« 長篠の直後…徳川VS武田~諏訪原城の戦い | トップページ | 佐々成政の越中一向一揆攻め~瑞泉寺・井波の合戦 »

2018年9月 1日 (土)

関ヶ原に向けて~徳川家康が江戸城を出陣

慶長五年(1600年)9月1日、関ヶ原の合戦に向けて、徳川家康が江戸城を出陣しました。

・・・・・・・・・・

ご存じの関ヶ原・・・
(一つ一つの出来事や全体の流れは【関ヶ原の合戦の年表】>>で見ていただけるとありがたいです)

慶長三年(1598年)8月の豊臣秀吉(とよとみひでよし)の死後(8月9日参照>>)、かの朝鮮出兵のなんやかんやで、豊臣政権内にて武闘派(ぶとうは=合戦で武功を挙げる派)文治派(ぶんじは=後方支援と事務的管理する派)の対立が起き始める中(3月4日参照>>)五大老(ごたいろう=豊臣政権下でのトップの5人)筆頭を良い事に、秀吉の遺言を無視しはじめた徳川家康(とくがわいえやす)「何とかせねば!」と考えた元五奉行の一人で文治派の石田三成(いしだみつなり)は、慶長五年(1600年)6月、家康が「謀反の疑いあり」として会津(あいづ=福島県)上杉景勝(うえすぎかげかつ)を征伐すべく、兵を率いて北へ向った留守を狙って行動を起こします。

7月11日には、家康とともに会津に向かっていた親友の大谷吉継(おおたによしつぐ)を引き戻して北陸の諸将の勧誘に当たらせ(7月14日参照>>)、翌・7月15日には家康に対抗できる大物=毛利輝元(もうりてるもと)大坂城(おおさかじょう=大阪市中央区)に入ってもらい、

続く7月16日には、家康と行動を共にしている諸将の妻子を大坂城内で預かり、翌・7月17日には『内府ちがひの条々』家康がこんな違反行為してまっせの報告=弾劾状)を諸大名に発して正式に家康に宣戦布告し、続く7月18日には家康に味方するであろう本多利久(ほんだとしひさ)高取城(たかとりじょう=奈良県高市郡高取町)を攻撃し(7月18日参照>>)、7月19日からは家康配下の鳥居元忠(とりいもとただ)が守る伏見城(ふしみじょう=京都市伏見区)への攻撃を開始しました(8月1日参照>>)

Tokugawaieyasu600 一方、この三成の動きを北に向かっている途中で知った家康は、7月25日、下野(しもつけ=栃木県)小山(おやま)にて評定を開き、「このまま自分について三成らに対抗するか?戻ってアチラにつくか?」を共に来ていた諸将に尋ねるのですが、すでに話を着けていた福島正則(ふくしままさのり)に真っ先に手を挙げさせる事によって、その場の雰囲気を「家康推し」にさせ、本来なら上杉を討つために出発したはずの豊臣の軍を、ほとんどそのまま自身の軍にする事に成功したのです(2012年7月25日参照>>)

この先の流れを知っている後世の者から見れば「なんで豊臣恩顧の武将が家康に…」と思ってしまいますが、この時点では家康の行動も豊臣のため=ここで三成派を一掃する事が、将来の豊臣秀頼(ひでより=秀吉の息子)のためになるという雰囲気を醸し出していたわけです。

さらに、ここで、やはり豊臣恩顧の武将である山内一豊(やまうちかずとよ)が、自身の掛川城(かけがわじょう=静岡県掛川市)を家康のために提供する事を申し出て、以下、東海道沿いに城を持つ諸将が、その意見に同調した事から、家康はここからUターンして西へ向う道すがらに兵糧や弾薬の確保も容易にできるようになったわけです。

こうして会津攻めを中止して戻る事にした家康は、次男の結城秀康(ゆうきひでやす)宇都宮城(うつのみやじょう=栃木県宇都宮市本丸町)に留めて会津へのけん制とし、自身は江戸城(えどじょう=東京都千代田区)へと向かったのです。

8月5日に江戸城に到着した家康は、すぐには出陣せず・・・というか、そこを動く事ができず、そのまま江戸に滞在して、諸大名にせっせと手紙を書き始めます。

なんせ上記の通り、三成からの(実際の署名は豊臣の三奉行)『ちがひの条々』が諸大名に発せられてますから、それを受け取った中で誰がアチラに味方をするのかを見極めねば動けませんし、同時に、自らも書状を発して、より多くの大名を味方につけねばなりませんからね

特に東北には、今回の発端である上杉がいますし、常陸(ひたち=茨城県)佐竹義宣(さたけよしのぶ)等も、かの条々を受け取って西軍(三成派)に与してますから、彼らが徒党を組んで北から侵攻してくれば江戸もヤバイです。

この間、かの小山からUターンして西へ西へと向かっていた東軍(家康派)の先鋒が、8月11日になって岡崎城(おかざきじょう=愛知県岡崎市)に到着します。

なんせ、かの小山評定で盛り上がったおかげで、山内一豊の掛川城や福島正則の清州城(きよすじょう=愛知県清須市)以外にも沼津城(ぬまづじょう=静岡県沼津市)浜松城(はままつじょう=静岡県浜松市)等々、東海道沿いの諸城が家康に提供されてましたから、彼らの移動は早い・・・

しかし、そんな中、清州城に集結しはじめた東軍諸将の中で、未だ江戸城を動こうとしない家康への不信感が生まれ始めます。

そんなこんなの8月19日、家康からの使者として村越直吉(むらこしなおよし)が清州に到着・・・早速、福島正則らは、家康がなぜ出陣しないのか?の質問を投げかけます。

すると直吉、家康からの伝言として
「御出馬あるまじきにてはなく候(そうら)へ共(ども)、各(おのおの)の手出しなく候故(そうろうゆえ)、御出馬無く候。手出しさへあらば急速御出馬にて候はん」と・・・

つまり
「いやいや、俺が出陣してないって言うより、君らの方こそ、まだ何もしてないやん。君らが本気出してくれたら、すぐにでも出陣する気満々なんやぞ」

そう、ここまでは、すでに味方である諸城を通って来ただけで、特別な軍事行動を起こしているわけではない・・・

実際の家康は、上記の通り、杉の動きを見定めるまでは江戸を離れられないし、なんたって先鋒の彼ら=福島正則ら諸将は、もともと豊臣恩顧の武将たちですから、いつ西軍に寝返るかも知れない・・・それ故に家康は出陣する事ができなかったわけですが、そこを「君らが何もせーへんから出陣できへんねん」と話をすり替えて、彼らに、先に軍事行動を起こすように促したわけですが、

これを聞いた福島正則は、「ほな、やったろやないかい!」と奮い立ったのだとか・・・

その4日後の8月23日に、彼らが西軍の拠点の一つである岐阜城(ぎふじょう=岐阜県岐阜市)を落とす(8月22日参照>>)と、そのニュースを8月27日に聞いた家康には、もはや出陣を引き延ばす理由もなくなったわけで、

おそらくは、もうチョイ引き延ばそうと思っていたとおぼしき家康は、去る8月23日に「出陣は9月3日に…」と延期したばかりでしたが、その予定を前倒しして9月1日に出陣する事に決定・・・やっとこさ重い腰をあげるのです。

この決定をそばで聞いた家臣の石川家成(いしかわいえなり)が、
「9月1日は西ふさがりの悪日ですが…」
と、その運気の悪さを指摘すると、家康は、
「そのふさがった西を、この手で開けに行くのだ」
と言ったとか・・・

もちろん、上杉への脅威はまだ残っていますので、本丸は異父弟の松平康元(まつだいら やすもと)に、西の丸は五男の武田信吉(たけだのぶよし=松平信吉)にと、信頼のおける身内に任せて留守の間の江戸城の守りを固めました。

Sekigaharaieyasuroot
関ヶ原の進路図
クリックで大きく(背景は地理院地図>>)

かくして慶長五年(1600年)9月1日3万2千余の軍勢を率いて江戸城を出発した家康は、その日のうちに神奈川(かながわ)に到着し、翌日には藤沢(ふじさわ)、さらに翌日には小田原(おだわら)・・・と、東海道を着々と進み、11日には清須城に到着・・・ここで、「ちょっと体調悪いねん」と2日間の休憩を取りますが、実は、中山道を通ってやって来る息子の徳川秀忠(ひでただ=家康の三男)の到着を待っていたのだとか・・・

しかし、ご存じのように、真田(さなだ)父子上田城(うえだじょう=長野県上田市)攻め(2010年9月7日参照>>)に手こずっていた秀忠の軍は、いっこうに到着の気配もなく・・・

これ以上の引き延ばしは不可能と踏んだ家康は、やむなく移動して9月13日には岐阜城に着陣します。

ここ岐阜城は、すでに三成が入城している大垣城(おおがきじょう=岐阜県大垣市郭町)(8月10日参照>>)とは目と鼻の先・・・翌日には前哨戦の杭瀬川(くいせがわ)(9月14日参照>>)、そしてその翌日は・・・いよいよ天下分け目の関ヶ原です。

【ともに命を賭けた戦場の約束】>>
【討死上等!関ヶ原に散った猛将・島左近】>>
【島津の敵中突破!影武者・長寿院盛淳】>>
【関ヶ原の合戦の年表】>>)
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 


|

« 長篠の直後…徳川VS武田~諏訪原城の戦い | トップページ | 佐々成政の越中一向一揆攻め~瑞泉寺・井波の合戦 »

家康・江戸開幕への時代」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47570/73855352

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原に向けて~徳川家康が江戸城を出陣:

« 長篠の直後…徳川VS武田~諏訪原城の戦い | トップページ | 佐々成政の越中一向一揆攻め~瑞泉寺・井波の合戦 »