« 大河ドラマ「真田丸」~最終回の感想 | トップページ | 真田信繁の討死~そして幸村伝説へ… »

2016年12月29日 (木)

日本史の新発見&発掘…2016年総まとめ

 

いよいよ、2016年も終わりに近づきました・・・て事で、またまた一年の締めくくりに、今年報じられた様々な日本史の発見や発掘のニュースを総まとめにして振り返ってみたいと思います。

ただ、いつものように・・・
専門家で無い茶々の知り得るところのニュースでありますので、あくまで一般に公表&公開された公共性のある物である事、

また、私が関西在住という事もあっての地域性(他の場所のニュースはなかなか知り得ない)・・・さらにそこに個人的な好みも加わっておりますので、少々、内容に片寄りがあるかも知れませんが、そこのところは、「今日は何の日?徒然日記」独自の注目歴史ニュースという事で、
ご理解くださいませo(_ _)oペコ

1月 江戸時代中期に京都で活動した画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の花鳥画で、長く所在不明だった「孔雀鳳凰(くじゃくほうおう)図」が、岡田美術館(神奈川県箱根町)によって発見されました…83年ぶりの発見で今後の研究に影響を与えそうだとか。
大阪府堺市ニサンザイ古墳の発掘調査で古墳時代最大規模となる木橋が架けられていた事が判明…幅約12m、長さ45m以上に及ぶこの橋の用途については「埋葬者を運んだ」「豪族たちが葬列を成した場所」「重い資材を運ぶため」など様々な意見が噴出しています。
豊臣秀吉(とよとみひでよし)が重臣の脇坂安治(わきさかやすはる)宛てた書状が新たに見つかる…脇坂ゆかりの兵庫県たつの市龍野神社で発見された33通の秀吉の書状には、細かな指示や仕事への叱責などが記され、当時の生々しい様子がうかがえるとの事。
5月 京都国立博物館(京都市東山区)所蔵の坂本龍馬(さかもとりょうま)(11月15日参照>>)の遺品と伝わる刀が実物と判明…1931年に龍馬の子孫から博物館に寄贈されたものの、刀身の反りが小さく、作風も異なることなどから真偽のほどが微妙とされていましたが、今回新たに寄贈時に書かれた書類が発見され、京都・近江屋で龍馬が暗殺された際に携えていた愛刀「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」の実物だと判明しました。
6月 福岡県春日市須玖(すぐ)岡本遺跡で、墓穴の大きさが国内最大級となる甕棺(かめかん)が見つかりました…この遺跡は魏志倭人伝に出てくる「奴国」の中心地の王や王族の集団墓地で、今回の甕棺墓は弥生中期前半=紀元前約150年頃の物とみられ、奴国のナンバー2か3クラスの有力者の墓の可能があるとの事。
7月 Saitouhazime600a 幕末に新撰組の幹部として活動した斎藤一(さいとうはじめ=藤田五郎)(9月28日参照>>)鮮明な写真が発見されました…これまで、次男の結婚式に出た時の不鮮明な写真しか無かったために、別人の写真が「斉藤一の写真」としてネットに出回っていた事を受けて、2015年秋に親族の蔵から出てきた2枚の写真を、その次男の子孫の方が公開に踏み切ったとの事~なるほど、出回ってる写真より男前ですな(*^-^)
沖縄県石垣島白保竿根田原洞窟遺跡にて旧石器人の全身骨格発見…ほぼ全身の状態がわかる約2万年前の人骨は、その時代の琉球列島に人が住んでいた事を裏付ける貴重な発見となりそう。
9月 奈良県橿原市藤原宮跡(12月6日参照>>)にて最古の「朝賀」の遺構発見続日本紀によれば大宝元年(701年)に国の内外に律令国家の完成を宣言した「元旦朝賀(がんたんちょうが)の儀式」が行われていますが、今回の遺構は、その際に「幢幡(どうばん)」と呼ばれる旗を立てた遺構との事で画期的な発見とされます。
10月 大坂冬の陣の和睦成立を報告する片桐且元(かたぎりかつもと)(8月20日参照>>)書状を発見東京都内古書店で6月に見つかっていた書状が、慶長十九年(1614年)12月18日に片桐且元が西本願寺の宗主に宛てて「和睦が進んでいる」事や「視察に訪れた徳川秀忠の機嫌が良かった」事などを報告している手紙であると確認されました。
京都市右京区高山寺に伝わる国宝の絵巻「鳥獣人物戯画」について、絵の順番が入れ違っていた事が判明…もともと絵に連続性の無い部分があった事から「順番が違っているのでは?」と指摘されていましたが、今回、透過光調査の結果、甲巻の23枚目と11枚目のハケの跡等が一致した事から判明しました。
奈良市平城宮跡(2月15日参照>>)からペルシャ人の名前が書かれた木簡が出土奈良文化財研究所が赤外線を使って調べたところ「破斯清道」なる名前(破斯=ペルシャを意味する中国語)を発見。ペルシャ人の名前の入った木簡が確認されたのは日本初で平城京が国際都市だった事をうかがわせます。
*平城京に住んだインド僧=菩提僊那>>のお話も参照いただければウレシイです(゚ー゚)
福井県立図書館にて大坂夏の陣に徳川方として参戦した越前松平家の家臣の手紙の写しを発見…そこには、その家臣が「自分がやりを交え、真田信繁(さなだのぶしげ=幸村)を討ち捕らえた事」が記されており、写しとは言え、討ち取った本人の証言という点で評価でき、信繁が戦いながら死んでいったとする説を補強する物との見方がされています。
11月 京都市伏見区伏見城跡(3月7日参照>>)から石垣の一部が14.5mに渡り出土…昨年発見され、豊臣秀吉が築いた「幻の伏見城」とされる指月城の存在を証明した遺構から西へ約200mの地点で発見された城の中堀と思われる石垣は、自然石をそのまま使用しつつも、表面を加工するなど、工法の新旧入れ換わり時期の様相が見られ、それが整然と出土した事が評価されます。
福岡県筑紫野市の丘陵上で、長さ500mに及ぶ大規模な7世紀の土塁を発見…丘陵上での土塁の確認は初めてで、古代九州を統括し国家外交の最前線だった大宰府を守る防塁とみられ、ここに広大な防衛ライン(8月27日参照>>)が引かれていた可能性大。
12月 京都市下京区本願寺史料研究所にて忠臣蔵に関する記録発見史料は、「忠臣蔵」で知られる「赤穂事件」(12月14日参照>>)について、西本願寺が事件後の吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)の容体を「お痛みが軽く」などと把握し、直接、事情聴取を行っていた事を示す記録など6点。吉良家と西本願寺との関係の重要度がうかがえます。
大阪市天王寺区餌差町「真田丸」の痕跡(真田丸はどこにあった?参照>>)を求めて発掘調査をしていた民間団体「『真田丸』発掘推進協議会」人工的に土を盛った層を確認しました…NHK大河ドラマのタイトルにもなった真田丸は大坂冬の陣にて真田信繁が構築した出城(真田丸の攻防>>)で、これまであやふやだった位置を推定するとともに、土塁の一部を発見した物です。

こうして見てみると、この1年、様々な発見があった事がわかりますが、個人的には、やはりNHK大河ドラマのおかげで、大坂の陣関連の発見が相次いだ事ですね。

上記でもリンクしたページ=「真田丸はどこにあった?」>>)に書かせていただいております通り、私個人も、以前から、「真田丸の場所は明星高校のグランドあたりでは?」と推測していたわけですが、やはり、それを確定するためには、それなりの調査が必要・・・

そう言った場合、その年の大河ドラマ等で話題になり、注目を浴びる事によって一気に進展する場合も多々ありで、ファンとしてはワクワクしきりですo(*^▽^*)o

一方、今年は、4月に発生した熊本地震にて、熊本城阿蘇神社をはじめとする多くの文化財が被害を受けた事で、文化財を守り&保存して行く事の重要性をあらためて痛感させられた年でもありました。

一歴史好きとしても、被災地の1日も早い復興を願うばかりです。

・‥…━━━☆

とまぁ、とりあえずは、年内最後のブログ更新という事で、本日は、2016年の歴史ニュースをまとめさせていただきました~

ブログを見に来てくださった皆様、
今年一年、本当にありがとうございました・・・
良いお年をお迎えくださいm(_ _)m

そして2017年も、よろしくお願いします
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 

 


|

« 大河ドラマ「真田丸」~最終回の感想 | トップページ | 真田信繁の討死~そして幸村伝説へ… »

ニュース」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

無礼失礼いたします。一応井伊直虎が男性説と言う資料も表立って一ヶ月ほどぐらい前に出てきましたよね。

投稿: とある歴史好き | 2016年12月29日 (木) 02時48分

とある歴史好きさん、こんばんは~

新史料を持っておられ、その説を主張されている井伊美術館館長で井伊家子孫の井伊達夫氏のインタビュー記事を読ませていただきましたが、
「後で書籍として出す時にくわしく書く」
との事で、「男だとわかる史料が見つかった」という以外の内容は、今のところ、ほとんど語っていらっしゃらないので、現段階では判断できないと思い、今回はとりあえずスルーさせていただきましたm(_ _)m
申し訳ないです。

投稿: 茶々 | 2016年12月29日 (木) 03時01分

茶々様
今年もいろいろありましたね。では、よいお年を。

投稿: いんちき | 2016年12月29日 (木) 10時04分

こんにちは。

1月に出た「ニンザイ古墳」ですが、「ニサンザイ古墳」という名で出てくることが多いですね。なぜピンときたかというと、私がその古墳の向かいにある大学を卒業しているからです。

同じく1月に出た、脇坂安治宛ての書状には、秀吉の怖さを感じましたね。「信長のときのようにはいかぬぞ」とありましたけど、信長公を呼び捨てしていたとは、唖然でした。

今年は「真田丸」を毎週欠かさず見続けて、真田家のこと、大坂の陣のこと、より深く調べ、職場の同僚とも話題になり、勉強になって良かったです。

では、よいお年を。

投稿: KAKI | 2016年12月29日 (木) 12時03分

はじめまして〜、こんな年の瀬に失礼いたします。

一週間ほど前から、ちょこちょことのぞかせて頂いております。こちらは素晴らしいですね!知りたいことがことごとくわかりました。


実は私、歴史は学生の頃から苦手でして・・・
たまたま市立図書館へ行ったところ、マンガで描かれた「吾妻鏡」が目に留まり、描かれた漫画家さんが子供の頃好きだった方だったので、読んでみることにしました。
こんな歴史オンチな私でも何とか読み切ることはできましたが、わかりやすくマンガで書かれているにもかかわらず、頭の中は混乱、疑問でいっぱいです。
登場人物の多さ、似通った名前、等。


じゃあネットで調べよう ということで、たどり着いたのがこちらでした。とにかく詳しくてわかりやすいです!
そして生まれて初めて、歴史に興味を持ちました。
ありがとうございます。


これからも利用させていただきます。


投稿: 魁 | 2016年12月29日 (木) 14時45分

いんちきさん、ありがとうございます。

良いお年をお迎え下さい。

投稿: 茶々 | 2016年12月29日 (木) 15時26分

KAKIさん、こんにちは~

あらま!ホントだw(゚o゚)w
「サ」が抜けてましたね。
誤字脱字のヘマはよくやるんですが、自分で書いた文章なので、読み返しても自分ではなかなか見つけられ無いものでして…ありがたいです。

>古墳の向かいにある大学…

おぉ、中百舌鳥キャンパス?
ロザンの菅ちゃんの出身校ですねww

良いお年をお迎え下さい。

投稿: 茶々 | 2016年12月29日 (木) 15時36分

魁さん、はじめまして

>詳しくてわかりやすい…

そのように言っていただけるとウレシイです。
何よりの励みです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2016年12月29日 (木) 15時40分

1年間ありがとうございました。内容面白いし、大阪出身の私には、登場人物の大阪弁に凄く癒されます。来年も期待しています。

投稿: Ishizm | 2016年12月29日 (木) 19時34分

Ishizmさん、こちらこそ、ありがとうございます。

暖かいお言葉に癒されます。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 茶々 | 2016年12月30日 (金) 01時21分

今年もありがとうございます。
来年もいろいろ勉強させててください。

投稿: tarou57 | 2016年12月30日 (金) 18時08分

若冲は今年ブームになりましたね。
若冲展で長時間並ぶ行列になったとか。
来年は坂本龍馬没後150年なので何か新発見があるのでは?
それでは良いお年を。

投稿: えびすこ | 2016年12月30日 (金) 22時22分

tarou57さん、ありがとうございます。

来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: 茶々 | 2016年12月31日 (土) 02時15分

えびすこさん、こんばんは~

東京での展覧会が人気で、関東では若冲ブームになったみたいですね…ニュースでやってました。

良いお年をお迎え下さい。

投稿: 茶々 | 2016年12月31日 (土) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/68947542

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史の新発見&発掘…2016年総まとめ:

« 大河ドラマ「真田丸」~最終回の感想 | トップページ | 真田信繁の討死~そして幸村伝説へ… »