« 大河ドラマ『麒麟がくる』第30回「朝倉義景を討て」の感想 | トップページ | 大河ドラマ『麒麟がくる』第31回「逃げよ信長」の感想 »

2020年11月 4日 (水)

真里谷武田氏の滅亡~里見義堯の椎津城の戦い

 

天文二十一年(1552年)11月4日、里見義堯に上総椎津城を攻められた真里谷(武田)信政が自刃しました。

・・・・・・・・

安房(あわ=千葉県南部)に根を張る安房里見(あわさとみ)の5代目当主だった里見義堯(さとみよしたか)は、関東の覇権を巡って北条(ほうじょう)と争いつつ、房総半島一帯への勢力拡大にまい進していました。

そんな中、実家の古河公方(こがくぼう=関東を治める足利家)に離反して小弓城(おゆみじょう=千葉県千葉市中央区)を占拠し、小弓公方(おゆみくぼう)を自称していた足利義明(あしかがよしあき)を担いで北条と戦った天文七年(1538年)の第1次国府台(こうのだい=千葉県市川市)の戦い(10月7日参照>>)で敗れて、担いでいた義明を失うものの、逆に、上総(かずさ=千葉県中部)下総(しもうさ=千葉県北部)へ進出し、公方を担がぬまま=つまりは、里見自身によって房総半島を支配する形となり、里見義堯が当主の頃は久留里城(くるりじょう=千葉県君津市)を本拠に歴代里見氏最大の勢力を誇るようになっていたのです。

一方、その里見の勢いに脅威を感じた北条氏康(ほうじょううじやす=北条早雲の孫で2代目当主)は、娘婿の北条綱成(つなしげ・つななり)に命じて有吉城(ありよしじょう=千葉市緑区おゆみ野)を構築し、その防備を固めるのです。

これを受けた里見義堯は、房総における北条勢力を一掃せんと、すぐさま有吉城へ攻撃を仕掛けますが、北条綱成の見事な防戦により、城を落とす事はできませんでした。

そのため、里見義堯は、天文二十一年(1552年)の4月頃から、北条への最前線である佐貫城(さぬきじょう=千葉県富津市)に徐々に兵を移動させつつ、挽回の機会をうかがいます。

これに対し北条氏康は、万喜城(まんぎじょう=千葉県いすみ市)土岐頼定(ときよりさだ)椎津城(しいづじょう=千葉県市原市)真里谷信政(まりやつのぶまさ=武田信政)に連絡を取って、
「ともに里見をせん滅しよう」
と呼びかけます。

しかし、土岐頼定は北条の呼びかけに応じず、逆に、これを里見に通報・・・知らせを受けた里見義堯は急遽兵をかき集め、天文二十一年(1552年)11月4日、息子の里見義弘(よしひろ)とともに、1万8千余の軍勢で以って、椎津城に向けて出陣したのです。

Siituzyousatomi
●↑椎津城の戦い・位置関係図
クリックで大きく(背景は地理院地図>>)

まず佐貫城に入った里見義堯は、ここで自軍を5陣に分けます。

先陣は土岐頼定隊、
第2陣は正木時茂(まさきときしげ)隊、
第3陣は里見義盛(よしもり)隊、
第4陣は里見義弘隊、
第5陣は安西勝高(あんざいかつたか)隊、
里見義堯自身は、息子=義弘が大将を務める第4陣に加わりました。

これを受けた椎津城では、早速、小田原城(おだわらじょう=神奈川県小田原市北条に援軍の依頼を発するとともに城の防備を固めつつ、配下の精鋭を小糸川(こいとがわ)北岸に詰めさせて渡河して来る里見方をせん滅すべく待ち受けさせる一方で、味方をかき集めて約千騎余となった城兵を、城から5町(約500m)ほど出たところに、山を盾にするよう配置して敵を迎えます。

間もなく、両軍は激しく戦いとなり、椎津城勢も踏ん張りますが、所詮は多勢に無勢・・・やがて、椎津城側の主だった者たちが次々と討死していく中、最前線から離脱し、なんとか城内に戻って来た真里谷信政は、
「もはや、これまで…」
城中にて自刃したのでした。

その3日後には叔父の真里谷信応(のぶまさ)も自害し、ここに真里谷武田家は事実上滅亡します。

真里谷武田家は、あの八幡太郎(はちまんたろう)源義家(みなもとのよしいえ)の弟=新羅三郎(しんらさぶろう)源義光(よしみつ)を祖とする源氏の流れを汲む武田氏の家系で、その11代目=武田信重(たけだのぶしげ=信重から6代目が信玄です)の弟=武田信長(のぶなが)が、例の甲斐(かい=山梨県)無守護状態(7月22日参照>>)から逃れて房総半島に移転したのが始まりとされます。

古河公方の家督争いに敗れた足利義明が小弓公方を名乗っていた頃は、真里谷氏も「房総管領(かんれい=将軍・公方の補佐役)」を名乗って隆盛を誇ったようですが、家内の勢力争いに加え、関東の戦国の波に呑まれて、名門と言えど消えていく事になったのです。

一方で、ご存知のように、里見と北条の戦いは、まだまだ続く事になります。

★関連ページ
 ●逃避行で初恋を実らせた里見義弘と青岳尼
 ●里見VS北条~第二次国府台の合戦
 ●里見VS北条~三船山の戦い…太田氏資の死
 ●里見氏の全盛を築いた南関東の雄・里見義弘
 .

いつも応援ありがとうございますo(_ _)oペコッ!

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



 

 


« 大河ドラマ『麒麟がくる』第30回「朝倉義景を討て」の感想 | トップページ | 大河ドラマ『麒麟がくる』第31回「逃げよ信長」の感想 »

戦国・群雄割拠の時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大河ドラマ『麒麟がくる』第30回「朝倉義景を討て」の感想 | トップページ | 大河ドラマ『麒麟がくる』第31回「逃げよ信長」の感想 »