« アンケート企画:「信長・被害者の会」の会長は? | トップページ | 関ヶ原~亀井玆矩の鳥取城攻略 »

2015年9月29日 (火)

関ヶ原~伊東祐慶の宮崎城攻撃…の後に

慶長五年(1600年)9月29日、伊東祐慶が宮崎城を攻撃しました。

・・・・・・・

これまでもご紹介させていただいた通り、天下分け目の関ヶ原の戦いでは、本チャンの関ヶ原だけではなく、様々な場所で、各地の武将を巻き込んでの戦いがあったわけですが・・・くわしくは【関ヶ原の合戦の年表】>>で…

この時の九州での動きとしては、9月10日に、西軍の大友義統(よしむね)が東軍=細川忠興(ただおき)杵築(きつきじょう=木付城・大分県杵築市)を攻撃した(9月10日参照>>)事を受けて、豊前(ぶぜん=福岡県東部・大分県北部)にいた黒田如水(じょすい=黒田官兵衛孝高)がその救援へと向かって、そのまま9月13日には、石垣原(別府市鶴見一帯)の戦い(9月13日参照>>)へ・・・

9月20日には、隈本城(くまもとじょう・熊本城=熊本県熊本市)加藤清正(かとうきよまさ)が、関ヶ原の西軍主力の一人として参戦=居城を留守にしていた小西行長(こにしゆきなが)宇土城(うとじょう=熊本県宇土市)を攻める(10月17日参照>>)・・・という展開になるのですが、

それらの南に位置する日向(ひゅうが=宮崎県)でも、また別の動きが見えはじめます。

ちなみに、以前のお話させていただいたように、ご存じの関ヶ原は慶長五年(1600年)9月15日=わずか1日で決着がついてしまっています(9月15日参照>>)が、その勝敗の結果が、ここ九州に届くまで、少々の日数を要します。

・・・で、この関ヶ原当時に日向を領地としていたのは・・・
伊東祐兵(いとうすけたか=日向飫肥)
秋月種長(あきづきたねなが=日向財部)
高橋元種(たかはしもとたね=日向縣)
島津豊久(しまづとよひさ=日向佐土原)
などでしたが、彼ら全員、この時は、徳川家康(とくがわいえやす)が当初行うはずだった会津攻め(7月24日参照>>)に合流すべく、領国を出て大坂にいて、その準備を整えていたのです。

しかし、未だ彼らが東北を向かう前に、かの石田三(いしだみつなり)挙兵したために(7月11日参照>>)、彼らは、ここ大坂にて、東軍につくのか?西軍につくのか?を決めなければならない立場に追い込まれます。

この時、いち早く西軍参戦を表明した秋月種長と高橋元種は、西軍主力とともに伏見城攻防戦(8月1日参照>>)に参戦した後、やはり西軍主力とともに大垣城(おおがきじょう=岐阜県大垣市郭町)へと入りました(8月10日参照>>)

また、島津豊久は、伯父である島津義弘(よしひろ)(7月21日参照>>)と行動をともにしていて、本来は東軍として伏見城の守りにつくはずでしたが、城将の鳥居元忠(もとただ)に入城を断られ、なりゆきで西軍として関ヶ原に参戦する事になります(9月16日の前半部分参照>>)

・・・で、残った伊東祐兵・・・

その名前でお解りの通り、彼は日向の王と呼ばれた伊東義祐(よしすけ)(8月5日参照>>)の三男・・・例の島津の侵攻(11月12日参照>>)で、大友とともに一旦領地を奪われていたのを、豊臣秀吉(とよとみひでよし)九州攻め(4月17日参照>>)によって回復していたのです。

とは言え、祐兵の動向は他の武将と、ちと違う・・・

西軍から伏見城攻めを誘われた時、「行きたいトコなんですけど、病気でムリですわ」と断りつつ、水面下では、密かに黒田如水に家康への仲介を頼んでいた・・・つまり、東軍で参戦するつもりだったんですね。

ただし・・・この「病気」というのは、断るために仮病ではなく、本当に病気だったようで・・・

その後、如水から「東軍に参戦すんねやったら、九州へと戻って西軍に属する諸将の城を攻めるように」と勧められるものの、本当に病気で大坂から動く事ができなかったため、ともに行動していた嫡男の伊東祐慶(すけのり)日向へと向かわせたのです。

Sekigaharamiyazakicc
 ↑クリックしていただくと大きいサイズで開きます
(このイラストは位置関係をわかりやすくするために、以前にupした「加藤清正の九州の関ヶ原の関係図」>>に宮崎をプラスして、趣味の範囲で製作した物で、必ずしも正確さを保証する物ではありません)

こうして日向に帰国した祐慶・・・当然、そのターゲットとなるのは、大坂にいた時に西軍参戦を表明した、同じ日向の彼らの城・・・という事になるのですが、

早速、祐慶が家老の稲津重政(いなづしげまさ)に、まずは攻撃を命じたのが、敵の領地からは飛び地となっており、逆に伊藤氏の領地=飫肥(おび=宮崎市南部)に近いという絶好の位置にある高橋元種の城=宮崎城(みやざきじょう=宮崎県宮崎市)でした。

かくして慶長五年(1600年)9月29日、400余の兵を率いた稲津重政が、宮崎城を攻撃したのです。

この時、宮崎城を守っていたのは城代の権藤種盛(ごんどうたねもり)以下、700名に満たない城兵のみ・・・なんせ上記の通り、元種の本城は縣城(あがたじょう=宮崎県延岡市=後の延岡城)であって、ここ宮崎城は飛び地にある属城でしたし、そもそもは、殿様の出発時には「会津征伐」であって「関ヶ原の戦い」では無かったですから、まさか、隣国同士で西と東に分かれるとも思って無かったわけで・・・

ほとんど準備ができていない状態での攻撃に、種盛は、すぐに本城へ救援の要請を発すると同時に、目の前の敵への防戦態勢をとりますが、残念ながら、今さら縣城から援軍を送っても、もはや間に合わない距離にあった宮崎城に援軍が派遣される事は無く、間もなく種盛は自刃・・・宮崎城は落城しました。

この後、この宮崎城を拠点に、祐慶は島津とも戦う事になるのですが・・・実際には、そんなこんなしてる場合じゃぁ無かった・・・

そう・・・です。
お察しの通り、、、

去る9月15日に、本チャンの関ヶ原が、わずか半日で決着がついております。

かの高橋元種はこの時、西軍本営の大垣城の三の丸の守備隊として守りについていましたが、城内にて関ヶ原本戦の勝敗を知り、攻め寄る東軍の矢面に立たされている三の丸は、「もはや防ぎきれない」と判断・・・いっしょに三の丸を守っていた秋月種長(たねなが)とともに、このまま東軍につく事を決意し、反対する二の丸の守備隊=垣見一直(かきみかずなお=家純)木村由信(よしのぶ)相良長毎(さがらながつね・頼房)らを殺害して、東軍の水野勝成(かつなり)へ降伏を申し入れ、大垣城の二の丸と三の丸を開城したのです。

それが、9月17日の事・・・(9月17日参照>>)

そう・・・祐慶が重政に宮崎城の攻撃を命じた時点で、すでに高橋元種は東軍についていたのです。

当然そこには、元種と東軍主力との「本領安堵」という取引があったわけで・・・で、結局、翌・慶長六年(1601年)8月に、祐慶は奪った宮崎城の返還を求められたのです。

さらに、その返還劇には、「宮崎城を攻撃した責任者は誰なのか?」という責任問題もついて来るわけですが、この時、祐慶は重政に責任を負わせ、切腹するよう命じます。

一説には、重政に全責任をなすりつけたのは、祐慶ではなく、黒田如水の差し金であって、祐慶は、それに従っただけという見方もあります。

なんせ御大であった父=祐兵は、関ヶ原の2ヶ月後=慶長五年(1600年)の11月に、あのまま大坂にて病死してしまい、慌てて家督を継いだ祐慶は、未だ10代前半の坊ちゃんだったようですから、海千山千の如水に睨まれちゃぁ~言う通りにするしかないか・・・てね。

いずれにしても納得できないのは、全責任を負わされた重政・・・

居城である清武城(きよたけじょう=宮崎県宮崎市清武町)に籠城して抵抗しますが、所詮は多勢に無勢・・・翌・慶長七年(1602年)に祐慶に攻められて討死(自刃とも)したという事です。

小説やドラマで『関ヶ原』と言えば、ほとんどが、あの関ヶ原・・・例え黒田家が主役で『九州の関ヶ原』と称しても、舞台は石垣原・・・

しかし、実は、それ以外にも様々・・・まして、本人たちの意識に無い、遠距離ゆえの結果報告のタイムラグによる悲しい結末

またもや、関ヶ原にはいくつものドラマがある事を感じさせられますね。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« アンケート企画:「信長・被害者の会」の会長は? | トップページ | 関ヶ原~亀井玆矩の鳥取城攻略 »

家康・江戸開幕への時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/57293823

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原~伊東祐慶の宮崎城攻撃…の後に:

« アンケート企画:「信長・被害者の会」の会長は? | トップページ | 関ヶ原~亀井玆矩の鳥取城攻略 »