« 源平・屋島の戦い~弓流し | トップページ | 大河ドラマ「おんな城主 直虎」~信長役に海老蔵さん »

2017年2月26日 (日)

将軍義輝が朽木へ~三好VS六角の志賀の戦い

 

天文二十年(1551年)2月26日、7日から始まっていた三好VS六角による志賀の戦いが、ほぼ終結しました。

・・・・・・・・・・・

戦国の幕を開けた男とも言われる室町幕府管領(かんれい)細川政元(まさもと)の死後、後継者の座を巡って3人の養子たちが争ったお話は、これまでも何度か書かせていただいておりますが、
【細川政元の暗殺】>>
【船岡山の戦い】>>
【神尾山城の戦い】>>
【桂川原の戦い】>>

と、その桂川原の戦いに敗れたために、大永七年(1527年)、近江(おうみ=滋賀県)へと退いたのが、第12代将軍=足利義晴(あしかがよしはる)と、彼を擁する細川高国(たかくに)

一方、戦いに勝利した事で、(さかい=大阪府堺市)に拠点を置く堺公方(さかいくぼう)足利義維(よしつな=義晴の弟)を擁立したのが細川晴元(はるもと=澄元の息子)と、彼らとともに阿波(あわ=徳島県)からやって来た三好元長(みよしもとなが)三好勝長&政長(かつなが&まさなが=元長の従兄弟)兄弟ら。

そして、もともと高国と対立していた事によって晴元らに味方し、山崎城(やまざきじょう=天王山城・宝寺城とも)から京の都を支配する柳本賢治(やなぎもとかたはる)

こうして、滋賀の坂本、京都の山崎、大阪の堺、と、機内に3つの政権保持者が乱立するわけですが、もともと、それぞれが別々の思惑で動き、別々の利害関係を持っているわけで・・・

結局、享禄三年(1530年)に柳本賢治が暗殺され、それキッカケで京へと攻め上った細川高国が、翌享禄四年(1531年)に自害に追い込まれると、事実上の一人勝ちとなった晴元は、どうやら、一連の抗争が細川家当主&幕府管領というトップのイスに座りたかったためのものだったようで・・・堺公方の件をウヤムヤにして将軍=義晴と和睦してしまいます。

そして・・・その件で晴元と対立した三好元長は享禄五年(1532年)に無念の死を遂げ、義維も阿波へと逃れました。

Miyosinagayosi500a そこに登場するのが、三好元長の息子で、後に「戦国初の天下人」と言われる事になる三好長慶(みよしながよし・ちょうけい)と、その兄弟たちです。

とは言え、以前、その長慶さんのページ(5月9日参照>>)でもお話させていただいたように、父の元長が亡くなった時は、未だ長慶11歳の頃・・・しかも、上記の通り、この時、中央で政権を握っていたのは晴元なわけで、しばらくの間、長慶は大人しく晴元の配下につき、そこで腕を磨き、手柄をたてる事によって、むしろ細川晴元政権の中でも、1-2を争う重臣となっていくわけです。

そんな中、かの桂川原の戦い以来、晴元ベッタリの細川政長との仲が徐々にややこしくなっていく長慶・・・その原因としては、

以前は、父の元長が管理していた河内(かわち大阪府北部)の荘園を、その死後に政長が管理していたのですが、それを、「そろそろ俺らに反してぇな」と長慶が頼んでも、政長は知らん顔とか・・・とにかく、ことごとく長慶に敵対する政長の討伐を、長慶は何度も晴元に願い出ますが、許す気配が無いどころか、何かと晴元は政長に同調し味方ばかりするのです。

しかも、このようなタイミングで、亡き高国の後継者(養子)細川氏綱(うじつな)が旧臣らをかき集めて、「打倒!晴元」掲げて挙兵・・・かくして長慶は、この氏綱と連携して、晴元政権からの離脱を決意するのです。

これを幕府への謀反と判断する晴元・・・この両者の対立は、機内の諸将たちをも二分させ、「どちらにつくか?」のそれぞれの立場によって、様々な小競り合いを生んでいく事になるのですが、そのあたりも、いずれは、それぞれの日付にてくわしく書かせていただく事として・・・

そんなこんなの天文十八年(1549年)6月、両者が直接対決した江口(大阪市東淀川区江口周辺)の戦いで長慶が見事勝利(先の5月9日の真ん中あたり参照>>)した事から、負けた晴元勢は、長慶の追撃を恐れて、将軍=義晴を伴って近江の坂本へと避難し、京都の行政は事実上長慶が牛耳る事となります。

ところが、その翌年の天文十九年(1550年)5月、将軍=義晴が、その避難場所の坂本にて病死・・・それを受けて、義晴の嫡子である義藤(よしふじ)足利義輝(よしてる)第13代室町幕府将軍に就任します。

当然のことながら、未だ15歳の若き将軍の夢は、今や長慶と氏綱の手にある京都を奪回する事・・・この将軍の夢にまず答えたのは、先の江口の戦いの時にも晴元&政長に加勢し、その後も晴元ベッタリな観音寺城(かんのんじじょう=滋賀県近江八幡市)六角定頼(ろっかくさだより)の息子=六角義賢(よしかた=承禎)でした。

新将軍誕生から、わずか2ヶ月後の7月、義賢は京都に向けて兵を出し、三好勢と東山方面で交戦・・・しかし、この時は勝敗が決しなかった事から、翌天文二十年(1551年)2月7日、今度は長慶自らが軍を率いて戦いの準備を整えると同時に、配下の松永長頼(まつながながより=内藤宗勝・松永久秀の弟)に、近江への侵攻を命じたのです。

これを受けた義賢・・・鯰江城(なまずえじょう=滋賀県東近江市鯰江町)鯰江貞景(なまずえさだかげ)鎌刃城 (かまはじょう=滋賀県米原市) 堀元積(ほりもとつむ)勢多城(せたじょう=滋賀県大津市・瀬田城)山岡景隆(やまおかかげたか)などの配下の諸将300余を以って迎え撃つ事になります。

Siganotatakaiitikankeizu900b
↑志賀の戦い位置関係図…画像をクリックすると、大きいサイズで開きます (このイラストは位置関係をわかりやすくするために趣味の範囲で製作した物で、必ずしも正確さを保証する物ではありません。背景の地図は地理院地図>>をお借りしました)

こうして始まった三好VS六角の志賀の戦い・・・両者の激戦が、何日も繰り返されたため、2月20日には、将軍=義輝が高島郡の朽木谷(くつきだに・滋賀県高島市)へと避難する事態になりますが、天文二十年(1551年)2月26日六角勢に押し負けた松永勢が京都へと撤退を開始・・・追う六角勢

翌27日の朝には、追撃して来た六角勢が鹿ヶ谷(ししがだに=京都市左京区)あたりで追い付き、再び激しい戦闘となる中、松永勢の名のある武将が何名か命を落としたところで、六角勢は坂本へと引き返します

しかし、さらに翌2月28日には、京都に侵入して来た六角勢によって、東山一体が焼き払われますが、一方で、反六角氏を表明している北近江京極(きょうごく)浅井(あざい)によって、犬上郡多(たが)が放火されるなどの小競り合いも、三好軍と連携する形で勃発しています。

結果的に、今回の志賀の戦いについては、おおむね六角氏の勝利となりましたが、もちろん、両者の交戦が、これで終わるわけはなく、まもなく、京都の市街戦に突入する事になるのですが、そのお話は、またいずれかの日付にてご紹介させていただきたいと思います。
・・・将軍義輝の今後の動きにも要注意ですしネ(ノ∀`)・゚・。
 .

内容が「よかった」と思っていただけましたら
右サイドバーsoonにあります【拍手!!】を・・・
ブログ内の人気ページとしてランキングされます(゚ー゚)
あなたの応援で元気100倍!
↓ブログランキングにも参加しています

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


|

« 源平・屋島の戦い~弓流し | トップページ | 大河ドラマ「おんな城主 直虎」~信長役に海老蔵さん »

戦国・群雄割拠の時代」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

平凡な解釈になってしまいますが、柳本、紀伊(など)の畠山家、細川家+三好家に地方領主が複合してのこの機内の争いは、足利家が長く続きすぎてエリート称号に寄生していく形での出世パターンに限定されてきた結果の歪んだ内紛というイメージがあります。

三好長慶はちゃんとした政治家だったと思いますが、父の元長が出世欲から不要な争いに介入した負の遺産が、後々三好家を没落させたという印象が拭えません。
ほかの阿波の三好衆と長慶ら本家が後々分裂するのも、負担の割りに落ち目の足利家に関与するリワードが少ないという意見からだったように思うので、この争いの後遺症は深いですよね

地方勢力が元気な戦国時代といっても、いわゆる「真の独立系、真の土着系」は凄く少ない印象です。

信長は基本的に西洋の文物に多少の興味があって中立的に一つの宗教としてのキリスト教もOKしたようですが、大友宗麟が家臣の反対をよそにキリスト教を導入し神社仏閣を積極的に除いていったのが興味深いです。
個人的には中央に連なる大内家が勃興し大友家を圧迫し、家中は相変わらず古臭いインロジカルな出来事が…というのに、いい加減意識改革を求めたという気がしています
が、こういうのは殆ど例外で、大抵は折角中央からの影響が減ったのに、地方大名のほとんどはキレイゴトを付け加えはするものの、出世メソッドは中央称号への寄生がほとんど、、

戦国時代に領土を拡張した家は多いですが、メンタリティの変革は室町時代からさほどなかったようにも思えます。
そんな時代に「出世・成功」しようと思うと、こんなタイプの御所が3つも出来てしまうことになるんですかね

投稿: ほよよんほよよん | 2017年2月27日 (月) 19時00分

ほよよんほよよんさん、こんにちは~

戦国時代における武力と権威の関係などは、それこそ一生モンの研究ですね。

世界では、武力で以って政権交代する時は丸々変わりますが、日本の場合は、どんなに武力を持っていても、天皇や将軍に権威を求めてしまうわけで、そこらへんの兼ね合い、考え方がイロイロあって難しいです。

投稿: 茶々 | 2017年2月28日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/69680350

この記事へのトラックバック一覧です: 将軍義輝が朽木へ~三好VS六角の志賀の戦い:

« 源平・屋島の戦い~弓流し | トップページ | 大河ドラマ「おんな城主 直虎」~信長役に海老蔵さん »