« 大河ドラマ「真田丸」の1~2回の感想 | トップページ | 天下のご意見番~大久保彦左衛門忠教が逝く »

2016年1月25日 (月)

恋の歌姫~式子内親王と藤原定家

建仁元年(1201年)1月25日、後白河天皇の皇女で歌人として知られる式子内親王が薨去されました。

・・・・・・・・・・

式子(しきし・しょくし・のりこ)内親王は、あの源平争乱期源頼朝(みなもとのよりとも)をして「日本一の大天狗」と言わせた後白河(ごしらかわ)天皇(10月25日参照>>)第3皇女・・・

あの平清盛(たいらのきよもり)の娘=徳子(とくこ)中宮に迎えて(12月14日参照>>)安徳(あんとく)天皇をもうける第80代:高倉(たかくら)天皇(1月14日参照>>)は、彼女の異母弟にあたり、その清盛に最初に反旗を翻す以仁王(もちひとおう)(4月9日参照>>)は、彼女の同母兄にあたるという超セレブなお姫様です。

とは言え、お察しの通り、この時代に皇室のお姫様が政治的or軍略的に何かをするという事はほぼ無いので、この式子内親王も特記するほどの「何かをした」という事も無いわけですが、彼女の歌が『小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)に収められていたり、新三十六歌仙女房三十六歌仙の一人にも選ばれてもいる事などから、歌詠み人として、彼女の名前を記憶されている方も多いかと思います。

そんな式子内親王は、10歳前後だった平治元年(1159年)に内親王宣下を受けたのをキッカケに斎院(さいいん)として賀茂神社(かもじんじゃ=京都の上賀茂神社と下鴨神社の総称)に奉仕する事になります。

この斎院とは、賀茂神社の神に仕えて祭祀を行う巫女の事で、もともとは、第10代崇神(すじん)天皇の時代(3世紀~4世紀頃)に始まったとされる(『日本書紀』による:実際には天武天皇の時代=飛鳥時代に正式な制度が確立したと思われる)、未婚の内親王が伊勢神宮に一定期間奉仕する斎宮(さいぐう)にならって、平安時代の初め頃から鎌倉時代頃まで行われた制度・・・

上記の通り伊勢神宮に奉仕する内親王を斎宮と言い、賀茂神社に奉仕する内親王を斎院と言い、その総称を斎王(さいおう)と言います。

ちなみに、現在、京都三大祭の一つに数えられている葵祭(あおいまつり)で、毎年、一般市民の未婚の女性から選ばれている最も華やかで注目される斎王代(さいおうだい)は、太平洋戦争後に葵祭が復活する際に、平安時代に祭を主宰していた斎王の代理という意味で「斎王代」なんですね。

Dscn1947a800
京都・葵祭…王朝行列の斎王代

こうして11年という月日を神に仕えて過ごした式子内親王でしたが、嘉応元年(1169年)に病気を理由に退下した後、母の実家である高倉三条第、父の後白河院の法住寺殿、叔母である八条院暲子(はちじょういんあきこ)内親王の館などで暮らしていましたが、

その八条院母子とのモメ事や、建久三年(1192年)に崩御された父の後白河院の遺領の相続問題やら、橘兼仲(たちばなのかねなか)陰謀事件などに翻弄される中、晩年には病気がちなり、建仁元年(1201年)1月25日式子内親王は薨去・・・・53歳の生涯を閉じられたのです。

このように、その心の内を察する事ができるような記録が皆無な式子内親王ですが、実は、彼女の事を、自らの日記に書きとめている人がひとり・・・

それが、式子内親王が斎王を退下した直後、三条第に住んでいた頃に、そこに足しげく通っていた藤原定家(ふじわらのさだいえ=ていか)・・・ご存じ、『小倉百人一首』の撰者です。

一般的には、その頃の定家は三条第の家政の管理をしていたから・・・つまり、仕事で通っていたとされますが、日記の記述を見る限りでは、その頃だけでなく、晩年になっても、定家と式子内親王の間には交流があった事がうかがえ、特に晩年に病気が悪化した頃には、頻繁にお見舞いにも訪れている事から、一説には、二人は恋人同士?・・・いや、計算上では定家が13歳年下になる事から、「式子内親王は定家の初恋の人だったんじゃないか?」てな事も言われます。

斎院を退下して間もなくの頃なら、式子内親王は20歳を少し過ぎた頃・・・
定家は10歳の少し前・・・

小学校4~5年の、ちょっと色気づき始めた男の子が、バッチリ化粧の女子大生に憧れる・・・
「キレイお姉さんは好きですか?」っていうアレですね。。。
(相手が美人なら、完全にアリやな(o^-^o))

この「二人恋仲」の噂は、かなり昔から囁かれており、ご存じのように、この話を題材にした謡曲『定家』も室町時代に誕生し、能の演目になっています。

とは言え、皇室の姫が自由な恋愛など許されるわけもなく、まして式子内親王は、それまでの10年間神に仕えていた身でもあるわけで、そんな恋だの愛だのという記録が残っている事もないですから、あくまで想像するしかないわけで・・・

実際には、歌人としても名高い式子内親王が、その歌の手ほどきを受けた先生が藤原俊成(としなり)(7月25日【忠度の都落ち】参照>>)であり、その息子が定家だったというだけの仲だったのかも知りません。

しかし、例え妄想の範ちゅうであったとしても「どうせならステキな恋であってほしいヽ(´▽`)/と人は思う物・・・

そんな中、有名な『小倉百人一首』・・・

以前の5月27日【百人一首に秘められた暗号】>>で書かせていただいたページでは、その『小倉百人一首』の成立を、承久の乱(5月14日参照>>)て流罪となった後鳥羽(ごとば)上皇に絡めてお話させていただきましたが、それはあくまで伝説の域を超えない話・・・

しかし、後鳥羽上皇うんぬんがなかったとしても、沢山の歌を残している歌人に対して、その中から一首を選ぶ段階で、歌の名人である定家が「なぜ、その一首を選んだの?」と、歌の善し悪しがわかる人が見れば首をかしげる一首もあるのだそうで・・・

つまり、この『小倉百人一首』は、「定家の独断=好みで歌を選んだ」可能性が大いにあるわけです。

一般的に式子内親王の作風&評価は、悲しみや孤独といった情感をモロに出す事はなく、それを内に秘めた感じでありながら、なんとなくそれを匂わせるような・・・で以って、他の歌人の影響を受けつつも一線を画する独自性を持つ見事なバランスを保った世界観で、まさに新古今時代の代表的な歌人とされています。

当然、複数の歌集に複数の式子内親王作の歌が収められているわけですが、その中から定家が『小倉百人一首』に選んだ一首は・・・

♪玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
 忍ぶることの 弱りもぞする ♪

「玉の緒」とは、直訳すれば「玉に開けた穴に通されたヒモ」の事ですが、この場合の「玉」は「魂」の事を意味していて、つまりは「命をつなぐ糸」みたいな意味ですね。

で、全体を意訳するなら
命をつなぐ糸なんか、切れるんやったら切れてしもたらええねん。
このままやったら、この気持、隠し通されへんようになってしまうもん!」

てな感じでしょうか?

ここには、文字に表さなくとも・・・
「このまま我慢できなくなって、忍ぶ恋が世間にバレてしまって悲しい結末になるくらいなら、いっその事…」
てな前置き的な気持ちが含まれている事も想像できます。

もちろん、これは「歌」ですから、現在の作詞家さんがそうであるように、歌詞に書いた事がすべて事実の実体験とは限らないわけですが・・・

自由な恋愛など許されない皇女という身分で、この歌を詠んだ式子内親王・・・

式子内親王亡き後、複数の彼女の歌の中から、この一首を選んだ定家・・・

そんな定家が百人一首に残した自らの歌は・・・

来ぬ人を 松帆の浦の 夕なぎに
 焼くや藻塩
(もしお)の 身もこがれつつ
「海岸で藻塩を
(藻を焼いて塩を精製する)焼いてる火のように身をこがして、俺はけぇーへん人を待っているんやで」

う~~ん・・・亡くなった人(男女問わず)への情と言えば情ですが、恋と言えば実らぬ恋と知りつつ相手を待っている歌のような気もする・・・

・・・と、まぁ、おそらく実際には何も無かったんでしょうけど、膨らむ妄想で胸キュンとなりそうですね((w´ω`w))
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!
↓ブログランキングにも参加しています

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 大河ドラマ「真田丸」の1~2回の感想 | トップページ | 天下のご意見番~大久保彦左衛門忠教が逝く »

鎌倉時代」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この話を聞くと、家の近くに咲いていた「テイカカズラ」を思い出します。毎年5月位になると、なんといえぬいい香りが漂ってくるんですよね~♪
が、名前の由来を見ると何とも怖い~~。結局2人は何にもなかったと私も思います。
しかも、このテイカカズラ、毒性があるんですよ~~ひ~!!
後世の人の想像力には驚くものがあります。私の胸キュンなんか吹っ飛ぶくらいに....

投稿: PEKO | 2016年2月 5日 (金) 13時09分

PEKOさん、こんにちは~

茎を切ると、毒性のある白い液体が出る…
確かに、淡い恋というよりはオドロオドロしい念という感じですね~

投稿: 茶々 | 2016年2月 5日 (金) 14時03分

茶々さん、こんばんは。
定家の式子内親王に対する思いは光源氏が藤壺宮に対する思いに近いのでしょうか?
でも式子内親王はあまり恋とかあまり聞かないですね。おとなしいのでしょうか?それとも政争に翻弄されたので何も言わなかったのでしょうか?

投稿: non | 2016年2月 5日 (金) 19時32分

nonさん、こんばんは~

今も昔も、ホンモノのお嬢様は多くを語らないと思いますよ。

投稿: 茶々 | 2016年2月 6日 (土) 02時55分

確かにお嬢様みたいな人を知っていますがおとなしいです。捨松のところでもそうですが何も言いません。
私の好きなジェニファーコネリーもいろいろ言われても黙っていますが、洋の東西は違うと言えどもお嬢様はあまり話さないのは似ていると思いました。
ところで浅井長政の話し方を再現した会話を見ますと私が話すみたいな標準語でしたが、式子内親王、定家みたいな平安から鎌倉の上流貴族は今の京言葉に近い話方でしょうか?それとも標準語に近かったのでしょうか?

投稿: non | 2016年2月 6日 (土) 08時02分

nonさん、こんにちは~

有名な「おもうさま(御父様)」「おたあさま(御母様)」に代表される宮中の言葉を使っていたと思いますよ。
この宮中独特の言葉は平安時代頃から現代まで、ほぼ変化する事なく使われているようですから…

今上陛下も、外にお話される時は標準語ですが、宮中ではこの宮中言葉をお話になると聞きましたが…

投稿: 茶々 | 2016年2月 6日 (土) 15時09分

茶々さん、おはようございます。
我が家を見ていますと父方は武家なのと祖父が国鉄マン、伯父もそうで、父が教員ですので、何となく普段から標準語でした。ところが母方と言うよりも母方の祖父は方言丸出し、その影響で母も方言が出ます。ところが私は父の影響で標準語、妹が反対に西日本訛りです。
皇室は普段を見ていますと標準語で話されていますし、昭和天皇香淳皇后両陛下が宮中言葉を話しているのを見たことが無いですが、内々では違うのでしょうね。
式子内親王、定家の頃だと宮中言葉で通したのでしょうね。頼朝、義経は出来るでしょうが、他の兄弟はできたのかなと思いました。特に範頼は出来ない様に思われます。
式子内親王は平家滅亡後はどうなさったのでしょうか?でもそれにしても以仁王、式子内親王は父の法皇様から愛されなかったのかなと思いました。

投稿: non | 2016年2月 7日 (日) 10時58分

nonさん、こんにちは~

よくわかりませんが、宮中の言葉は、いわゆる方言とは違い、「言い換える」=「一般には○○と言うのを××と言う」みたいな変化のようなのでややこしいでしょうね。

投稿: 茶々 | 2016年2月 8日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/63419387

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の歌姫~式子内親王と藤原定家:

« 大河ドラマ「真田丸」の1~2回の感想 | トップページ | 天下のご意見番~大久保彦左衛門忠教が逝く »