数々のサイトが入っているわけですが、そんな中でも、によく閲覧させていただいていて、検索しやすそうな、いくつかのサイトを、今回はご紹介したいと思います。

  • リンクは別窓で開きます。 
  • 必ず、各サイトにある利用規約等をお読みになって、ルールに従ってご利用くださいね。

国立国会図書館デジタルコレクション>>

国文学資料館・電子資料館>>

東京大学史料編纂所>>

佛教大学図書館 一般公開コレクション>>

早稲田大学図書館 古典籍総合データベース>>

京都府立総合資料館>>
(↑現在閉館中ですが、ネット上で一部のデジタル史料が閲覧可能)

大阪市立図書館 デジタルアーカイブ>>

もちろん、これらは原文ままなので、読むのにも一苦労し、内容の把握となるとさらに苦労・・・そんな時は、古文の単語を調べなおしたり、解説書などに目を通したりしながら、日々奮闘しております。

一方で、展覧会などに行った時など、大好きな歴史人物の手紙が、自分で読めたらうれしいなという思いから、以前に「くずし字講座」の講義を一通り受けたのですが、講義を受けたからといって即、スラスラと読める物ではなく(講師の先生も、講義が終わってからの努力が必要と言っておられました)、今現在も勉強中なのですが、そんな中で見つけたのが、コチラ↓静岡県立図書館のページでして、

静岡県立中央図書館 くずし字解読講座テキスト>>

順を追って解説してくださっていてわかりやすく、『くずし字辞典』片手に思いっきり頑張れば、ひょっとしたらひょっとするのかも・・・と、

その静岡県立図書館のくずし字解読講座の最後のあたりにも、書かれていますが
「数多く史料を読むと慣れて来る」
「読み下しができるようになると文章の意味もわかって来るようになる

との事・・・

で、今日この頃と言えば、上記の言葉を胸に、日々頑張って行けばなんとかなる???という淡い期待を抱きつつ精進しながら、これからも、ブログの方でも楽しい歴史の話をいっぱいして行きたいと思っている毎日であります。

てな事で・・・
本日は、ブログの記念日という事で、「何月何日何があった」という日頃の話題とは、別の、個人の近況報告的なページとなりましたが、

どうぞ皆さま、今後とも、不肖・羽柴茶々の「今日は何の日?徒然日記」を、よろしくお願いしますm(_ _)m
 .

「それはめでたい!」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 長州一の知弁:長井雅楽~無念の死 | トップページ | 信長の意見書に将軍・義昭が反旗 »

ブログ関連」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
どうもおめでとうございます!
いつもわかりやすいブログを書いてくださってありがとうございます~^^
これからも楽しみにしてます!

投稿: CHERRY♪ | 2015年2月12日 (木) 18時40分

茶々様!
ブログ開設9周年おめでとうございます☆\(^-^)/☆
ご無理なさらずに茶々様のペースで更新していただければと思っております。
こちらこそ、いつも「読み逃げ」で申し訳ありませんm(__)m
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ほんと最近はデジタルライブラリーが増えましたので、ちょっとした調べ物に便利です♪
私は絵画や仏像、国宝などのライブラリーを、よく利用いたします。
でもやっぱり仏像は現地に行って実際に、この目で見たい(笑)
現地の「空気感」も引っ括めての仏像だと思います!


ブログ10周年に向かって今日から新たなスタートですね。
応援しておりますよー(^O^)/

投稿: あいこ | 2015年2月12日 (木) 20時28分

こんにちは。9周年、おめでとうございます。
これからも大いに参考にさせていただきます。

デジタルライブラリー、結構あるんですねえ。東大史料編纂所のは利用したことあります。他にもあったんだ(汗)。
「お気に入り」に登録させていただきました。

投稿: 高来郡司 | 2015年2月12日 (木) 23時06分

茶々さん、ブログ開設9周年おめでとうございます!
私自身、最初はHPから始まましたが、ブログに切り替えようとした際、こちらのブログをどれだけ参考にさせていただいた事か…(感謝!!)
私事ですが、今年の春辺りに研究論文を発表しようと思ってます。長い期間温めてきたテーマですが、ようやく1つの形になりそうなので…
それ故、ブログの更新はあまり進みませんが、今後ともよろしくお願いしますね!

投稿: 御堂 | 2015年2月13日 (金) 00時27分

9周年おめでとうございます!
しかし、9年でこんなにも多く調べるのは
並大抵に事ではないと思います。
ご苦労様です。
自分は資料よりも小説が好きです。
同じ題材でも作家さんでかなり解釈が違くて
そこがまたまた面白いですね(歴史はひとつなのに)たまに現地に行き気持ちだけその時代にワープさせて楽しんでいます。

これからも頑張って下さい。

投稿: YOU | 2015年2月13日 (金) 11時12分

CHERRY♪さん、ありがとうございますm(_ _)m

これからも、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月13日 (金) 17時20分

あいこさん、ありがとうございますm(_ _)m

>でもやっぱり仏像は…

そうですね。
現地に行って、初めてわかる事も多々ありで、本当は現地に行くのが1番なんですが…なかなか実現できないです。
やはり、仏像や甲冑なんかは、現物を見たいですね。

10周年に向けて…よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月13日 (金) 17時25分

高来郡司さん、ありがとうございますm(_ _)m

私は「国立国会図書館の近代デジタルライブラリー」を1番よく見ます(*´v゚*)ゞ

人物名を入れて検索しても、ズラリと文献が出てきたりするので、便利で楽しいです。

投稿: 茶々 | 2015年2月13日 (金) 17時30分

御堂さん、ありがとうございますm(_ _)m

参考だなんて…(*ノv`)
私こそ、御堂さんのブログを見て「さすが、本格的に勉強なさった方は違うなぁ」と尊敬のまなざしです。

>長い期間温めてきたテーマですが、ようやく1つの形に…

それは素晴らしいです!
頑張ってください。

投稿: 茶々 | 2015年2月13日 (金) 17時35分

YOUさん、ありがとうございますm(_ _)m

もちろん、「小説を読まない=否定している」わけではありませんよ。
鉄道ファンに「撮り鉄」やら「乗り鉄」やらがあるように、歴史ファンだって多種多様…
たまたま、私が購入する本が、ノンフィクションものばっかりなだけです。

>同じ題材でも作家さんでかなり解釈が違くて…

おっしゃる通り、小説は、そこがオモシロイと思います。

投稿: 茶々 | 2015年2月13日 (金) 17時42分

コメントをすることはほとんどありませんが、本当に楽しみに閲覧させていただいてます。これからもよろしくお願いします!おめでとうございます!

投稿: だい | 2015年2月13日 (金) 20時53分

だいさん、ありがとうございますm(_ _)m

これからも、時々見に来てくださいませ…よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月14日 (土) 03時56分

茶々さん、こんにちは。
9周年おめでとうございます。これからも歴史好きを楽しませてください。

投稿: いんちき | 2015年2月14日 (土) 06時04分

茶々さん、9周年おめでとうございます。これからも茶々さんのペースで頑張ってください。

投稿: ととぽむ | 2015年2月14日 (土) 09時15分

いんちきさん、ありがとうございますm(_ _)m

いつもコメントいただいて…励みになります。

投稿: 茶々 | 2015年2月14日 (土) 16時11分

ととぽむさん、ありがとうございますm(_ _)m

これからも、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月14日 (土) 16時12分

おめでとうございます。これからも楽しみにしています。

投稿: やぶひび | 2015年2月15日 (日) 08時21分

そうでしたね!blog開設記念日~♪
2月12日は私の誕生日でもあるので覚えていたつもりでしたが…^^;
『茶々さま~9周年おめでとうございます♪
 内容の奥深さと見解の広さ~、そして
 継続していくことの大変さを考えると尊敬です!
 これからもご無理されることなく続けてください。
 また時々お邪魔させていただきますね(*^^*)』

今回は茶々さまの日常をちょっぴり覗くことができて
親近感を感じました^^
ライブラリー~参考にさせていただきますね。
ありがとうございます!

投稿: tonton | 2015年2月15日 (日) 09時33分

9周年おめでとうございます。

『くずし字辞典』を初めて見たときは、茫然というか、
愕然としました。調べきれるのか?と。
茶々様は、頑張ってくださいね。(*゚▽゚)ノ(チョー他人事)

余談ですが、老眼鏡を買いました。
えぇ、本が読めないからです。(´・ω・`)ショボーン

投稿: ことかね | 2015年2月15日 (日) 10時46分

やぶひびさん、ありがとうございますm(_ _)m

いつもコメントしていただいて、励みになります。

投稿: 茶々 | 2015年2月16日 (月) 15時52分

tontonさん、ありがとうございますm(_ _)m

癒されるお言葉…感謝です。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月16日 (月) 15時54分

ことかねさん、ありがとうございますm(_ _)m

>『くずし字辞典』を初めて見たときは…

ホントですね。
もう、一生モンのお勉強です(笑)
なんせ、専門家の方でさえ悩む字もありますから…

ことかねさんも、勉強しておられるのですね。
ともに、頑張りましょう!!
私の場合、「ぼちぼち」が入りますが…

投稿: 茶々 | 2015年2月16日 (月) 15時58分

お忙しい時期にレスを無理矢理(?)頂いたこともありました…m(_ _ )m
九周年ォオー!!(゚д゚屮)屮

投稿: ほよよんほよよん | 2015年2月17日 (火) 15時30分

ほよよんほよよんさん、ありがとうございますm(_ _)m

>お忙しい時期に…

いえいえ、ナイスなコメントは、いつでもうれしい物です(*^-^)

これからもよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月17日 (火) 16時58分

いつも楽しく拝読させてもらってます。ブログはとても読みやすく関連の記事へもリンクしてもらっているので飽きません。これからもご自分のペースで末永く楽しい歴史を感じさせて下さいませ。応援しております。

投稿: 玉手山 | 2015年2月20日 (金) 07時33分

玉手山さん、ありがとうございますm(_ _)m

そんな風に言っていただけるとウレシイです。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2015年2月20日 (金) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/58888227

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開設9周年…感謝です!:

« 長州一の知弁:長井雅楽~無念の死 | トップページ | 信長の意見書に将軍・義昭が反旗 »