« 長徳の変~中関白家没落のキッカケ花山院闘乱事件 | トップページ | 徳川幕府の初期を支えた学者~林羅山の最期 »

2020年1月20日 (月)

色鮮やかな「麒麟がくる」始まりました!

いやはや、始まりましたね~大河ドラマ「麒麟がくる」

とにかく色鮮やか!

空は青く、田んぼは緑・・・あぜ道の雑草でさえ見事な色。。。

農民は色とりどりの着物を着て、野盗軍団までオシャレ満載!

あっちもこっちも明るい明るい!

なんせ、以前の「平清盛」みたいにリアルに迫ると、どこぞのエライさんから、「暗い」だの「汚い」だの「埃っぽい」だの言われるご時世ですから、茶々的には、これくらい明るいのもアリだと思います。
(注:個人的には「平清盛は良かった」と思ってる派です

若い頃の明智光秀(あきちみつひで)の事は、未だほとんどわかってないですから、ここらあたりはほぼほぼ架空の話ですが、思ってたほど荒唐無稽ではなく、良い意味で予想を逸脱する事もない物語に仕上がってましたね。

まぁ、物語と言っても、第1回は光秀の京都&堺への旅を通じて、「今回の(麒麟がくるでの)戦国時代はこんな感じですよ~」ってな、世界観というか背景というかの紹介みないな感じでしたから、第1回を見ただけでは、感想を言えるような物ではありませんが、それはそれで、歴史に興味のない方が視聴してもわかりやすい造りだと思います。

(史実はともかく)盛大なる爆死をしてほしい松永久秀(まつながひさひで)のキャラもステキでしたし、話題の濃姫(のうひめ)もチョロッと出て来ただけですが、力入ってんのがわかる緊張感が初々しくて良かったです。

ドラマオリジナルの架空の人物である望月東庵(もちづきとうあん)は、やはり曲直瀬道三(まなせどうさん=正盛)(1月4日参照>>)がモデルなんだろうなぁ~と思うくらいキャラ設定が一致してますが、おそらくは、この先のドラマの中で、かなり光秀に接触して影響を与える人物になる予定なんでしょうねぇ~←なので実在の人物である曲直瀬道三にしてしまうと、創作が入りすぎの曲直瀬道三やりたい放題になってしまうので、そこは架空の人物で…って事なのでしょうが、ここんトコの大河は、実在の人物である主人公がやりたい放題過ぎる気がしていたので、そこは、それで良いのだと思います。

とにもかくにも、脚本家さんが、あの「太平記」の方だと聞いて、密かに期待していた茶々としては、非常に満足した第1回でありました。

予告を見る限りでは、来週からは信長父ちゃんの織田信秀(おだのぶひで)斎藤道三(さいとうどうさん)の戦い、さらに今川義元(いまがわよしもと)や家康父ちゃんの松平広忠(まつだいらひろただ)やらとの戦いが描かれるのかな?

★織田信秀関連ページ
●【井ノ口の戦い】>>
●【加納口の戦い】>>
●【第2次小豆坂の戦い】>>

とにかく、戦国時代好きの私としては、楽しみな1年になりそうです。
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


« 長徳の変~中関白家没落のキッカケ花山院闘乱事件 | トップページ | 徳川幕府の初期を支えた学者~林羅山の最期 »

戦国・群雄割拠の時代」カテゴリの記事

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの記事

コメント

初コメント失礼します。
私も麒麟がくる、色鮮やかなのもストーリーもいいなと思いました。色鮮やかさが話題になっているようですが、初めての大河が新選組の自分には大して気になりませんでした(笑)
まず子供時代の子役が話題になって・・・という流れはないようですが、人生の前半が謎めいた光秀なので、無理やり子役を使った創作がなくて良かったのかもしれません。

いつもこちらのブログを拝見させて頂いてるおかげで登場人物やストーリーがすんなり入ってきて、衣装や演技に集中できました。ありがとうございます。

今後の放送がかなり期待できる初回の内容だっただけに、濃姫の交代劇は自分には残念でした・・・。濃姫は戦国無双(ゲームですが)のイメージが強いので、美しい&エロい&ミステリアスの三拍子が揃った沢尻エリカはイメージどおりの配役だったんですよね・・・。でも新しい濃姫の方が信長(染谷将太)と似合いそうなので、本当に楽しみですね。

投稿: kantaro | 2020年1月20日 (月) 07時03分

kantaroさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通りですね。
子供時代の話は無くて良かったと思いますし、信長が染谷さんなら(失礼ながら)沢尻さんより川口さんの方がお似合いな気がします。

これからが楽しみですね。

投稿: 茶々 | 2020年1月20日 (月) 11時55分

茶々さん、こんばんは。
始まりましたねぇ、麒麟がく〜るぅ〜。
彩度上げ過ぎで、光秀が持っている刀がタケミツ感丸出しだったので、せめて金属製を持たせて欲しかったですが、初回から比叡山の横行が前フリ(?)のようでもあり、世が下克上、戦国時代と言う紹介も分かり易く、今後も楽しみになりました。
光秀は麒麟がくる世の中にしたかっただけなんじゃなかったのか…そんな印象を持たされた第一話でした。
因みに、話題の(?)濃姫は、テレ朝系特番の「濃姫」の観月ありささんを思い出しました。

投稿: とーぱぱ | 2020年1月22日 (水) 02時02分

とーぱぱさん、こんばんは~

濃姫…確かにww
戦う気満々でしたね~

乱取りの様子なんかも「今回は、こんな世界やからね~」みたいで分かりやすかったです。

投稿: 茶々 | 2020年1月22日 (水) 04時25分

聞いた話だと今作は5人の人物にイメージカラーを設定しているとか。
今後もこの方針を続けるのかな?

投稿: えびすこ | 2020年1月22日 (水) 10時36分

えびすこさん、こんにちは~

へぇ、そうなんですか?
ゴレンジャーみたいですね。

私はチョイチョイ変る緑と黒のキャラが好きでした。
あと、途中採用の金と銀も…

投稿: 茶々 | 2020年1月22日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長徳の変~中関白家没落のキッカケ花山院闘乱事件 | トップページ | 徳川幕府の初期を支えた学者~林羅山の最期 »